与野党「5対9」で決着

与野党「5対9」で決着
メモ
野党は
週刊誌ネタのような質問をしないようにと
思うだけ・・・・

二重国籍問題
武装難民問題
等あるのだから・・・・・



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000052-jij-pol

与野党「5対9」で決着=衆院予算委の質問配分

11/22(水) 12:21配信

時事通信

 衆院予算委員会は22日の理事懇談会で、27、28両日に安倍晋三首相と全閣僚の出席を求め、7時間ずつ審議を行うことで正式合意した。

 焦点の質問時間配分は与党5時間、野党9時間とすることで折り合った。この配分を「先例としない」ことも申し合わせた。

 与野党の配分をめぐり、与党は「5対5」、野党は「2対8」を主張していた。ただ、15日の衆院文部科学委は与野党「1対2」で折り合っており、予算委では野党が譲歩を強いられた格好だ。

 理事懇後、与党筆頭理事の菅原一秀氏(自民)は記者団に「今までの2対8から一歩前進した」と評価。野党筆頭理事の逢坂誠二氏(立憲民主)は「質疑をしないといけない、質疑時間を確保したい、という思いが交錯する中である種、仕方のない結論だ」と述べた。 

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

冬が急接近 北日本は大雪・吹雪に警戒

雪が降っているかもしれない。

縦走を計画していた人は大変だろうと思ったり。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00001779-weather-soci
冬が急接近 北日本は大雪・吹雪に警戒

11/19(日) 7:17配信

ウェザーニュース
冬が急接近 北日本は大雪・吹雪に警戒

19日(日)の天気予報

 昨夜から東北南部や北陸、長野で次々と初雪が観測され、今朝も、日本海側で雪や雨が降っています。今日は、北海道や東北を中心に大雪、吹雪に警戒が必要です。

◆日本海側は冬の嵐
 急発達する低気圧が通過した後、日本列島は西高東低の冬型の気圧配置となっています。
 寒気のピーク時(今夜)には、平地で雪を降らせる強さの上空1500m付近マイナス6℃以下の寒気が、中国地方から北陸、関東北部付近まで流れ込み、大雪の目安となる上空5000m付近マイナス36℃以下の寒気が、北海道と東北北部を覆います。

 このため、日本海側は雪や雨が降り、北海道や東北では、内陸を中心に積雪も多く、大雪の恐れがあります。

 風も強く吹雪による視界不良の恐れもあります。路面状態の悪化や交通機関への影響にご注意ください。

 東日本や西日本も、山沿いを中心に雪が降り、平地でも雨に雪が混じる可能性があります。上空の寒気が強いので、雷やアラレ、突風にもご注意ください。

◆太平洋側も冬が急接近
 一方、太平洋側は、冷たく乾いた北風が吹き、晴れる所が多くなります。ただ、東海や近畿エリアは、日本海からの雨雲の影響を受けやすく、にわか雨の可能性があります。
 日差しが届いても、風が冷たく、気温が上がりません。最高気温でも10℃前後で、12月中旬から1月上旬並みの寒さという所が多くなります。前日との差が大きいので、体調の管理にご注意ください。

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2032 諸悪の根源マンセー日弁連⑤

2032 諸悪の根源マンセー日弁連⑤
メモ


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/11/17/2032-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a3%e2%91%a4/
2032 諸悪の根源マンセー日弁連⑤

CatmouseTail
アディーレ狂想曲www 別名、日弁連崩壊序曲かもw
相変わらずのアディーレ法律事務所の業務停止に対する対応の不手際と混乱 依頼者のことを考えるなら土日に相談会を行うべき
ttps://kamakurasite.com/2017/10/26/%e7%9b%b8%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%89%e3%81%9a%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ac%e6%b3%95%e5%be%8b%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e3%81%ae%e6%a5%ad%e5%8b%99%e5%81%9c%e6%ad%a2%e3%81%ab/

東京弁護士会は25日付で「弁護士法人アディーレ法律事務所に関する全国の弁護士会の相談窓口について」以下の告知をしている。
弁護士法人アディーレ法律事務所に関し、東京弁護士会では臨時電話相談窓口を設けて、依頼者の方からのご相談に応じておりますが、電話が混み合い繋がりづらい状態が続いております。
電話が繋がらない場合には、時間をおいておかけ直しいただきますよう、お願いいたします。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

臨時電話相談窓口
電話番号:03-6257-1007
(受付時間は午前9時から午後5時まで、土日祝日を除く)
東京都外の依頼者の方へ
全国の弁護士会の法律相談センターについて(10月23日更新)
全国の弁護士会の法律相談センターでも、本件に関するご相談を承っております。
下記の日本弁護士連合会ウェブサイトに、全国の法律相談センターの連絡先が記載されておりますので、ご利用ください。
全国の弁護士会の法律相談センター(日本弁護士連合会ウェブサイト)
全国の弁護士会の臨時相談窓口について
全国の弁護士会でも、本件につきまして臨時相談窓口を開設しているところがございます。
情報は随時更新いたしますので、ご確認ください。

弁護士法人アディーレ法律事務所に関する臨時相談窓口のある弁護士会の一覧(10月25日更新)
弁護士会名 トップページリンク 臨時相談窓口に関する記事リンク

東京弁護士会 東京弁護士会:トップページ 東京弁護士会:記事
仙台弁護士会 仙台弁護士会:トップページ 仙台弁護士会:記事
福島県弁護士会 福島県弁護士会:トップページ 福島県弁護士会:記事
神奈川県弁護士会 神奈川県弁護士会:トップページ 神奈川県弁護士会:記事
千葉県弁護士会 千葉県弁護士会:トップページ 千葉県弁護士会:記事
新潟県弁護士会 新潟県弁護士会:トップページ 新潟県弁護士会:記事
愛知県弁護士会 愛知県弁護士会:トップページ 愛知県弁護士会:記事
富山県弁護士会 富山県弁護士会:トップページ 富山県弁護士会:記事
大阪弁護士会 大阪弁護士会:トップページ 大阪弁護士会:記事
岡山弁護士会 岡山弁護士会:トップページ 岡山弁護士会:記事
福岡県弁護士会 福岡県弁護士会:トップページ 福岡県弁護士会:記事
佐賀県弁護士会 佐賀県弁護士会:トップページ 佐賀県弁護士会:記事
熊本県弁護士会 熊本県弁護士会:トップページ 熊本県弁護士会:記事
鹿児島県弁護士会 鹿児島県弁護士会:トップページ 鹿児島県弁護士会:記事
宮崎県弁護士会 宮崎県弁護士会:トップページ 宮崎県弁護士会:記事
沖縄弁護士会 沖縄弁護士会:トップページ 沖縄弁護士会:記事
岩手弁護士会
弁護士法人アディーレ法律事務所ご依頼者への相談対応体制(岩手県周辺の皆様)
下記の電話番号にお電話の上、面談相談をご予約ください。
・岩手弁護士会盛岡法律相談センター
相談予約受付:019-623-5005(平日午前9時午後5時まで)
相談日程:月~土・午前10時~午後3時(ただし、水曜日は午前10時~午前11時30分と午後4時~午後7時)
相談時間30分、原則として相談料5,000円の有料相談です。ただし、東日本大震災(平成23年3月11日)当時、岩手県・宮城県・福島県にお住まいの方は、震災特例法の対象になり、相談料が無料となります。その他、法テラスの扶助相談やひまわりほっとダイヤルの中小企業相談などの制度により、相談料が無料となる場合もございます。
*岩手弁護士会内の相談室での面談相談となります。
*専用の電話相談は、開設しておりません。
*岩手弁護士会では、本件について弁護士の紹介はしておりません。相談時の弁護士が受任するかどうかは、弁護士の判断によりますので、予めご了承ください。

青森県弁護士会
当会では、アディーレ法律事務所に依頼されていた方のための電話相談を下記の日程で開催いたします。
なお、平日の午前9時から午後5時の間は、当会弁護士会事務局においても、当会の相談窓口のご案内等の対応を行っておりますので、お急ぎの方はご相談ください。
日程:平成29年10月26日(木)、27日(金)、30日(月)、31日(火)
時間:午後4時から午後8時まで
電話番号:017-763-4670(通話料は相談者負担)
相談担当者:当会所属の弁護士
電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しくださいますようお願いいたします。

京都弁護士会
弁護士法人アディーレ法律事務所ご依頼者への電話対応体制(京都周辺の皆様)
下記の電話にお電話下さい。弁護士会からご連絡をいたします。
075-231-2378
平日午前9時から正午、午後1時から午後5時まで。土日・祝日はご利用になれません。
また、ご連絡いただいた連絡先に弁護士会からご連絡するシステムですので、
午後5時間近あるいは状況によっては当日の応答ができない場合があります。予めご了承ください。
引用以上
要するに今のところ、アディーレの依頼者からの相談に応じきれていないが、納得しろよ、自分たちの営業時間しか受け付けはしないが、繋がらなかったたらまた電話しろ。全国の単位会がアディーレ潰しに協力するから、東京以外の人はそっちに電話したほうが良いぞ、という事である。
まぁアディーレの依頼者が多数存在することを知っていながら、あえて業務停止処分を下したのだから、事後の対策を万全にしておく必要が東京弁護士会にはあったはずなのであるが、結局は全く対応不能であり、アディーレの依頼者にしわ寄せが行っているという事である。
しかし頑なに自分たちの営業時間内しか対応しないという東京弁護士会の姿勢には呆れるしかない。
弁護士に委任をする人の多くは自分の仕事があり、平日の昼間は多忙なはずである。
原因はアディーレ法律事務所にあるにせよ、業務停止処分を下したのは東京弁護士会なのであるから、アディーレの依頼者の事を考えるのであれば、土日に相談会でも開催するべきであろう。
相談にあたるのは弁護士会の幹部自ら行うべきであろう、それが自らが下した懲戒処分への責任というものではないだろうか。
東京弁護士会はアディーレへの依頼者の不安・心配を解消する動きをしっかりと示すべきであり、弁護士会幹部のお友達への依頼者の振り替えを優先してる場合ではない事を自覚するべきであろう。

.....弁護士に念仏と言うからなあ...。



24応援(@24oueninfo1)
パラダイス文書で上がっていた政治家・元政治家メンバーを洗っていたら、うち1名が、2007/11/7の民団の外国人参政権決起大会に参加した関係者でもあったため、そちらも併せて調べてみました。
パラダイス文書に名前が上がった議員は鳩山を除くと内藤正光・山田太郎の2名です。内藤氏は情報労連の後継が決まったため引退しています。
内藤正光(理事長/民主党元参院議員),(一社)日中産業友好協会,東京都,台東区駒形2-1-2アビテ駒形8F 法人番号8010505001914
山田太郎(前参院議員/表現の自由を守る会),山田太郎事務所,東京都,品川区上大崎2-15-19MG目黒駅前7階 TEL03-4540-1700 FAX03-4540-1000 ttp://taroyamada.jp/http://taroyamada.jp/

国会開催期間中に、在日本大韓民国民団が主催する「永住外国人地方参政権の早期立法化を!」と訴える全国決起大会に参加した一人が内藤氏です。各党から代表が出席してスピーチをしています。
自民党からは、日韓親善協会中央会の現会長である河村建夫衆院議員、社民党からは日森文尋元議員。公明党は、現副代表の北側一雄衆院議員、共産党は、現副委員長で全国革新懇代表世話人でもある市田忠義参院議員が参加。田中康夫新党日本元代表も出席していました。
また、賛同団体を代表して日韓親善協会中央会の越智通雄元議員が出席していました。
さらに、賛同メッセージを寄せたのが自民党に復党した野中広務氏と冬柴鉄三公明党衆議院議員(物故者)でした。
ちなみに公明党副代表北側氏は弁護士でもあり公明系の事務所にも所属しています。この事務所には國重徹衆院議員も所属しています。

,弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399 http://www.osakafuyo.jp/http://www.osakafuyo.jp/
,弁護士法人大阪芙蓉法律事務所奈良事務所,奈良県,奈良市高天町48-5恵和ビル4階 TEL0742-24-7751 FAX0742-24-7752
北側一雄(弁護士/17621/衆院議員),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
國重徹(弁護士/31492/衆院議員),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
今井浩三(弁護士/13136),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
稲毛一郎(弁護士/16145),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
松村廣治(弁護士/20808),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
幸田勝利(弁護士/22508),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
平井龍八(弁護士/26269),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
清王達之(弁護士/26971),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
関川信也(弁護士/28579),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
堀伸一(弁護士/41604),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
大黒光大(弁護士/53229),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所,大阪府,大阪市北区西天満4-6-18アクセスビル5階 TEL06-6315-8241 FAX06-6315-6399
井上直治(弁護士/30559),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所奈良事務所,奈良県,奈良市高天町48-5恵和ビル4階 TEL0742-24-7751 FAX0742-24-7752
本田康朗(弁護士/54715),弁護士法人大阪芙蓉法律事務所奈良事務所,奈良県,奈良市高天町48-5恵和ビル4階 TEL0742-24-7751 FAX0742-24-7752

.....弁護士法人大阪芙蓉法律事務所所属ということは大阪弁護士会所属、ということは日弁連所属、ということは朝鮮人学校補助金支給要求声明をダブルで出している弁護士会であり、かつ日弁連の会長を出している弁護士会だな。
ということは今回、全員が憲法第89条違反として懲戒請求されているわけだ。今までは与党ということでお目こぼしがあったが、そろそろ旗幟鮮明にした方がいいだろう。
有事の敵味方の判断は難しい。立ち位置をはっきりとしておくことは重要だぜ。敵ならまず逃げなきゃならんからな。

追記:
参照:ttp://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=1&newsid=8988
ttp://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=20478
ttp://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=23301
日韓親善協中央会が総会(2017.5.31)

内藤氏が作ったコンサルタント会社
,株式会社AiO,東京都,台東区駒形2-1-2アビテ駒形8F TEL/FAX03-3844-7828 法人番号4010501026200
,株式会社AiO関西支店,兵庫県,神戸市中央区磯辺通4-2-8田嶋ビル5F TEL078-222-1765 FAX078-222-1759
,株式会社AiO中国義烏支店,中国,浙江省義烏市東洲花園流雲苑8棟2単元402室
内藤正光(民主党元参院議員/代表取締役会長CEO),株式会社AiO,東京都,台東区駒形2-1-2アビテ駒形8F TEL/FAX03-3844-7828
松村勉(代表取締役社長/COO),株式会社AiO,東京都,台東区駒形2-1-2アビテ駒形8F TEL/FAX03-3844-7828
胡志鵬(義烏支店長),株式会社AiO,東京都,台東区駒形2-1-2アビテ駒形8F TEL/FAX03-3844-7828




余命様、スタッフの皆様、同志の皆様、感謝申し上げます。
遂に来週から、北朝鮮をテロ支援国家に再指定への動きが「大統領は来週初めに決断し、発表すると思う」との報道がなされました。中国国家主席の特使の帰国に合わせてかな~?テロ支援国家になれば、急速に事態が進展し、告発を受理しない検察もテロ支援犯罪者へ、無限のスパイラル発動の展開にw
売国奴に鉄槌が降りる!これまでの悪行の清算を取ってもらいましょう。撃ち漏らしの無きよう公安さん、自衛隊さん活躍を期待しております。
国防に係る皆様方のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。皆様ご自愛なさって下さいませ。

北朝鮮をテロ支援国家に再指定か、トランプ大統領が来週決断へ
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3151043?cx_position=10
【11月17日 AFP】米ホワイトハウス(White House)は16日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が来週、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうか決断するとの見通しを明らかにした。サラ・ハッカビー・サンダース(SarahHuckabee Sanders)米大統領報道官が「大統領は来週初めに決断し、発表すると思う」と述べた。
北朝鮮をめぐっては今月、ホワイトハウス高官が匿名を条件に、テロ支援国家のブラックリスト入りの「条件に明らかに該当する」と述べ、トランプ大統領の決断が北朝鮮にとっては凶報となることを示唆していた。
米国による北朝鮮のテロ支援国家指定は2008年、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領(当時)が非核化促進の一環として解除していた。
今回の再指定は象徴的な意味合いが大きく、援助や輸出に対して既に行われている制裁・規制の強化が主な対応となる。ただ、この動きは、北朝鮮の核弾頭ミサイル開発をめぐる手詰まり状態の外交的解決を目指す努力を妨げる恐れがある。(c)AFP

.....再指定までがシナリオである。それにより、告訴告発が加速する。南北朝鮮の関係なく、日弁連幹部はテロ支援組織として国際社会にデビューすることになる。
楽しみだね。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

午後の散歩(笑)

雑魚釣りをしようと・・・・(爆)
ミンチにして撒き餌を作らないと
何も釣れません。


しかし、人が多くて・・・・
見たような顔もいたり(大笑)



P1050239bk.jpg


P1050251bk.jpg

三脚が必要・・・・


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 雑記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

米原子力空母“7隻”が数年ぶりに同時に海へ

米原子力空母“7隻”が数年ぶりに同時に海へ
空母カールビンソン、ジョン・C・ステニスは東太平洋、エイブラハム・リンカーンと新型のジェラルド・R・フォードは大西洋に展開

メモ



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00010004-binsider-int
米原子力空母“7隻”が数年ぶりに同時に海へ:各艦の最新状況

11/17(金) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN
米原子力空母“7隻”が数年ぶりに同時に海へ:各艦の最新状況

2010年のリムパック(環太平洋合同演習)に参加した空母ロナルド・レーガンと各国の艦艇。

現在、11隻のアメリカ海軍の原子力空母のうちの7隻が海に出ている。この数年間なかったことだ。USNIニュースが伝えた。




【写真付き全文はこちら】米原子力空母“7隻”が数年ぶりに同時に海へ:各艦の最新状況

空母ロナルド・レーガン、ニミッツ、セオドア・ルーズベルトは、作戦の一環として西太平洋に展開中。数十機におよぶ空母航空団および数隻の護衛艦からなる空母打撃群を率いている。

空母カールビンソン、ジョン・C・ステニスは東太平洋、エイブラハム・リンカーンと新型のジェラルド・R・フォードは大西洋に展開。これらの4隻は訓練、もしくは作戦展開前の最終チェックを行っている。

7隻の空母の活動は、西太平洋で作戦中の3隻も含めて、すべてトランプ大統領の12日間のアジア歴訪に合わせて計画された。

7隻の空母の最新状況を見ていこう。

※写真付き詳細は記事上部のリンクよりご覧になれます。

ロナルド・レーガン:海上自衛隊の護衛艦、インドの艦艇との日本海での3日間の訓練を終えたばかり。

ニミッツ:10月、スリランカを訪問。アメリカの空母が同国に寄港したのは30年ぶり。

セオドア・ルーズベルト:10月31日、グアムの海軍基地に寄港。同艦がグアムを訪れたのは初めて。

3カ月前、北朝鮮の金正恩委員長は、グアム沖に向けてミサイルを発射すると述べた。より最近では、中国はH-6K爆撃機で、グアムを目標とした爆撃飛行の演習を行ったと伝えられた。

カールビンソン:南カリフォルニア沖での訓練の後、現在はF-35C ライトニングIIの飛行テストに参加。

ジョン・C・ステニアス:修理のためにワシントン州にあるキトサップ海軍基地に留まっていたが、先週、西太平洋に向けて出港。

エイブラハム・リンカーン:4年におよぶ近代化改修を5月に終え、最終チェックを実施中。

ジェラルド・R・フォード:ジェラルド・R・フォード級空母の1番艦、アメリカ海軍における最大、最新鋭の艦。7月に就役、艦隊に加わるための訓練を実施中。

[原文:7 US aircraft carriers are at sea for the first time in years ー here's what they're doing]
(翻訳/編集:増田隆幸)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

小選挙区制に八つ当たりして失敗の責任を転嫁する内田樹と中野晃一

小選挙区制に八つ当たりして失敗の責任を転嫁する内田樹と中野晃一

小選挙区制を本気で批判
するのなら、
なぜ25年前の「政治改革」のそもそもの出発点に遡って検討を加え、
その発起人であり扇動者である山口二郎を糾弾しようとしない
のだろう。
不思議なことに、
中野晃一にせよ、内田樹にせよ、
小選挙区制を批判しながら山口二郎には指一本触れようとしない。

メモ

http://critic20.exblog.jp/28273977/#28273977_1
小選挙区制に八つ当たりして失敗の責任を転嫁する内田樹と中野晃一
14日の毎日の記事で内田樹が総選挙を総括する意見を上げている。「まず感じたのは小選挙区制という制度の不備である」と書き、小選挙区制に対する不満をぶちまけている。この主張は、投票結果が出た直後に中野晃一が言っていた。どうやら、安倍晋三が圧勝した結果に苛立っている文化人たちの間で、小選挙区制に対する批判が共通の問題意識になっているようだ。昨年、トランプが勝利した米大統領選の報道を受けて、文化人たちの間で、没落した中間層に夢を抱かせないよう上から説教を垂れようとした思想運動が起こったことを思い出す。ユニクロを着て鍋をつついて我慢せえと清貧の心構えを垂れていた。年末から正月にかけて、上野千鶴子、小熊英二、長谷部恭男、杉田敦などが、この線に沿って同じ言説をマスコミで披露した。アカデミーの世界は狭い。どこかで身内で顔を合わせて世間話をしているうちに、こういう安易で傲慢な認識と結論になったのだろう。トランプ的なポピュリズムとファシズムを阻止するためには、大衆に幻想を抱かせてはならず、中産層に復活の夢を諦めさせなくてはいけない、われわれ岩波文化人が愚かな大衆を教導して自覚を促そうと、そういう「使命感」で一致したのに違いない。今回は、安倍圧勝の総選挙を受けて小選挙区制の見直しが主題になり、年末から年始の大手紙のメインの論調になるのだろうか。



内田樹や中野晃一の言い分に対しては、何を今頃言っているんだという苛立ちと脱力の気分しか覚えない。この文化人たちは、2年前から「野党共闘」を推進して支持を訴えてきた面々だ。そもそも「野党共闘」なる政治戦略は、小選挙区制のスキームを前提にしたもので、小選挙区制で安倍自民党の現職に勝つために既成野党を合従させるところに主眼がある。基本政策の異なる民進党と共産党に手を組ませ、共産党の下駄票を民進党に与えるというのが鍵だった。もし、今回、小池百合子の希望の党の出現という2年前は想定外だった動きがなく、したがって民進党の分裂という事態がなく、彼らの2年前の戦略どおりに事が運び、北海道や東北や信越の小選挙区を取り、自民党の議席数を40ほど減らしていれば、彼らは小選挙区制に対する文句などは言わず、逆に、小選挙区制のおかげで成果を得られたと喜び、小沢一郎の持論をあらためて賛美したことだろう。結果が悪かったから選挙制度のせいにするというのは、八つ当たりもいいところで、自分の失敗を棚に上げた責任転嫁そのものだ。負け犬の遠吠えにしか聞こえない。「野党共闘」の戦略には、小選挙区制の化身とも言える山口二郎と小沢一郎が中核に入っていて、小選挙区制を肯定する論理で組み立てられたものだった。その「野党共闘」のイデオローグたちが、今頃になって小選挙区制を否定するのは筋が合わない。

内田樹は、これまで小選挙区制を批判したことがあっただろうか。小選挙区制を本気で批判するのなら、なぜ25年前の「政治改革」のそもそもの出発点に遡って検討を加え、その発起人であり扇動者である山口二郎を糾弾しようとしないのだろう。不思議なことに、中野晃一にせよ、内田樹にせよ、小選挙区制を批判しながら山口二郎には指一本触れようとしない。目の前に「政治改革」の首魁の山口二郎がいるのに、目を背けて批判の対象から外している。いったい誰が小選挙区制を導入したのだ。小選挙区制にしてしまうと、対立するはずの二大政党の政策が近似すること、有権者の選択肢が狭められること、政党の幹部に権力が集中して弊害が出ること、等々の民主主義の機能不全の懸念は、「政治改革」の論議の際に反対論者からさんざん挙げられた指摘だった。そもそも、そもそも、そもそも、戦後日本で小選挙区制に反対する者がそれを拒絶してきた理由は何だったのか。小選挙区制を導入しようとしてきた保守側の意図と目的は何だったのか。ハトマンダーとカクマンダーは何のためのものだったのか。改憲のための選挙制度改変の策動だったではないか。3分の2を取るためだったではないか。だから護憲側が抵抗したのではなかったのか。今、小選挙区制が問われるとすれば、糾明しないといけないのは、なぜあのときに、岩波書店と朝日新聞が「政治改革」の旗を振る錯誤を犯したのかということだ。

内田樹は記事の中で、小選挙区制が有効に機能しないのは低投票率のせいであると言っている。何を言っているのか意味が分からない。内田樹の政治センスの鈍さを感じるし、論理構成の支離滅裂を感じざるを得ない。本末転倒な議論だ。低投票率になるのは、この国の小選挙区制の本来性であって、低投票率は何かの原因として先行する要素ではない。過去の総選挙の投票率の推移を見れば簡単に分かることだ。中選挙区制から小選挙区制に変わり、死票が増え、二つの政党の政策が近似して差異と対立がなくなり、選択肢の幅がなくなり、有権者は選挙に関心を持てなくなった。小選挙区制というシステムそのものが、この国では投票率を低く抑える機能と属性を持つ。自民党Aと自民党Bでは選びようがない。中選挙区制では、自民党と対決し対抗する野党を応援し、自民党を牽制する野党を増やすための一票という投票(参政権の行使)が機能した。だが、小選挙区制では政権選択の投票になるため、野党を応援する一票という投票ができない。その投票は死票になる。したがって、小選挙区で票を稼ごうとする野党は、与党である自民党と同じ政策に寄せて差を埋める動きに出る。小選挙区制に移行して以降、この国では日米安保反対は決定的に異端となった。日米安保反対の立場が異端となると同時に、平行して護憲の立場も異端となって行った。今では日中友好も異端だ。日米安保礼賛で自衛隊礼賛しか政治の立場がない。

政策の対立軸を選挙制度で消したのが「政治改革」だった。日米安保を絶対化する政治制度改革だったと言っていい。中選挙区制の時代の投票率は70%を超えるのが普通だった。投票率を上げれば小選挙区制がワークするという内田樹の議論は、内田樹らしい屁理屈の小細工であって、そもそも制度の内実と因果関係の認識が間違っている。また、どれほど小選挙区制を批判しても、小選挙区制で勝ち続けて権力を握っている自民党が選挙制度を変えるはずがないし、小選挙区制というシステムとともに誕生し生息してきた民進党やその派生政党が小選挙区制を否定して改変を主張するわけがない。既成野党の中で小選挙区制に反対を言うのは、唯一共産党だけなのだから、野党全体に向かって小選挙区制反対で一致せよというのも愚かな話だ。政治の初歩が分かっているのだろうかと怪しんでしまう。小選挙区制を本当に変えようとすれば、二つのことが必要になる。一つは「政治改革」の首謀者である山口二郎が自己批判し、国民の前で土下座して懺悔することである。もう一つは、中選挙区制に戻そうとする意思を持った政党が選挙で自民党に勝つことである。現行の小選挙区の下で勝って過半数を制することだ。「意思を持った政党」は、既成野党の中では共産党しかないから、共産党が小選挙区で自民党に勝たないといけないということになる。後者は事実上困難なことだが、前者は簡単にできることである。内田樹と中野晃一は、山口二郎の懺悔と謝罪を実現させるべく努力すべきだろう。

内田樹に反論するなら、投票率を上げようとするのなら、既成野党を数合わせさせる「野党共闘」で安倍政権打倒を考えるのではなくて、永田町の外からのリベラル新党の戦略を考案した方がいいということだ。その方がずっと可能性があるし、自民党から小選挙区の議席を奪う力になる。有権者が新しい政党を求め、新しい政治家と言葉を求めているのは歴然で、有権者は政治の変革を強く求めている。今の政治に満足していない。だからこそ、7月には都民ファの怒濤の勝利劇があったわけだし、10月の総選挙でも枝野新党の小さなブームが起きた。昨年の参院選を振り返ったとき、32の1人区で「野党共闘」は単独候補を立てて8勝の成績を収めたけれど、特に大きなブームと呼べる現象は起きず、選挙区の投票率も上がらなかった。投票率が上がらなかったから、8勝した選挙区では共産党の組織票がよく貢献し機能したのだという見方もある。有権者は「野党共闘」に醒めていた。それは数合わせの所産だったと評価するしかない。いつも投票する人が投票し、共産党候補の案山子票が死票にならなかっただけだ。全国ベースで小選挙区で自民党に勝つ「革命」を起こすためには、いつもは選挙に行かない有権者をその気にさせないといけない。マスコミがブームに乗って風を吹かせる現実を作らないといけない。それは、既成野党の合従連衡の形では絶対に無理なことだ。最後に共産党についてだが、私は、今は、党名を変えなくてもよいという立場にある。党名よりも重要なのは人物と言葉である。

小選挙区で共産党が自民党に単独で勝つことは難しいけれど、サンダース的なブームを起こして比例の得票と議席で野党第一党(1200万票:40議席)を制することはできる。その図は十分に想定できる。人々の期待を集められる新しいキャラクターとメッセージが準備され、ブーム的現象を起こせば、共産党の名前でも支持を集めることは可能だ。共産党が古くて魅力がないのは、党の名前や綱領のせいではない。社会主義と護憲と反日米同盟のイメージと政策を、サンダースのように有意味に訴求し説得する能力と努力がないためだ。

c0315619_15435527.jpg


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

トランプは歴訪で指導力発揮できず

トランプは歴訪で指導力発揮できず
メモ

http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/2017-11-15

◎安倍外交「対北包囲網」強化で結実
トランプは歴訪で指導力発揮できず
 外交安保そっちのけの「商談」固執
 トランプ「商談大統領」の欠陥を首相・安倍晋三が補完して、北朝鮮に対する国際世論を盛り上げ、包囲網実現へとつなげたというのが一連の外交の舞台裏の実態だ。トランプは外交・国際政治に無知という弱点を露呈した。疲弊したのか、国内政局が気がかりなのかトランプは最重要会議である東アジアサミットを欠席して帰国、アジア諸国首脳らの落胆とひんしゅくを買った。複雑な利害の錯綜するアジア外交への対応能力の限界を見せた。米最大の発行部数の高級紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は「トランプ氏が中国による重商主義拡大を米国の犠牲の下に放任した」と警鐘を鳴らした。
 逆に安倍の活躍が目立った。安倍の基本戦略はまずトランプの訪日で、核・ミサイル開発に専念する北に対する圧力を最大限に高め、日米共同歩調を確認する。その上でトランプに中国を説得させて北への圧力を強化。次いで東南アジア諸国への働きかけで国際世論を盛り上げる算段であった。ところが肝心のトランプが中国で習近平の手のひらで踊ってしまった。2500億ドル(28兆円)の「商談」で舞上がって、対北問題をお座なりにしてしまった。一応は北への圧力を最大限高める方針を主張したが、習近平は国連決議の履行以上の言質を与えず、軽くいなされてしまった。効果への疑問が指摘されている2500億ドルの「商談」に目がくらんで、毎年2700億ドル規模のの対中貿易赤字が発生している問題などは素通りしてしまったのだ。
 一方安倍は、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国首脳と精力的な会談を行い、北朝鮮問題の実情を説明した。これが14日の首脳会議に結実した。ほとんどの首脳が北の核・ミサイル開発に対する懸念を表明するとともに、国連安保理決議違反を指摘した。総じて北朝鮮包囲網が出来上がった感じだ。さらに重要なのは多くの首脳から中国が実効支配を進める南シナ海の問題に関して「航行の自由に抵触しかねない」などの懸念や指摘が出されたことだ。東アジアサミットは議長声明で北朝鮮による核・化学兵器など大量破壊兵器やミサイル開発を非難し、核・ミサイル技術の放棄を要求するに至った。これは北朝鮮の兄貴分である中国をけん制するものでもある。
 一方でトランプは、米政府がこれまで中国の人口島造成による軍事拠点化に、「待った」をかける役割を果たしてきたことなど念頭にななかった。結局南シナ海問題で中国への強い姿勢を打ち出せないままとなり、強い指導力を発揮させることは出来なかった。オバマや歴代大統領が打ち出してきたインド太平洋地位域に関する自らのビジョンを示さないで歴訪を終わった。15日付読売によるとベトナム外交筋は「米国が南シナ海問題で抑制的に対応する間にも、中国は軍事拠点化を着実に進める。遠くない将来、中国の南シナ海支配を追認せざるを得ない時が来るのではないか」と述べているという。
 経済問題でもトランプは「インド太平洋地域のいかなる国とも2国間貿易協定を結ぶ。われわれは、主権放棄につながる大きな協定にはもう参加しない」と発言した。これは米国が戦後作り上げた多国間貿易システムを否定し、輸出のための市場を自ら閉ざすことを意味する。TPPの離脱で米国の輸出業者はGDPで世界の16%を占める市場で不利な立場におかれるからだ。トランプはいまや2国間協定で米国が個別に圧力をかけようとしても、貿易構造の多様化で多くの国が痛痒を感じない状況であることを分かっていないのだ。WSJ紙は「米国の最大の敗者になるのは、農業州と中西部にいる大統領支持者だろう。TPPは米国にとって、アジアの成長から恩恵を得られる絶好のチャンスであり、トランプ大統領の抱く不満の種を是正する部分が少なくない。」と批判している。しかし、かたくななまでに2国間貿易に固執するトランプの方針は覆りそうもなく、世界は次の政権を待つしかすべがないのが実情だろう。
こうしてトランプのアジア歴訪の旅は、指導力を発揮するどころか、事態をますます流動的なものにしてしまった。逆に共産党大会で独裁体制を確立した「習近平の強さが浮き彫り」(ワシントンポスト紙)になった形となった。国連制裁の結果北朝鮮情勢が年末から新年にかけて激動含みとなることが予想されている中で、世界は「トランプ問題」を抱えることになる。

2017-11-15 06:40

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

ええなあ、カルト党員は

ええなあ、カルト党員は
メモ


http://matinofuruhonya.blog.fc2.com/blog-entry-3345.html
ええなあ、カルト党員は
古本屋通信    No 2956   2017年  11月14日


  ええなあ、カルト党員は。いつまで経っても負けることがないから。

 いつでもプラス思考の崎本さん、私は岡山市議補選の時には崎本さんを決して貶しませんでした。でも以下はちょっと違うんじゃないでしょうか。コレ崎本だけじゃなく、殆ど異口同音にカルトたちが書いていますね。志位の拡散なんですが、どうなんでしょうね。


気持ちを切り替えて・・・・共産党は減ったけれど(21が12議席に)、共闘勢力(共産党、社民党、立憲民主党)は38議席が69議席へ増えた!2017年11月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙
いよいよ改憲の動きが現実的になってきました。改憲勢力は国会では3分の2の議席を占め、自民党は改憲案の審議に入ったそうです。2018年に発議を目指すという動きです。
しかし、国民の世論は改憲を支持していません。33%の支持で61%の議席をとっても国民投票ではそうはいきません。今安倍総理の下での改憲を許さない3000万署名が草の根運動として広がっています。九条の会も呼び掛けています。
自公の多数を許して現状を変えられなかったけれど、よく見てみれば野党共闘勢力(共産党、社民党、立憲民主党)は38から69議席に増えているのです。
共産党が議席を減らしたことばかりが目に入り元気をなくしていましたが、憲法を変えさせない力は国会でも増えたと思うと少し元気が出てきました。あきらめたら終わり。勝つためにはあきらめないこと」です。
せっかく生かされている私です。自分を自分で裏切らない生きかたを全うしたいなあ・・・と思っています。さあ、元気出して行こう!!


  古本屋通信

 事実は違います。私は総選挙前の4野党(共産党、民進党、社民党、自由党)が野党共闘勢力であるとも、立憲野党であるとも思ったことはないけれど、共産党が4党の野党共闘を盛んに吹聴していたのは事実です。そうすると、総選挙前の野党共闘勢力は(共産党、社民党、立憲民主党)ではなく、(共産党、民進党、社民党、自由党)ですよね。選挙直前に民進党は3分解したけれど、3分解する前は、日本共産党は民進党を総体として野党(共闘勢力)と見做していたのです。だから民進党が代表選挙で前原を党首に選んだ時もイヤな顔ひとつせずエールを送ったのでした。その前原が全会一致で希望の党への合流を決めた、その時点で野党共闘は(困難に陥ったのではなく)完全に潰え去ったのです。立憲民主党は民進党の分派です。共産党の立場からは、野党でも何でもない他党の枝葉です。もういい、あんたのアタマじゃ分かるまい。

 下に選挙前の野党共闘の勢力(正確には2014年時の結果)を貼っておく。出典は読売新聞さんだ。

日本共産党   21議席
当時は民主党 73議席
社民党       2議席
当時は生活    2議席  合計 98議席

 だから崎本の38議席 → 69議席は出鱈目ではないが、形而上の数字、といっても分からんだろうな。実際は98議席 → 69議席なんだが、政治は動いているから、こういう比較そのものが意味がない。

 あのなあ、希望の党の当選者の殆どは旧民進党だった。こいつら立憲野党から改憲派に転向したのではない。もともとの立憲がまやかしだったのだ。前原が生きたサンプルである。今回希望の代表になった香川のアホウも同じじゃ。つまりもともと野党共闘など共産党がデッチあげたペテンだった。

 ホンマに疲れるよ。こういう共産党のペテンが有権者にウサンクサイと見破られたのが今回の選挙結果だった。あああ ・・・ 疲れた。

  崎本に限らずカルトに一言。ブル新を読めとは言わないが、きょうの朝日(4)には「分裂3野党 地方戦略は」の記事がある。立憲、希望、民進3党それぞれの現在地と方向性に焦点を当てている。崎本のいう共産党との共闘など問題にもなっていない。別に共産党との共闘を論じたらいけないというのではない。赤旗だけを読んでいるからトコトンずれるのだ。だあれも崎本を相手にしない。これを党カルトといふ。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2021 佐々木亮、悪魔の提唱者告発状

佐々木亮、悪魔の提唱者告発状
メモ


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/11/14/2021-%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e4%ba%ae%e3%80%81%e6%82%aa%e9%ad%94%e3%81%ae%e6%8f%90%e5%94%b1%e8%80%85%e5%91%8a%e7%99%ba%e7%8a%b6/
2021 佐々木亮、悪魔の提唱者告発状

CatmouseTail
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」と「政経塾」は「さくらインターネット」に引越ししていますね。勿論、旧サイトはそのままgoo(NTTレゾナント運営)に公開されたまま残っています。
——————————————
【告知】読者の皆様へ、引っ越しました。無限拡散
2017-08-26 08:00:47 | Weblog
下記URLに引っ越しました。今後はそちらへお越しください。
http://web.fushimi-akimasa.jp/・・・・・・・伏見顕正の時を斬るブログhttp://web.fushimi-akimasa.jp/・・・・・・・伏見顕正の時を斬るブログ
http://fushimi-akimasa.jp/・・・・・・・・伏見顕正の政経塾
今後ともよろしくお願いいたします。
管理人;伏見顕正
——————————————
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] FUSHIMI-AKIMASA.JP
[登録者名] 堀田裕美
[Registrant] HiromiHotta
[Name Server] ns1.dns.ne.jp
[Name Server] ns2.dns.ne.jp
[Signing Key]
[登録年月日] 2017/08/21
[有効期限] 2018/08/31
[状態] Active
[最終更新] 2017/08/21 22:44:26 (JST)
Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] さくらインターネット株式会社
[Name] SAKURA Internet Inc.
[Email] nic-staff@sakura.ad.jpmailto:nic-staff@sakura.ad.jp
[Web Page]
[郵便番号] 530-0011
[住所] 大阪府大阪市北区大深町4番20号
グランフロント大阪 タワーA35階
[Postal Address] Osaka
Osaka
35F,4-20,ofukacho,kitaku
[電話番号] 06-6376-4800

同様に、「でれでれ草」ブログもgooブログサイトとさくらインターネットの二か所に引越ししているみたいです。
新・でれでれ草: ttp://blog.goo.ne.jp/derederegusa
保守系皇室ブログ・でれでれ草: ttp://derederegusa.jp/
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] DEREDEREGUSA.JP
[登録者名] 堀田裕美
[Registrant] HiromiHotta
[Name Server] ns1.dns.ne.jp
[Name Server] ns2.dns.ne.jp
[Signing Key]

[登録年月日] 2017/08/21
[有効期限] 2018/08/31
[状態] Active
[最終更新] 2017/08/21 20:18:05 (JST)

Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] さくらインターネット株式会社
[Name] SAKURA Internet Inc.
[Email] nic-staff@sakura.ad.jpmailto:nic-staff@sakura.ad.jp
[Web Page]
[郵便番号] 530-0011
[住所] 大阪府大阪市北区大深町4番20号
グランフロント大阪 タワーA35階
[Postal Address] Osaka
Osaka
35F,4-20,ofukacho,kitaku
[電話番号] 06-6376-4800
[FAX番号]
二つのドメイン名は共にさくらインターネットで登録していますね。ドメイン名登録者が両方とも「堀田裕美」という女性です。汎用ドメイン名なので本名か否かは解りませんけど。クレジット決済であれば本名でしょうけど・・・

.....みな同じ穴のむじなだね。



告 発 状

東京地方検察庁 検事正殿      平成 年 月 日 No231

告発人
氏名 印

住所〒番号

被告発人
佐々木亮 東京弁護士会      
悪魔の提唱者@6CLW77Y102
小倉秀夫 東京弁護士会
嶋﨑量(弁護士) 神奈川弁護士会
竹島宗和 (生存ユニオン広島)
神原 元 (弁護士) 神奈川弁護士会     
福島瑞穂 (弁護士) 第二東京弁護士会
鈴木 剛 (東京ユニオン)     
野間易通 (しばき隊)

第一 告発の趣旨
被告発人の行為は、以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発する。

第二 告発の罪名
(脅迫)
第222条  生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
(組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律)
別表第二の三十二
公衆等脅迫目的の犯罪行為の実行のための資金等の提供等の処罰に関する法律第五条(公衆等脅迫目的の犯罪行為の実行のために利用されるものとしての資金等の提供等)の罪

第三 告発の事実関係と証拠
明らかに首謀者佐々木亮、悪魔の提唱者@6CLW77Y102を首謀者とする共謀脅迫事案である。
◇ささきりょう@ssk_ryo
刑事は検討中だけど、民事はいけると思うんだよね。弁護士に対する不当な懲戒請求に関する最高裁判決や下級審判例を見れば十分いけそう。ちなみに橋下氏の事件は煽った責任を問うものだったけど、私は懲戒請求した当人たちの責任を問うつもりだから同事件は射程外。
18:41 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/ssk_ryo/status/909955562611253248
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
返信先: @ssk_ryoさん
虚偽告訴罪(刑事)と民事損害賠償請求の可能性を私はブログで指摘して、警告しましたから、彼らの自業自得です。しかし、実体としては余命の煽動にのせられた弱者たちです。私のブログを読んで撤回したのは200名程度とのこと。末端のみが罪に問われ、首謀者は全くおとがめなしだとしたら哀れ過ぎる
20:06 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909976885487996929

ささきりょうさんがリツイート
◇小倉秀夫@Hideo_Ogura
ネット上で匿名で行動している人たちは、自分は他者に対して一方的に制裁を科すことができる存在だと自惚れていますからね。RT @ssk_ryo: ま、あれですね。事実無根で私のことを懲戒請求した人は、それ相応の責任を取ってもらいますよ。当たり前じゃないですか。大人なんですから。
18:26 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/Hideo_Ogura/status/909951780200398848

◇小倉秀夫‏@Hideo_Ogura
虚偽告訴罪での告訴の対象なので、懲戒請求者の氏名・住所を秘匿する合理性がありません。
RT @6CLW77Y102: 余命1898記事より引用・・・ところで、弁護士会は個々の懲戒請求者の個人情報が守れるのだろうか。
18:28 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/Hideo_Ogura/status/909952213702733824
◆小倉秀夫@Hideo_Ogura
3月18日14時30分から、明治大学駿河台校舎リバティタワー1012教室で、「コンテンツ配信サービスにおけるプラットフォーム提供者の自由の限界」について発表します。
Katsushika Tokyo Japan
ben.li/text_pr/Profil…
2008年10月に登録
小倉 秀夫は日本の弁護士。東京都葛飾区出身。 東京弁護士会所属。知的所有権研究会事務局長。民事訴訟法学会、情報ネットワーク法学会会員。

◇ささきりょう@ssk_ryo
ま、あれですね。事実無根で私のことを懲戒請求した人は、それ相応の責任を取ってもらいますよ。当たり前じゃないですか。大人なんですから。
18:21 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/ssk_ryo/status/909950623394627584

◇嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara
返信先: @ssk_ryoさん
何で懲戒請求されてるのか、ほんと謎です。酷い話だ。
19:30 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/shima_chikara/status/909967858364407809
◆嶋﨑量(弁護士)@shima_chikara
日本労働弁護団事務局長、ブラック企業対策弁護団副事務局長、ブラック企業対策プロジェクト事務局長。労働組合の顧問多数、労働事件は労働者側のみ担当。 講演取材などのご依頼は、所属事務所(神奈川総合法律事務所)へお電話を。
神奈川県
bylines.news.yahoo.co.jp/shimasakichika…
2014年6月に登録

◇竹島宗和‏@mztakeshima
返信先: @ssk_ryoさん、@shima_chikaraさん
懲戒請求してきた人のリストは要保管。
19:47 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/mztakeshima/status/909972096792461312
◆竹島宗和 (生存ユニオン広島)
@mztakeshima
雇用政策、税制を中心とした財政政策、就職とのつながり重視の教育、知的障害を伴わない発達障害者対策、交通政策 このあたりを研究。ぶっきらぼうな表現とたまの猛毒発言はご勘弁を。アイコンは手動変速車をイメージしたものでマニュアル人間もチト掛けてる。ATの繋がってない感BlackBox感が苦手でもある。
広島市
mztakeshima.blog.fc2.com
2010年3月に登録

労働関係法規は、立場的にどうしても弱い労働者をある程度保護する社会的法規としてあります。今の労働市場環境において強者は企業です。
なお、ブラック社員に対して誠実に対応しなければ、ますます炎上してしまいます。労働組合、とくに企業内組合でない労働組合の存在は、一定の緊張につながるので必要であると考えます。社長も人間ですから間違えることありますので。労務監査といってよいでしょうか。
相互不信のギスギスした社会や、人を大切にしない企業の報道により、ブラック社員(?)と思われる社員が出てきたのかもしれません。
もちろん、労務を提供しないというのも問題ですから、ある程度細かい契約をするというのも一つかもしれません。これは、外国人や海外生活の長い日本人と仕事をする上でも役立ちます。
ブラック企業の存在は、まともな企業にとっても邪魔なものですので、まじめな経営者もブラック企業撲滅のために労働者団体と手を結んで一緒に動いていただきたいと思います。
by 竹島宗和 November 01 [Fri], 2013, 0:09

ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
返信先: @ssk_ryoさん
余命1801記事(2017//3)によれば(以下、引用).....このたびの懲戒請求は懲戒を目的としているのではないことがまったくわかっていない。
つまり現状の弁護士と弁護士会のあり方に反省と是正という警鐘を鳴らしているのだ。そのために懲戒事由もぼかしてある。(以上、引用)
20:57 – 2017年9月17日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909627294968197120

ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
返信先: @ssk_ryoさん
余命語を私が勝手に翻訳しますと、懲戒請求対象の個々の弁護士さんが何か悪さをしたわけでなく、弁護士会として朝鮮学校に補助金をと声明を出したことが悪い=これが本質だそうです。懲戒請求権を余命チームは間違った使い方で乱用していると私は思います。
21:21 – 2017年9月17日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909633498020904961

ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
返信先: @luckymanganさん
佐々木氏だけでなく全国22都道府県126名に対して懲戒請求が出ています。
1699余命記事 (2017/6/29)より引用・・・朝鮮人学校補助金支給要求声明には問題がありませんかと弁護士組織全体に問うているのである。懲戒請求対象幹部名は単に手続きの問題であって本質ではない。
2:58 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909718194704629761

ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
余命記事1901 (2017/9/18)より引用・・・朝鮮人学校補助金支給要求声明に関しての懲戒請求に何らの答も出せず、逆に無視や嫌がらせどころがやくざまがいの恐喝弁護士が出てくる始末である。(引用元URLはこちら→)
3:38 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909728404097851392

ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
余命は過去1205記事で「疑わしきは通報、疑わしきは告発ということで、その正誤性や正確性が問われることはなく、その行為に ついての匿名性は守られるようになっている」と述べ、懲戒請求者の名が該当弁護士に通知されると知らせなかったため、懲戒請求書を出した読者が今更に慌てているらしい。
15:08 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909902021125218304

ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
余命1898記事より引用・・・ところで、弁護士会は個々の懲戒請求者の個人情報が守れるのだろうか。 万一の場合は委員会の責任なのか、弁護士会の責任なのか、日弁連が責任を取るのかも全く不透明である。早急に弁護士法の改正が必要だろう。
15:14 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909903436774125569

ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
朝鮮学校補助金会長声明に異議があるならば、その撤回要求を出せばいいのに、なぜか個人に対する「懲戒請求」という手段を取る。目的が会長声明の撤回なので、懲戒そのものは目的ではない=本質が見えてないというのが余命チームのロジックです。
15:31 – 2017年9月18日
ttps://twitter.com/6CLW77Y102/status/909907641069060096

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

逃げ回る(笑)

誰がこんなしがないブログを見に来ているのだろう(笑)
ランキングがおかしくないかと思ったり
まぁ、拡散にはなるのだろう。
さて、轢き殺しにくるかなぁ〜(爆)

逃げ回る(笑)
退屈~
これじゃ、不慮の事故も起こらない(笑)

逃げ回るだけ・・・・・(爆)
逃げるのは得意だよなぁ〜

もうすぐ、7年目がくるぞ〜
お馬鹿~(笑)

さて、何度轢き殺しにくるのでしょう(爆)
噂の在日朝鮮人犯罪者を炙り出せ・・・・

あくまで噂ですので
事実確認をしないと確実な事はわかりません。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 雑記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

小池代表辞任

小池代表辞任
「小池さんがいないなら、もとの民進党と変わらないし、希望もない」

メモ
もとの民進党と変わらない



https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171114-00000033-ann-pol
「また投げ出すのか」小池氏の代表辞任に怒りの声も

11/14(火) 17:05配信

 東京都の小池都知事は、希望の党の代表を辞任する意向を固めました。14日午後5時から始まった両院議員総会で表明します。一体、何があったのですか。

 (政治部・白川昌見記者報告)
 小池代表のこのタイミングでの辞任という情報に、希望の党では衝撃が広がっていて「また投げ出すのか」と怒りの声も上がっています。今回の代表辞任は、所属議員には全く知らされていませんでした。「新しい執行部が発足するきょうのタイミングで、一区切り付けたと思うしかない」と理解する声も上がっていますが、大半は怒り心頭です。「もっと早く辞めていれば、そもそも共同代表選挙なんてやる必要がなかった」「小池さんがいないなら、もとの民進党と変わらないし、希望もない」などという声が出ています。一方で、小池氏と距離を置く議員からは歓迎する声も上がっていて、これで立憲民主党などとの野党再編も進みやすくなると話しています。「もうこの党は解党した方がいい」という声まで上がっていて、分裂含みの混乱は当分、続きそうです。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000551-san-pol
小池代表辞任 小池百合子氏「国政のことは国政の皆さまに任せたい。代表の座を降りる」

11/14(火) 17:46配信

小池代表辞任 小池百合子氏「国政のことは国政の皆さまに任せたい。代表の座を降りる」
20171114-00000551-san-000-2-view.jpg

小池百合子・東京都知事(写真:産経新聞)

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日夕、国会内で開いた両院議員総会で代表辞任を表明した。新代表には玉木雄一郎共同代表が就いた。小池氏は「国政については国政の皆様に任せたい。創業者の責任として代表としてスタートしたが、代表の座を降りさせていただく。然るべき形で皆様方をサポートしたい」と語った。小池氏の発言の詳細は以下の通り。

 「皆さん、こんにちは。今日は先ほど玉木共同代表から人事案が示され、そして皆さま方、総会で承認をいただいた。新しい執行部が誕生したわけだが、フレッシュかつ重厚な布陣を敷けたと思っている。希望の党は、まだ生まれてよちよち歩きの新しい党だ。フレッシュでなければいけない。そして希望がなければいけない。そういう中で大きな任務を皆さま方に担っていただいているわけだが、今回の人事案、まだまだそれぞれの適材適所にこれからはまっていくだろうと思うが、このような形で新しい執行部が誕生したことを私は心から喜びたいと思う」

 「これからが希望の党にとっての勝負だと思う。1人1人、誰かがやるだろうではなく、ぜひポテンヒットが出ないように、それぞれの守備範囲で、ホームランを打つ人、ヒットを打つ人、それぞれ持ち味を生かしながら希望の党を育て上げていただきたいと思っている」

 「今回の人事についても玉木さんに一任し、任せてきた。国政については、やはり国政の皆さま方にお任せしていきたいと思っている。その意味では、私は創業者の責任として代表でスタートしたが、私はこれからはむしろ皆さま方にお任せして、方向性は決まっているので、それをしっかりと進めていただくという、それを基にした上で私は代表の座を降りさせていただいて、しかるべき形でサポートできるようにしていきたいと思っている。創業の1人として、創業の心を皆さんと分かち合えるような思いで、何よりも1000万人の方々が希望の党と書いてくださった。この重みをみんなでシェアしていきたい」

 「日本にこれから希望の星として、皆さん1人1人が輝くように私も必要なお手伝いをさせていただきたい。この後、規約等々で変更があるかもしれない。それも執行部の皆さまにお任せし、私は皆さんが思う存分これから日本国民のために働けるような、そういう後押しをしていきたいと思っている。ともに頑張っていきましょう」

 「私は代表から離れるということだが、皆さんが投票で選ばれた玉木共同代表に、この後を任せたいと思う。推挙させていただく」

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

米WSJ紙、文在寅大統領を激烈批判

米WSJ紙、文在寅大統領を激烈批判「信頼できる友人ではない」
メモ



https://www.wsj.com/articles/south-koreas-bow-to-beijing-1510096661
South Korea’s Bow to Beijing
Seoul caves on Thaad missile defenses and a democratic alliance.
By The Editorial Board
Nov. 7, 2017 6:17 p.m. ET

Donald Trump on Tuesday praised Moon Jae-in for “great cooperation” on containing the threat from North Korea and said there has been “a lot of progress.” The South Korean President also made a show of unity after their summit in Seoul, but Mr. Moon’s recent actions suggest he is an unreliable friend.




http://www.sankei.com/world/news/171113/wor1711130017-n1.html
2017.11.13 11:45更新

米WSJ紙、文在寅大統領を激烈批判「信頼できる友人ではない」韓国メディア大騒ぎ



トランプ米大統領(左)との会談を終え、記者会見する韓国の文在寅大統領(共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、米有力紙の「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」が激烈な批判を見舞った。北朝鮮に融和的かつ、中国に擦り寄る文氏の行動について、「文氏が信頼できる友人だとは思えない」などと社説で指摘したのだ。同紙の記事を、韓国メディアは相次いで取り上げ、狂乱状態となっている。(夕刊フジ)

 ドナルド・トランプ米大統領の訪韓(7~8日)について、韓国紙は社説で好意的な評価を示していた。

 《トランプ大統領初来韓、韓米同盟の新たな契機に》(朝鮮日報)

 《深い共感を得たトランプ訪韓…「力を通じて平和を守る」》(中央日報)

 だが、トランプ氏の訪韓成功との見方は、韓国側の一方的な思い込みに過ぎなかったようだ。米保守層に支持されるWSJは7日付の社説でこんな見出しを掲げた。

 《South Korea’s Bow to Beijing(韓国、中国にひざまずく)》

 米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」をめぐり、中国から“報復”を受けていた韓国は最近、中国と、(1)米国のミサイル防衛システムに加入しない(2)日米韓の安全保障の協力は3カ国軍事同盟に発展しない(3)THAADを韓国に追加配備しない-ことで合意したとされる。


 WSJは、こうした文氏の「媚中外交」と、北朝鮮に融和的な「従北」姿勢を徹底批判した。文氏の掲げる「バランス外交」を「中国の圧力に直面し、自国や同盟国の安全保障に関して譲歩もいとわない姿勢は、バランス外交とは程遠いものだ」とし、「文氏が取った一連の行動は、(北朝鮮の)金正恩(キム・ジョンウン)氏を包囲するための同盟関係を損なうものとなった」と指摘した。

 韓国紙は、米国側の真意を知り驚いたのか、相次いでWSJの記事を取り上げた。

 中央日報は「トランプ大統領が訪韓した際には『偉大な協力』『非常に大きな進展』などの発言が出てきたが、最近の(文氏や文政権の)行動を見ると望ましくないということだ」と分析。朝鮮日報は同紙に寄せられたネットユーザーの賛否両論を掲載した。


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ