「メディアは発言をカットして報道してくれなかった」閉会中審査

「メディアは発言をカットして報道してくれなかった」閉会中審査
報道しない自由どころか
メディアが取材を、都合良くカットとか・・・・・

メモです(笑)


http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6723.html
「メディアは発言をカットして報道してくれなかった」閉会中審査で前愛媛県知事の加戸守行氏が証言
一部掲載

青山繁晴が流石の的を得た質問!加計問題で前川を参考人招致で質疑応答 後ろで民進党の元TBS杉尾がニタニタ笑っている(不謹慎)
「今まで沢山私の所に取材がありましたが、都合良くカットされ、私が言いたいことを取り上げて頂いたメディアは極めて少なかったことを残念に思います」
平成29年7月10日、国家戦略特区での獣医学部新設をめぐる参議院の閉会中審査で、加戸守行・前愛媛県知事が極めて悪質なマスコミの偏向報道について証言!

出会い系バー事務次官の前川喜平はフルボッコ!!


http://www.sankei.com/politics/news/170710/plt1707100034-n1.html
【閉会中審査】
加戸守行前愛媛県知事が前川喜平氏に反論 「ゆがめられた行政がただされた」
2017.7.10 16:07更新、産経新聞
加戸守行前愛媛県知事が前川喜平氏に反論 「ゆがめられた行政がただされた」

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる参院の閉会中審査が10日午後、衆院に続いて始まった。参院では参考人として、衆院で答弁した前川喜平前文部科学事務次官らに加え、文科省OBの加戸守行前愛媛県知事が招致された。

 獣医学部誘致を進めた加戸氏は、前川氏の「行政がゆがめられた」との主張を念頭に、「強烈な岩盤に穴が開けられ、ゆがめられた行政がただされた」と学部新設計画の意義を訴えた。

 参院での審査は、文教科学、内閣両委員会の連合審査として開かれた。



>獣医学部誘致を進めた加戸氏は、前川氏の「行政がゆがめられた」との主張を念頭に、「強烈な岩盤に穴が開けられ、ゆがめられた行政がただされた」と学部新設計画の意義を訴えた。


前の愛媛県知事だった加戸守行氏は、当時の獣医学部新設の必要性を説明した。

当時はアメリカなど海外でも必要に応じて獣医学部の新設に取りくんでいたのに、日本だけが「日本獣医師会」が既存の獣医師たちの既得権益を守ろうとする「厚い岩盤規制」で実現しなかったことを次のように説明した。

加戸守行・前愛媛県知事
「一番苦労したのが鳥インフルエンザ、口蹄疫の四国への上陸阻止、あるいはBSEの日本への波及の阻止。感染症対策として一番防御が可能な地域という意識もあったし、アメリカがこの問題に先端きって国策としてこれからはライフサイエンスと感染症対策をベースとした獣医学の教育の充実ということで大幅な獣医学部の入学者の増加。そして3つの獣医科大学の新設という話で懸命に取り組んでいる姿を横で見ながら、なんと日本は関心を持っていただけない国なんだと。」
「私は少なくとも10年前に愛媛県民の今治地域の夢と希望と関心を託してチャレンジした。厚い岩盤規制ではね返されはね返され、やっと国家戦略特区という枠の中で実現を見るようになった今、本当にそれを喜んでいる。」
「行政がゆがめられたという発言は、私にいわせると少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴を開けていただいたということで、ゆがめられた行政が正されたというのが正しい発言ではないのかなと思う」

「特区申請をしてから何回も門前払いを食らった。いろいろな方策で模索したが、一番強い反対は日本獣医師会だった。当時直接の接触はなかったが、ホームページでは専務理事が今治の獣医学部新設について、けちょんけちょんの論陣を張っていた。養成はちゃんとするから余分なことをするなというのが基本。」

「加計ありきではない。加計学園がたまたま、愛媛県会議員の今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達だったからこの話がつながってきて、飛びついた。これも駄目なんでしょうか。お友達だと全て駄目なのか」

【行政が正された】文教科学・内閣連合審査会。前川前次官の行政が歪められたとの発言について、加戸守行・前愛媛県知事「行政が歪められたとの発言は、私にとっては岩盤規制突破で歪められた行政が正されたのが正しい発言」
加計学園を誘致したのは、どこかをよく考えた方がいい。#kokkai pic.twitter.com/z1aDDMD47Q
— Mi2 (@YES777777777) 2017年7月10日

https://twitter.com/YES777777777/status/884305719964483585
Mi2‏
@YES777777777
【行政が正された】文教科学・内閣連合審査会。前川前次官の行政が歪められたとの発言について、加戸守行・前愛媛県知事「行政が歪められたとの発言は、私にとっては岩盤規制突破で歪められた行政が正されたのが正しい発言」
加計学園を誘致したのは、どこかをよく考えた方がいい。#kokkai
(動画)
2017年Jul10日 15:58



加戸守行「愛媛知事の時に一番苦労したのは鳥インフルやBSEなどの感染症問題。アメリカは国策でライフサイエンス対策をやってる姿を見て今治に託して岩盤規制に挑戦した。前川は『行政が歪められた』と言うが歪められた行政が正しい発言では?」

加戸さんよくぞ言ってくれました#kokkai pic.twitter.com/GMzshlbPrz
— DAPPI (@take_off_dress) 2017年7月10日

https://twitter.com/take_off_dress/status/884308486414254080
DAPPI‏
@take_off_dress
加戸守行「愛媛知事の時に一番苦労したのは鳥インフルやBSEなどの感染症問題。アメリカは国策でライフサイエンス対策をやってる姿を見て今治に託して岩盤規制に挑戦した。前川は『行政が歪められた』と言うが歪められた行政が正しい発言では?」

加戸さんよくぞ言ってくれました#kokkai
(動画)
2017年Jul10日 16:09



【加計ありき発言について】文教科学・内閣連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「加計ありきではありません。加計学園が、たまたま愛媛県会議員と加計学園事務局長がお友達であったから話が繋がれて、飛びついた。これもダメなんでしょうか?」
総理が何の関係ない事が証明された答弁。#kokkai pic.twitter.com/4BBw1K2JmK
— Mi2 (@YES777777777) 2017年7月10日

https://twitter.com/YES777777777/status/884308092644499456
Mi2‏
@YES777777777
【加計ありき発言について】文教科学・内閣連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「加計ありきではありません。加計学園が、たまたま愛媛県会議員と加計学園事務局長がお友達であったから話が繋がれて、飛びついた。これもダメなんでしょうか?」
総理が何の関係ない事が証明された答弁。#kokkai
(動画)
2017年Jul10日 16:07




そして、最後に加戸守行・前愛媛県知事は、上記のようなことは取材に来た沢山の「メディア」(マスコミ)にも話したにもかかわらず、メディアの都合でカットされ、加戸守行氏の重要な発言を報道したメディアは極めて少数だったことを暴露した!
【閉会中審査・加計問題】加戸前愛媛県知事、情報を隠さないYouTubeを絶賛「主要メディアは都合の悪い事を全然報道しない。YouTubeは素晴しい」 中道CH
■動画
【閉会中審査・加計問題】加戸前愛媛県知事、情報を隠さないYouTubeを絶賛「主要メディアは都合の悪い事を全然報道しない。YouTubeは素晴しい」 中道CH
https://www.youtube.com/watch?v=6OE2n0RUfic
加戸守行・前愛媛県知事
「ただ、1つだけ触れていなかったことがございます。
様々なことがございましたけれども、長めながら6月13日の国家戦略会議、諮問会議の民間有識者の方々が記者会見をされて、私はインタネットの…You Tubeで1時間半拝見させていただいて大変感激いたしました。
特に今回の規制緩和に関して心の一点の曇りもなくやったということで、これが今回の大きな事件の結論だったんだろうなと、これが国民に知ってもらうべき重要なことだったなと私は思いました。
たくさん今まで私の所に取材がありましたけれども、都合良くカットされて、私が申し上げたいことを取り上げて頂いたメディアは極めて少なかったことを残念に思います。
あのYou Tubeが全てを語り尽くしているんじゃないかなと思います。」

連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「国家戦略特区民間議員会見で一点の曇りもないと、これが大きな事件の結論。これが国民に知ってもらう重要なことだ。沢山取材が来たが都合の良いことはカットされて私の申し上げたい事を取り上げてくれたメディアは非常に少なかった」
グッと来た。#kokkai pic.twitter.com/eGMbBr4OPB
— Mi2 (@YES777777777) 2017年7月10日

https://twitter.com/YES777777777/status/884317111702634496
Mi2‏
@YES777777777
連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「国家戦略特区民間議員会見で一点の曇りもないと、これが大きな事件の結論。これが国民に知ってもらう重要なことだ。沢山取材が来たが都合の良いことはカットされて私の申し上げたい事を取り上げてくれたメディアは非常に少なかった」
グッと来た。#kokkai
(動画)
2017年Jul10日 16:43



もしも、テレビや新聞などの主要メディア(マスコミ)が最初から加戸前知事の上記発言を大々的に報道していたら、もっともっと早く国民は獣医学部新設の必要性を理解し、いわゆる「加計学園問題」はここまで国会で長引かなかったはずだ!

国会を開くと1日に約3億円の費用(税金)がかかる!
だが、さも政治家が関与していると延々やるのは時間の浪費ではないか。
国会が1日半空転すると、その間の経費が5億円以上ムダになる!

テレビや新聞などの主要メディア(マスコミ)は、国民に真実を知らせて「加計学園問題」について理解させないために加戸前知事の発言を知っていたにもかかわらず、報道せずに隠蔽し、「お互いの主張が平行線のまま」「国民には理解し難い」「真相は分からない」「謎は深まる一方だ」「総理は説明責任を果たしていない」などと繰り返してきたのだ!

加戸前知事を取材しても、加戸前知事の説明を報道してこなかった殆ど全てのメディアの責任は重大だ!

マスゴミは、まさに「日本の癌」「日本の敵」だ!

【今さら…】文科・内閣連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「有力の私学に声をかけた。けんもほろろ。結局、愛媛にとっては12年間、加計ありき、今さら1、2年の間で加計ありきじゃない」
この答弁を聞いても総理の意向だ、行政が歪められたと言い続ける日本のメディアと野党4党。#kokkai pic.twitter.com/gPY1FqdMQ2
— Mi2 (@YES777777777) 2017年7月10日

https://twitter.com/YES777777777/status/884317969815187457
Mi2‏
@YES777777777
【今さら…】文科・内閣連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「有力の私学に声をかけた。けんもほろろ。結局、愛媛にとっては12年間、加計ありき、今さら1、2年の間で加計ありきじゃない」
この答弁を聞いても総理の意向だ、行政が歪められたと言い続ける日本のメディアと野党4党。#kokkai
(動画)
2017年Jul10日 16:46



【報道しない自由】文科・内閣連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「民間有識者の会見を人に知らされて、Youtubeで拝見し感激した。Youtubeが全てを語りつくしている」
82歳の人が人に知らされてYoutubeを見ないと事実を把握できないとか、メディアは恥を知れ!#kokkai pic.twitter.com/4gL1ZiU7Xo
— Mi2 (@YES777777777) 2017年7月10日

https://twitter.com/YES777777777/status/884326693103558656
Mi2‏
@YES777777777
【報道しない自由】文科・内閣連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「民間有識者の会見を人に知らされて、Youtubeで拝見し感激した。Youtubeが全てを語りつくしている」
82歳の人が人に知らされてYoutubeを見ないと事実を把握できないとか、メディアは恥を知れ!#kokkai
(動画)
2017年Jul10日 17:21



https://twitter.com/anonymous201504/status/884323487468314625
アノニマス ポスト‏
@anonymous201504
加戸守行・前愛媛県知事「沢山取材が来たが、都合の良いことはカットされて私の申し上げたい事を取り上げてくれたメディアは非常に少なかった」~ネットの反応「これも放送しないんだろうねえ〜」
加戸守行・前愛媛県知事「沢山取材が来たが、都合の良いことはカットされて私の申し上げたい事を取り上げてくれたメディアは非常に少なかった」~ネットの反応「これも放送しないんだろうねえ〜」
2017年Jul10日 17:08






>様々なことがございましたけれども、長めながら6月13日の国家戦略会議、諮問会議の民間有識者の方々が記者会見をされて、私はインタネットの…You Tubeで1時間半拝見させていただいて大変感激いたしました。
>特に今回の規制緩和に関して心の一点の曇りもなくやったということで、これが今回の大きな事件の結論だったんだろうなと、これが国民に知ってもらうべき重要なことだったなと私は思いました。
>たくさん今まで私の所に取材がありましたけれども、都合良くカットされて、私が申し上げたいことを取り上げて頂いたメディアは極めて少なかったことを残念に思います。
>あのYou Tubeが全てを語り尽くしているんじゃないかなと思います。


学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、6月13日夜に行われた国家戦略特区諮問会議の民間議員が行った約1時間半の記者会見のYou Tubeとは、次のYou Tube動画のことだ。
(全録)加計学園・獣医学部新設 有識者が会見 その1
■動画
(全録)加計学園・獣医学部新設 有識者が会見 その1
https://www.youtube.com/watch?v=jtZyqqNpaOw
全録加計学園・獣医学部新設 有識者が会見 その2
(全録)加計学園・獣医学部新設 有識者が会見 その2
https://www.youtube.com/watch?v=ZP_7tPZl5M0

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

【民進党】江田憲司代表代行

【民進党】江田憲司代表代行
今回の都議選自民党惨敗や支持率低下は、「豊田罵詈雑言問題」や「稲田自衛隊利用発言」等々を これでもかと連日取り上げたことが大きい。 今や影響力があるのは「活字」(新聞)ではなく 「画像」(テレビ)なのだ。

メモ
国会がワイドショー化する理由・・・
特に女性とか
女性は、刷り込みに弱いと言う事実を利用した
情報操作ということか・・・(笑)

http://hosyusokuhou.jp/archives/48796783.html
【民進党】江田憲司代表代行「政治の浮沈はワイドショーで決まる。朝から夕方まで同じ話題を取り上げ、視聴者に『刷り込み』を行う。今や影響力があるのはテレビなのだ!」
2017年07月11日14:34
1: 第13艦隊 2017/07/11(火)05:35:32 ID:???

江田憲司 @edaoffice
私の旧来の持論だが、政治の浮沈はワイドショーで決まる。今回、大幅に内閣支持率が落ち、特に女性の支持率が落ちているのはこの要因が大きい。 昔、私はレギュラーコメンテーターを務めていた。「安倍離れ」女性顕著…支持率30ポイント下落

9c71eee8aa0b090ff8e8d21fd708403b.jpg

https://twitter.com/edaoffice/status/884251388846395394

江田憲司 @edaoffice
今回の都議選自民党惨敗や支持率低下は、「豊田罵詈雑言問題」や「稲田自衛隊利用発言」等々を これでもかと連日取り上げたことが大きい。 今や影響力があるのは「活字」(新聞)ではなく 「画像」(テレビ)なのだ。
https://twitter.com/edaoffice/status/884252202222600192


24: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)13:54:36 ID:NZY
何言ってんだこのハゲ!

5: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)05:40:26 ID:UEb
知ってた速報
今更感

7: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)06:35:46 ID:LsW
江田も、なんでこんなツイートしてんだ?

4: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)05:38:52 ID:ZHv
ワイドショーに放送法を厳格に適用しろ、バラエティー何て言い訳は通らない

6: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)06:16:52 ID:uYg
テレビでやったことを既成事実として大義名分にして
掘りつ変えようとしてるだけじゃん。
政治だけじゃないけどね。

8: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)06:53:46 ID:djl
誰がテレビを信じるの?

10: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)07:15:29 ID:fUT
>>8
ネットに触れない層
ブラウザ開くとヤフーな層
てなとこかな

11: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)07:24:52 ID:VCO
>>8
ネットで野党のダメっぷりを知ってても
他の情報全てが与党のダメっぷりを報じてると
頭の中でそういう雰囲気になってくるものさ
政府は、「情報量」を甘く見すぎているなあ

9: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)06:56:56 ID:1k1
だいじょうぶか?
この国会議員
民主主義を否定してるぞ
デマゴーグ>民主主義ってことだろ
やべ

19: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)09:21:05 ID:w1G
じゃあワイドショーで民進党を褒め称えてもらえば支持率上がるんじゃない

21: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)09:30:18 ID:3Fn
そのワイドショーをもってしても民進の支持率は上げられないんだなw
あそこまで分かりやすく優遇してもらってるのにねえ

22: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)09:36:13 ID:ePJ
それを世論捜査とか印象操作とか情報操作とか言うんじゃないの?

引用元: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499718932/

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

志位は帰国して災害対策に当たれ

核兵器禁止条約 米英仏が不参加表明
中国とロシアに触れていない・・・・(笑)
メモです。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000528-san-int
核兵器禁止条約 米英仏が不参加表明 「安全保障を無視」と批判 日本も署名しない意向 

7/8(土) 10:59配信

産経新聞

 【ニューヨーク=上塚真由】米ニューヨークの国連本部で7日に採択された核兵器禁止条約について、核兵器を保有する米英仏の3カ国は7日、「国際的な安全保障環境の現実を明らかに無視している」と批判し、条約に加盟しないとする共同声明を発表した。米国の「核の傘」に頼る日本の別所浩郎国連大使も記者団に、「(条約に)署名することはない」と述べた。

 米英仏は共同声明で、禁止条約について「70年以上にわたり欧州と北東アジアの平和を維持するため不可欠となってきた核抑止政策と相いれない」と指摘。その上で、「北朝鮮の核開発による重大な脅威に対する解決策を示さず、核抑止力を必要とする他の安全保障上の課題にも対処していない」と批判した。

 別所氏は、日本の立場について、核兵器の非人間性や厳しい安全保障情勢の双方を踏まえ、核保有国と非保有国が協力する形での核廃絶を目指してきたと説明。禁止条約は「残念ながらそういう姿で行われたものではない」と述べた。

 条約交渉会議では、オランダが米国主導の北大西洋条約機構(NATO)加盟国として唯一参加。「NATO加盟国としての責任と矛盾が生じる」として、反対票を投じた。

 またカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(85)が「70年間この日を待っていた。ついに到達できてとてもうれしい」と演説し、会場からは大きな拍手が送られた。サーローさんはその後の会見で「(会議に参加した)120カ国以上の発言に耳を傾けずに、どうして(核保有国と非保有国の)橋渡し役ができるのか」と条約不参加の日本を強く非難した。





http://matinofuruhonya.blog.fc2.com/blog-entry-3011.html
志位は帰国して災害対策に当たれ
古本屋通信   No 2655    2017年  07月06日  


  志位訪米団は今すぐ帰国して災害対策に当たれ

  九州豪雨、44万人に避難指示 道路寸断され救助難航
 2017年7月6日13時58分



 まるで無意味な共産党の訪米を、きょうの赤旗記事一箇所を引いて立証しておく。しかと御覧あれ。


 「出発にあたって同空港内で記者団から今回の会議に参加するにあたっての「意気込み」について問われた志位氏は、「国連会議は大詰めですが、3日に公表された核兵器禁止条約の最終案は、(最終日までには)国際社会の英知を結集した最良のものになっていると思います」


 あきれかえってグーの音も出ないワ。「3日に公表された核兵器禁止条約の最終案」は、それをめぐって熱心な討議がずっと行われており、最終的な決議案がどうなるか予断を許さない。討議続行中とはそういうことだ。志位らも日本にいたのだから、その討議経過は知っていない。なのに核兵器禁止条約最終案はアプリオリに最良だとよ。こんなコミュニストは世界でも初めてだろう。まだ見ぬ草案がベストだから、それに予め賛意を表明しておいて、それを世界平和のために日本にも広めるそうだ。ここまできたらヒトラーや日本天皇制ファシストと同じだ。

 国連会議に日本共産党「代表団」が占める席はどこにもない。それ以前に今回の会議そのものが茶番劇だが、それに参加した百数十カ国の代表が全てピエロだというわけではない。核保有国の加わらない条約など何の効力もない事は自明だが、それでも効力のない会議を延々と続ける努力も国連という駆け引きの場で何らかの意味を持つことはあり得る。

 しかし日本共産党の「参加」はその妨害以外では有り得ない。常識で考えれば分かる事だ。一国の政府組織がその国の代表として会議で発言する。世界各国の政府にはそれに反対の野党は多くある。そのそれぞれが国連に出かけて行って政府と違うことを喋ればどうなるのか。子供でもわかる。だから日本の野党は、民進党も、社民党も、自由党も、新社会党も、緑の党も、中核派も、国連会議に参加するなど夢にも考えない。日本共産党は究極の劣等である。イロハのレヴェル。

 そもそも日本共産党はアメリカの地を踏んではならなかった。事実最近までアメリカに行ったことはなかった。これにはアメリカ側に反共法もあって、共産主義者の入国を拒んでいたからでもあったが、解禁さてれからも公然日本共産党員は観光目的以外で渡米することは党規約で禁じられていた。それは反アメ帝の党綱領から当然であった。国連はアメ帝とイコールではないから、旧社会主義国の政権党や政府組織が国連会議に参加するのは当然である。しかし日本共産党は政権をとっていない。だから行ってはならないのだ。じじつ宮本も、不破も、それから国際委員会のだれも、アメリカに行っていなかった。このタブーを初めて犯したのが志位和夫だった。ホンの数年前、オバマを最大級の賛辞でヨイショして、志位はニューヨークに行った。多くの日本共産党員を従えて、オバマを褒め捲った。岡山から金ちゃんも行ったナ。もうオワリだった。今回の渡米は3回目だろう。

 ところで今回の代表団は以下のメンバーだ。覚えておこう。
 志位和夫、緒方靖夫、笠井亮、井上哲士、田川実、川田忠明、大平喜信。
 みんな知っている。緒方は通訳の実務だろう。いちおう形の上では国際担当だから仕方がない。田川と川田も実務家と見做そう。その他のメンバーは許さない。今後は徹底糾弾する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 以下は志位訪米をまるで呪うかのごとく日本の北九州で起きた大災害である。今すぐ日本に帰って来い。帰っても当面災害対策本部など無理だろう。そんなハンパの被害じゃあない。当面行政のやることに協力するのみだ。菅官房長官はがんばっている。当面政府批判など慎むことだ。

 では志位たちは日本に帰って何ができるのか。被害は大分、福岡、それに熊本の一部に集中している。まだ死者は多く確認されていない。しかし家屋の全半壊はハンパではない。避難勧告は全市単位だ。災害は人を選ばない。避難民の中には当然ながら多くの日本共産党員が含まれているだろう。その数は4ケタだと思われる。志位執行部は3県の県委員会と連絡を取って、当面全ての党員の安否を確認し、できる可能な援助をすることだ。誰でもわかることだ。ニューヨークで観光旅行にうつつを抜かしている間に多くの共産党員は死んでしまう。目を醒ませよ。今すぐ日本に帰って来い。



九州各地で避難指示や避難勧告(正午)
7月6日 12時16分  NHK
大雨の影響で、九州各地で避難指示や避難勧告が出されています。

避難指示

避難指示が出されているのは、
福岡県久留米市の全域の13万2959世帯、30万6512人。
福岡県朝倉市の全域の2万1256世帯、5万4412人。
筑前町の6608世帯、1万8131人。
福岡県嘉麻市の嘉穂地区と熊ケ畑地区の合わせて3745世帯、8733人。福岡県うきは市の福富、御幸、妹川、姫治、小塩、山春の6つの校区のうち、土砂災害のおそれがある地域の合わせて1900世帯、5686人。
福岡県添田町の下落合地区や上落合地区などの彦山川の周辺地域の2915世帯、6188人。
福岡県大刀洗町の避難勧告が出されていた床島地区の38世帯104人。

大分県では、日田市の小野地区と大鶴地区、三花地区、夜明地区、光岡校区、桂林校区、咸宜校区、東有田地区、西有田地区の合わせて1万2651世帯、4万33人。
大分県中津市の本耶馬渓地域と、耶馬渓地域、山国地域の3つの地域の合わせて4177世帯、9187人。

熊本県では地震の影響で避難勧告が出されている南阿蘇村立野地区の315世帯754人です。

避難勧告

このほか、避難勧告が次の地域に出されています。

福岡県うきは市の9123世帯、2万4711人。
筑前町の避難指示が出された4つの地区以外の町内の全域、4176世帯、合わせて1万1418人。
小郡市の2513世帯、6293人。
東峰村の全域の800世帯、2204人。
福岡県大刀洗町の617世帯、1888人。

熊本県南小国町の全域の1768世帯、4152人。
産山村の571世帯1408人。
菊池市の山沿いや川沿いの695世帯2186人。
大津町の外牧地区と岩坂区、中島区の合わせて303世帯781人。
合志市の山沿いの145世帯380人。
南阿蘇村の立野地区を除く全域の4228世帯1万209人。
菊陽町の戸次地区の13世帯41人。
宇土市全域の1万4955世帯、3万7431人。
美里町の川沿いと山沿いの地域の2980世帯7372人。
上天草市の大矢野町登立岩谷地区の167世帯363人。
宇城市は河川の近くや山沿いの地域などに住んでいる人たち。

大分県竹田市直入町全域の991世帯2299人。
日田市天瀬町のすべての地区のほか、上津江地区、中津江地区、前津江地区、大山地区の4093世帯1万229人。

佐賀県江北町の上惣地区、宿地区、高砂地区、新宿地区、門前地区、花祭地区、白木地区、岳地区、上区地区、土元地区のおよそ560世帯およそ1500人。
武雄市の武内町の686世帯2444人です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  古本屋通信

 九州の災害のことは昨夜遅く党中央からアメリカの志位らにも連絡が入っている。間違いない。以下は九州の市単位の数万人規模の避難をもろともせずニューヨークの初旅行が嬉しくてはしゃぐ大平喜信君。妻子は如何に?


大平喜信‏認証済みアカウント @tekuteku_diary · 1時間1時間前
またベルソンキューバ大使は「私自身も広島に訪れ、この惨劇を二度と繰り返させてはならないと固く決意し、今度の条約起草にものぞんでいる」とも。その「私自身」の言葉が重ねて胸に響いた。被爆者のサーロー節子さん、藤森俊希さんともごあいさつ。


代表団は初日から精力的に行動。ドゥアルテ元国連軍縮担当上級代表、キューバのベルソン軍縮大使らと懇談。ベルソン大使が語った「この条約の歴史的意義を大いに知らせたい。この2週間そこらの結論などではなく、世界が70年間積み上げてきたものが結実したということ」との言葉に胸がふるえた。


核兵器禁止条約締結にむけ全力を尽くそうと、志位和夫委員長を団長にした党代表団がニューヨークへ到着。核兵器禁止条約の最終案は、まさに国際社会の英知を集めた最良の内容。いよいよ採択を目前にして、その歴史的瞬間の現場に居合わせていることに胸の高鳴りがやまない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今日も暮れゆく異国の丘に、同志よ、つらかろ、せつなかろ、待っててよ、7/9には日本に帰るから、それまで待ってて、死なないで。


 以下はNHKニュースから


人命救助と被害拡大防止に全力 関係閣僚会議で確認
7月6日 10時15分
政府は、九州北部で記録的な豪雨となっていることを受けて、関係閣僚会議を行い、安否不明の人が数多くいるなど、事態は極めて深刻な状況だとして、自治体と緊密に連携しながら、人命救助や被害の拡大防止に全力で取り組む方針を確認しました。

政府は、九州北部で記録的な豪雨となっていることを受けて、午前9時ごろから総理大臣官邸で、ヨーロッパを訪問している安倍総理大臣の臨時代理を務める麻生副総理兼財務大臣や菅官房長官、松本防災担当大臣らが出席して関係閣僚会議を開きました。

この中で麻生副総理は、「7月の1か月間の降雨量が半日に集中した地域もあり、想像を超える異常事態であることは間違いない。河川の氾濫や土砂災害はこれからも発生が予想されるし、数多くの安否不明の方がいて、事態は極めて深刻な状況だ」と述べました。

そして福岡県や大分県、それに市町村と緊密に連携しながら、関係省庁や、警察、消防、自衛隊などが一丸となって、人命救助や被害の拡大防止に全力で取り組む方針を確認しました。

会議のあと松本防災担当大臣は記者団に対し、「天候の回復を待ってヘリコプターを出動させ、被害状況などの情報収集に懸命に取り組みたい。政府としての現地対応のため、防災担当の松本洋平内閣府副大臣をトップとするチームを送る調整を進めているところだ」と述べました。


官房長官「警察・消防・自衛隊は7800人態勢」
7月6日 11時38分
菅官房長官は、午前の記者会見で、記録的な豪雨となっている福岡県や大分県に、6日にも政府調査団を派遣し被害状況の把握などに努めるとともに、必要な物資の供給や自衛隊のさらなる派遣など、状況を見ながら支援にあたる考えを示しました。

この中で、菅官房長官は、「本日未明より、警察・消防・自衛隊7800人の態勢で、福岡県、大分県、被災市町村と緊密に連携し、被災者の救命救助、被害情報の把握に全力で取り組んでいる。天候の状況を見ながらヘリコプター6機程度が飛行し、被災状況を確認しており、全体像はそれなりに掌握してきている段階だ」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は「状況を見ながら、自衛隊においては、さらに5000人規模がいつでも出動できるような情勢になっている」と述べました。また、「孤立していた福岡県東峰村については、自衛隊部隊が村役場に到達し、被害状況の確認や、村内における救出、救助、道路の復旧などの活動にあたっている」と述べました。

さらに、菅官房長官は、被災地への支援物資について、「現地のニーズを踏まえて、さまざまな物資も即刻、届けるような態勢ができており、必要な物資は被災地から要望があれば適切に対応したい。政府としては、できることはすべてやるという方針で取り組んでいる」と述べました。

きょうにも政府調査団派遣
また菅官房長官は、6日にも福岡県と大分県にそれぞれ、内閣府で防災を担当する副大臣や政務官をトップとする政府調査団を派遣し、被害状況の把握と自治体との連携に努める考えを示しました。



総務省消防庁「被害の全容把握困難」
7月6日 12時06分
総務省消防庁は、6日朝から職員を現地に派遣するとともに、自治体の防災ヘリ12機で被害の状況把握に努めていますが、5日夜遅くに被害が拡大したことや道路が寸断されるなどして近づけない現場も多くあることから、行方不明者の数など被害の全容の把握が困難な状況になっているということです。


福岡・大分に大雨特別警報 最大級の警戒を
7月6日 13時49分
活発な前線の影響で、九州北部の各地で記録的な豪雨となっています。気象庁は、福岡県と大分県に引き続き大雨の特別警報を発表して、土砂災害や川の氾濫、浸水に最大級の警戒を呼びかけるとともに、このほかの九州北部の地域でも厳重に警戒し、早めに安全を確保するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、九州北部では、5日から発達した雨雲が次々とかかって記録的な豪雨となり、気象庁は、福岡県の筑後地方や筑豊地方を中心とする地域と大分県の広い範囲に、いずれも大雨の特別警報を発表しています。この時間も九州の広い範囲に発達した雨雲がかかり、福岡県や大分県で雨が降り続いています。

また、午後1時までの1時間には、国土交通省が鹿児島県霧島市に設置した雨量計で31ミリの激しい雨を観測しました。

福岡県朝倉市では、5日の降り始めからの雨量が550ミリを超え、平年の7月1か月分のおよそ1.5倍に達しています。また、長崎県壱岐市では、この24時間に降った雨の量が300ミリを超える大雨となっていて、気象庁は「壱岐市では50年に1度の記録的な大雨になっているところがある」という情報を発表しました。

この豪雨で、福岡県と大分県、佐賀県、長崎県、それに熊本県の各地には土砂災害の危険性が非常に高まり、自治体が避難勧告を出す目安とされている「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

気象庁によりますと、九州北部では、このあとも大気が不安定な状態が続き、局地的に雷を伴って1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

また、7日も九州北部を中心に局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり7日の昼までに降る雨の量はいずれも多いところで福岡県と大分県、熊本県、長崎県で200ミリ、佐賀県で150ミリと予想されています。

すでに記録的な豪雨となっている地域では、今後の雨で、川の氾濫や土砂災害の危険性がさらに高まるおそれがあり、気象庁は、特別警報が発表されている地域では、最大級の警戒を呼びかけるとともに、このほかの九州北部の地域でも厳重に警戒するよう呼びかけています。

周囲の状況を十分に確認したうえで、自治体の情報にしたがって安全な場所に避難したり、外に出ることが危険な場合は建物の2階や崖の反対側に避難したりするなど、早めに安全を確保することが必要です。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

G20 首脳宣言発表し閉幕 結束できなかったこと鮮明に

メモ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170708/k10011050471000.html?utm_int=news_contents_news-main_004
G20 首脳宣言発表し閉幕 結束できなかったこと鮮明に
7月8日 23時51分
K10011050471_1707090006_1707090007_01_03.jpg

ドイツで開かれていたG20サミットは、日本時間の8日夜、首脳宣言を発表して閉幕しました。アメリカが保護主義的な動きを強める中、首脳宣言では、焦点の「貿易」について「保護主義と戦い続ける」という文言を盛り込んだ一方、地球温暖化対策ではアメリカ抜きで進めるという内容となり、G20が結束できなかったことが鮮明になっています。
G20サミットは、日本時間の8日午後11時前、議長国ドイツのメルケル首相が記者会見し、2日間の討議の結果をまとめた首脳宣言を発表して閉幕しました。

焦点となった「貿易」をめぐっては、アメリカが世界的な鉄鋼の過剰生産に対抗するため、輸入を制限する強硬な保護措置を検討していることに対して、各国の懸念や反発が表面化しました。

発表された首脳宣言では、「貿易」について「すべての不公正な貿易慣行を含む保護主義と戦い続ける」と明記して、保護主義には対抗し、自由貿易を推進していく姿勢を示しました。
一方で「合法的な貿易保護手段の役割を認める」という表現も盛り込んでおり、トランプ大統領の主張にも配慮して、ルールに沿っていれば対抗措置なども容認する考えを盛り込んだものと見られます。

また、地球温暖化対策については国際的な枠組み「パリ協定」から脱退するアメリカと、協定を推進するフランスなど多くの国が対立し、首脳宣言では「アメリカを除くG20の首脳はパリ協定は後戻りできないものだと明言する」と、アメリカ抜きで対策を進めるという内容となり、G20が結束できなかったことを鮮明にしました。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

日本とEUのEPA交渉 首脳会談で大枠合意を確認

日本とEUのEPA交渉 首脳会談で大枠合意を確認
何故か、
反対デモ報道がない日本とEUのEPA交渉

不思議

メモ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170706/k10011046881000.html
日本とEUのEPA交渉 首脳会談で大枠合意を確認
7月6日 21時09分

ベルギーを訪れている安倍総理大臣は6日夜、EU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領らとの首脳会談に臨み、4年余りにわたって交渉が続けられてきた日本とEUのEPA=経済連携協定が大枠合意に達したことを確認しました。
ベルギーの首都ブリュッセルを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の6日午後6時すぎから、EU=ヨーロッパ連合の本部で、トゥスク大統領やユンケル委員長との首脳会談に臨みました。

会談で両首脳らは、日本とEUのEPA=経済連携協定の交渉で焦点となっていた、EUが日本の乗用車にかけている関税を7年で撤廃するほか、日本のチーズの関税について、ヨーロッパのソフトチーズに一定の枠を設けて15年かけて撤廃することなどで合意し、交渉が大枠合意に達したことを確認しました。

そして、協定発効に向けた手続きを着実に進めていくことを申し合わせました。2013年4月に始まった日本とEUのEPA交渉は4年余りを経て、一部を除いて大半の分野で終結しました。

日本とEUの国内総生産は合わせて28.4%と世界全体のおよそ3割を占めていて、TPP=環太平洋パートナーシップ協定からアメリカが離脱する中で、日本にとっては最大規模の貿易協定が結ばれることになります。

安倍総理大臣としては、7日、ドイツのハンブルクで開幕するG20サミットで、日本とEUのEPA交渉が大枠合意に達したことも説明したうえで、世界経済の持続的な成長に向けて自由貿易を推進する重要性を訴え、各国の首脳に理解を求めるものと見られます。

一方、EPA協定が発効すれば、国内の畜産業などに一定の影響が出ることが予想されることから、日本政府にとっては今後、これらの分野への支援策をどのように講じていくのかが課題となります。
交渉で焦点となっていた品目の合意内容
EUは、日本から輸出される「乗用車」にかけている10%の関税を協定発効の7年後に撤廃するほか、「自動車部品」は、貿易額ベースで92.1%の品目について協定発効後、関税を即時、撤廃します。

一方、「チーズ」は、日本が現在29.8%の関税をかけているカマンベールやモッツァレラといったいわゆる「ソフトチーズ」を含む最大3万1000トンまでの新たな輸入枠を設けます。そして、この輸入枠の関税は、協定の発効後、年々削減して15年後に撤廃するとしています。
また、この輸入枠を上回るチーズの関税率は現在の水準を維持します。

また、「ワイン」については、日本、EUとも協定の発効後、関税を即時撤廃します。日本の関税は現在、一般的な750ミリリットル入りのボトルにして最大およそ94円の関税をかけています。シャンパンなどの「スパークリングワイン」も、750ミリリットル入りのボトルにして最大およそ137円の関税が即時撤廃されます。

次に、EUから輸入する加工食品などです。

「パスタ」は、協定の発効後10年で関税を撤廃します。
日本は現在1キロあたり30円の関税をかけています。

また、日本が10%の関税をかけている「チョコレート菓子」も10年で関税を撤廃します。

一方、日本が輸出する食品などにEUがかけている関税です。

EUは「しょうゆ」や「緑茶」のほか「日本酒」や「焼酎」などの酒類についての関税を協定発効後、即時撤廃します。
EUは現在、「しょうゆ」に7.7%、「緑茶」に最大3.2%、日本酒には、1リットル当たりおよそ10円、それぞれ関税をかけています。

また、EUが現在8%としている「冷凍ホタテ」の関税は7年後に撤廃します。

続いて日本が肉や、チーズ以外の乳製品にかけている関税などです。

「豚肉」については、日本が価格が安い豚肉にかけている1キロあたり最大482円の関税を、協定発効後、9年をかけて50円まで削減します。また価格が高い豚肉の4.3%の関税率は9年かけて撤廃します。

「牛肉」は、日本がかけている現在の38.5%の関税率を、15年かけて9%まで削減します。「牛肉」と「豚肉」では、輸入量が急増した際に生産者への影響を緩和するため日本が関税率を引き上げることができる「セーフガード」と呼ばれる措置を導入します。これらは、TPP=環太平洋パートナーシップ協定とほぼ同じ内容になっています。

チーズ以外の乳製品は、「脱脂粉乳」や「バター」は、新たに、原料の生乳に換算して最大で1万5000トンまで低い関税で輸入できる枠を設けます。
首相「自由貿易を掲げる強い政治的意志」
安倍総理大臣は記者会見で、「世界のGDP=国内総生産の約3割、人口の約1割をしめる日本とEUによる世界で最大級の規模の自由な先進経済圏が、新たに誕生することになる。あすからG20のハンブルクサミットで世界経済に関する議論が交わされるのに先立ち、保護主義的な動きのなか、日本とEUが自由貿易を高く掲げるとの強い政治的意志を示すことができたことは誇るべき成果であり、世界に対する力強いメッセージでもある」と述べました。
外相「関係者の理解を得られる結果に」
日本とEUのEPA交渉の大枠合意について、岸田外務大臣は訪問先のブリュッセルで記者団に対し、「保護主義的な動きの中で、共同の価値観を共有する日本とEUが世界に向けて前向きで力強いメッセージを送ることができた」と成果を強調しました。

そのうえで岸田大臣は、焦点となっていたチーズで日本が新たな輸入枠を設けることで合意したことについて、「枠の数量は国内消費の動向を考慮し、消費量の伸びの範囲内に抑え、国内の生産拡大と両立できる範囲にとどめることができ、関係者の理解を得られる結果となった」と述べました。

また、岸田大臣は発効に向けた今後の作業について、「これから協定の条文を確定しなければならないし、関係国の言語に翻訳しなければならない。その先に署名があり、それぞれの国会で承認を頂いたうえで締結ということになる。できるだけ作業を早期に実現するために今から努力を始めたい」と述べ、作業を早急に進めていく考えを示しました。
自工会会長「公平な競争環境確保を大いに歓迎」
日本とEUのEPA=経済連携協定が大枠合意に至ったことについて、「日本自動車工業会」の西川廣人会長は「グローバルに事業を展開している日本の自動車産業にとって、自由貿易の拡大は極めて重要な課題であり、世界貿易の3割超を占める日本とEUによる経済連携がもたらす意義は非常に大きい。EU向け自動車や自動車部品の関税撤廃などが合意され、EU市場における公平な競争環境が確保されることを大いに歓迎する。本協定を契機として、世界の自由貿易が一層推進されることを望みます」とするコメントを出しました。
トゥスク大統領 EU懐疑論をけん制
EUのトゥスク大統領は、「この協定が可能になったのは単に互いの貿易上の利益が合致したからだけではなく、何よりも民主主義、人権、そして法の支配といった基本的な価値を共有していたからだ」と述べ、協定が大枠合意に達した意義を強調しました。
また、イギリスのEU離脱に関連して、「EUの外にいたほうが貿易をしやすく、EUにとどまる価値はないという声も聞かれたが、きょうの大枠合意によってその声が正しくないことが証明された。EUはますます国際社会への関与を強めている」と述べ、加盟国の間で広がるEU懐疑論をけん制しました。
ユンケル委員長「インパクトは世界に広がる」
EUの執行機関にあたるヨーロッパ委員会のユンケル委員長は会見で、「私たちはきょう、日本との自由貿易協定の基本的な原則に合意した。この合意のインパクトは世界に広がるものだ。公正で開かれた貿易の未来への宣言だ」と述べ、日本とEUが自由貿易を推進する姿勢を世界に示したと評価しました。
暫定的な発効には2年程度かかるか
日本とEUは、今回、大枠合意した内容に基づいて今後、協定の条文を作成する作業を進めます。そして、日本語や英語のほか、フランス語などEUの公用語に翻訳し、こうした作業が終わった段階で双方が署名し、条文が確定します。

そのうえで日本の国会と、欧州議会の承認が得られれば、協定は暫定的に発効することになり、実際に関税の撤廃や削減などが始まります。

ただ、関係者によりますと、暫定的な発効には、今回の大枠合意から2年程度はかかる見通しだということです。また、外務省幹部によりますと、正式な発効にはEUに加盟しているすべての国の議会の承認が必要なため、期間はさらに長くなる可能性があるということです。
トランプ政権 日米FTAの交渉入り急ぐか
日本とEUがEPAの交渉で大枠合意したことで、アメリカでは農業団体から日本の市場開放を求める声が一層強まると見込まれることから、トランプ政権は、日本との間の2国間のFTA=自由貿易協定の交渉入りを急ぐものと見られます。
アメリカでは、TPP=環太平洋パートナーシップ協定からの離脱を受けて、農業団体を中心に改めて日本の市場開放を求める声が強まっていました。
こうした中、日本とEUがEPAの交渉で大枠合意に達し、特に日本への農作物や酪農製品の輸出では、ヨーロッパが有利になるとして、一段と危機感が高まりそうです。
このためトランプ政権は、日本とのFTAの交渉入りを急ぐものと見られ、農産物の関税の引き下げや自動車市場に存在するとしている非関税障壁の撤廃などを、これまで以上に強く日本に求めてくることが予想されます。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

北朝鮮「ICBM発射は米への贈り物」

北朝鮮「ICBM発射は米への贈り物」
メモ


公明党の山口那津男代表
政権の課題は経済再生だ。そこにひたすらまい進する」

キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長
「アメリカはわれわれからの贈り物を不快に思うだろうが、今後も大小の贈り物を頻繁に贈ろう

アメリカのティラーソン国務長官
「北朝鮮のICBMの発射を強く非難する」

防衛省幹部
日本とアメリカはふだんから情報共有



http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H14_V00C17A7EAF000/
公明代表、憲法改正「政権の課題ではない」
2017/7/5 12:38 (2017/7/5 13:09更新)

 公明党の山口那津男代表は5日の記者会見で、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正について「政権が取り組む課題ではない」と明言した。「政権の課題は経済再生だ。そこにひたすらまい進する」と語り、経済再生を優先すべきだとの考えを示した。山口氏の発言は改憲を優先課題に掲げる首相をけん制したもので、改憲論議や衆院解散戦略に影響を与える可能性がある。

 山口氏は自民党内の改憲案作成に向けた動きに関しては「自民党内の様々な状況認識を含めて見守りたい」と述べるにとどめた。衆参両院の憲法審査会で各党の合意をつくり、国民の十分な理解を得ることが必要だと強調。「与党の枠組みはただちに憲法の議論につながるものではない」との認識を表明した。

 首相は2020年の新憲法施行を目指し、年内の自民党改憲案のとりまとめ、来年通常国会での発議の段取りを描いているとみられる。公明党内には東京都議選での自民党の歴史的な惨敗を受け「局面が変わった。憲法改正を無理に進めたら失敗する」との声が強まっている。



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170705/k10011043581000.html
北朝鮮「ICBM発射は米への贈り物」
7月5日 11時53分
ICBM=大陸間弾道ミサイルの初めての発射実験に4日成功したと発表した北朝鮮は弾頭の大気圏への再突入技術を証明したと主張するとともに、今回の発射はアメリカの独立記念日に合わせた「贈り物」だとして、核・ミサイル開発の放棄には応じない考えを強調しました。
北朝鮮の5日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」はICBM=大陸間弾道ミサイル「火星14型」の初めての発射実験に成功したという4日の発表について、1面から5面にかけて写真とともに大きく伝えています。

この中で、弾頭の大気圏への再突入について「数千度の高温など過酷な条件下でも、弾頭の内部温度は安定して維持された。弾頭の制御装置は正常に作動していかなる破損もなかった」として、再突入技術を証明したと主張しました。

そして、今回のミサイルは「新たに開発した大型の核弾頭の装着が可能だ」としたうえで、「1段目の大出力エンジンと、新型の2段目エンジンの特性を確認した」と伝え、2段式だったとしています。

また、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長がアメリカの独立記念日に合わせて発射したことに言及し、「アメリカはわれわれからの贈り物を不快に思うだろうが、今後も大小の贈り物を頻繁に贈ろう」と述べたということです。

さらにキム委員長は「アメリカの敵視政策と核の脅威が終わらない限り、いかなる場合でも、核と弾道ミサイルは協議のテーブルにのせない」として、核・ミサイル開発の放棄には応じない考えを強調したと伝えています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170705/k10011043301000.html
米政府 北朝鮮が発射はICBMとの認識示す
7月5日 11時02分

北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルの初めての発射実験に成功したと発表したことについて、アメリカ国務省や国防総省は「北朝鮮のICBMの発射を強く非難する」とする声明を相次いで発表し、アメリカ政府としてICBMが発射されたという認識を明らかにしました。
北朝鮮は4日、弾道ミサイル1発を日本海に向かって発射し、「ICBMの発射実験に成功した」と発表しました。

ミサイルは新たに開発した「火星14型」で、高度は2802キロに達し、発射地点から933キロ離れた日本海に落下したとしています。

これについて、アメリカのティラーソン国務長官は4日、声明を発表し、「北朝鮮のICBMの発射を強く非難する」として、ICBMが発射されたという認識を示しました。そして、今回の発射はアメリカや同盟国に対する脅威を新たに高めたと強調し、「国際社会全体の行動が必要だ」として、すべての国に国連安全保障理事会の制裁決議の完全な履行など、圧力の強化を重ねて求めました。

また、アメリカ国防総省のホワイト報道官も声明を出し、北朝鮮によるICBMの発射を強く非難したうえで、「アメリカは北朝鮮の高まる脅威から自国と同盟国を守り、われわれの能力を自由に最大限使う用意がある」として、断固とした対応を取る考えを強調しました。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて、アメリカ太平洋軍は当初、初期段階の分析の結果として、中距離弾道ミサイルだとしていましたが、アメリカ政府の当局者は4日、NHKの取材に対し、このミサイルが2段式のICBMだった可能性があるという見方を明らかにしました。

ただ、実験が成功したのかどうかや、北朝鮮がICBMの技術を獲得したかどうかについては明らかになっておらず、アメリカ軍を中心にさらに分析を続けています。

トランプ大統領は今週のG20サミットにあわせて、日米韓3か国の首脳会談のほか、中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領とも会談し、北朝鮮のICBMの発射について協議すると見られ、今後どのような対応を取るのかが焦点となっています。
防衛省 分析を慎重に進める
アメリカのティラーソン国務長官が北朝鮮が発射した弾道ミサイルがICBM=大陸間弾道ミサイルだったという認識を示したことについて、防衛省幹部はNHKの取材に対し、「ICBMなのかどうかは、防衛省で弾道ミサイルの最大飛しょう距離などの分析を慎重に進めているところだ。日本とアメリカはふだんから情報共有を行っており、引き続き、アメリカや韓国と連携していきたい」と述べました。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

経営は「限界利益」と「固定費」で説明できる

メモ

経営は「限界利益」と「固定費」で説明できる
7月だよなぁ〜と・・
少し興味深かったので販売店エリアマップを検索。

ブロックごとに競合しないように設定してあるのだろうが
末端には・・・なのかもしれない。

http://toyokeizai.net/articles/-/178014
500円ピザ外食チェーンの破産は必然だった
経営は「限界利益」と「固定費」で説明できる

自動車用エアバッグ大手のタカタが6月26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。負債総額は自動車メーカーの立て替えも合わせて約1兆7000億円といわれており、製造業としては戦後最大の経営破綻となりました。

これとは全然規模が違いますが、最近の企業倒産で筆者が着目したのが、4月28日に破産手続き開始が報じられた遠藤商事・Holdings.(以下、遠藤商事)です。

帝国データバンクの記事によると、遠藤商事はピザ店「NAPOLI(ナポリ)」「Napoli’S(ナポリス)」などを全国展開しており、2016年9月時点で直営27店、フランチャイズ47店の計74店舗を運営、年間売上高は25億円余りを計上していました。イタリアのプロサッカーチームに在籍していたという代表者の経歴や、「500円で本格的なピザが食べられる店」という打ち出しが奏功し、メディア露出も多かったようですが、負債総額約13億円を抱えて経営破綻しました。

中には、本業が好調でも資金繰りに失敗して起こる「黒字倒産」というケースもありますが、一般的にいってなぜ会社が潰れるかといえば、「儲かっていない」からです。なぜ儲からないのかという理由については、マーケティング面、人事面、プロモーション面などいろいろな角度から考えられます。

しかし、筆者のように計数面から企業経営をとらえるコンサルタントに言わせれば、理由はたったひとつです。「限界利益で固定費を賄えないから」儲からないのです。

限界利益や固定費といわれても、多くの読者はピンと来ないかもしれませんが、これからの経営を考えるうえで、これら管理会計の知識はますます重要になると思います。「管理会計」などというと難しそうに聞こえますが、その中身は中学生レベルの数学で理解できる程度のものです。
「限界利益」って何?

まず、管理会計を説明するうえで欠かせない、「変動費」「固定費」そして「限界利益」という用語について簡単に説明します。

変動費とは、売上高の増減に合わせて増減する費用のことです。製造業では材料費、卸小売業では仕入れ費などが典型的です。一方固定費とは、売上高の増減に関係なく一定額かかる費用のことです。家賃や設備の減価償却費などが代表的です。

よく、「人件費は固定費だ」という人がいますが、これはやや注意が必要です。正社員の給料は、たとえ会社の売り上げが落ちても払わないといけませんから確かに固定費ですが、たとえば建設業で外注先の作業員に支払う給料は変動費です。建設現場という「売り上げ」が上がって初めて生じる費用だからです。

そして、限界利益とは、売上高から変動費を引いて残った利益のことです。この利益が、黙っていても一定額かかってしまう固定費を賄う原資となります。賄えれば黒字、賄えなければ赤字です。

このように理屈はいたって簡単なのですが、多くの人は“限界”利益というイメージしにくい用語のせいでうまく理解ができません。ですので、筆者はセミナーなどでは、「どうしてもわからなければ“粗利”と言い換えていいですよ」とお伝えしています。

なお、業種別の限界利益率と固定費の平均値は、「TKC経営指標(BAST)」というインターネットサイトで簡単に調べることができます。
「500円ピザ」失敗のメカニズム

遠藤商事のケースに当てはめて考えてみましょう。前述のTKC経営指標の中から「他に分類されない飲食店」という業種項目を見ると、限界利益率は64.8%、平均固定費から計算できる固定費率は61.9%です。これが、飲食店ビジネスを行う上で売上高に占める限界利益と固定費の“相場”と考えることができます。

遠藤商事の年売上高は25億円、店舗数は直営・フランチャイズを合わせて74店だったということですから、1店当たりの売上高は約3400万円です(もちろん直営とフランチャイズで収益計上の基準が違ってくる可能性があるため、あくまで便宜的な計算です)。ここで間違えてはいけないのは、固定費が3400万円×61.9%≒2105万円、とはならないことです。

固定費は売り上げの多寡に関係なくかかる費用ですから、この場合は同業で経営が安定している他企業の数字を当てはめる方が適切です。そこで、外食の代表選手である日本マクドナルドホールディングス(以下マクドナルド)、モスフードサービス(以下モス)、松屋フーズ(以下松屋)の数字を、各社の直近の決算情報から拾ってみます。

マクドナルドの前期年間売上高約2266億円を、前年度末の総店舗数2909店で単純に割ると、1店当たりの売上高はおよそ7800万円となります。これに固定費率61.9%を掛け合わせると、1店当たりの固定費は約4828万円と計算できます。

モスの前期年間売上高約710億円を、総店舗数1741店で割ると、1店当たりの売上高はおよそ4078万円となります。これに固定費率61.9%を掛けると1店当たりの固定費は約2524万円となります。マクドナルドより固定費が低い理由は、総じてマクドナルドより営業時間が短いことや、店舗のほとんどがフランチャイズ店(国内総店舗数に占めるフランチャイズ店の割合は約96%。同社ホームページより筆者計算)で、人件費や営業費などの経費を加盟店に転嫁できることなどが考えられます。ちなみに、マクドナルドのフランチャイズ率は約68%で、遠藤商事(約64%)と近い割合です。

松屋の前期年間売上高約890億円を、総店舗数1080店で割ると、1店当たりの売上高はおよそ8240万円となります。これに固定費率61.9%を掛けると1店当たりの固定費は約5100万円となります。逆にこちらは、店舗のほとんどが直営店(フランチャイズ店は6店のみ)であることから、固定費が高めになっていると想像できます。

以上3社の1店当たり固定費の平均は約4150万円です。直営店とフランチャイズ店の割合が分からなかったので含めませんでしたが、吉野家ホールディングスの決算データで同じ計算をしてみると、1店当たり固定費は約4040万円となりました。これらから、本社経費の配賦分も含めたチェーン飲食店1店当たりの固定費は、4000万円強が“相場”と考えて差し支えなさそうです。
遠藤商事の限界利益は固定費をとても賄えていなかった

一方、変動費は実際の売上高に比例しますから、遠藤商事の1店当たりの限界利益の額は3400万円×64.8%≒2203万円となります。上述の計算でもっとも固定費が低かったモスと比較しても321万円少なく、チェーン飲食店平均の4000万円には遠く及びません。したがって、遠藤商事の1店当たりの限界利益は、固定費をとても賄えない状態でした。

これに対し、例えばマクドナルドの1店当たりの限界利益は7800万円×64.8%≒5054万円です。同社の計算上の固定費4828万円や、平均値の4000万円よりも多い、つまり「限界利益で固定費を賄えている」状態ですので、マクドナルドは黒字になっています。

ちなみに、遠藤商事が損益分岐点に達するには1日何枚のピザを売る必要があったのでしょうか? これも限界利益と固定費を使えば簡単に計算できます。

目玉商品だった「500円ピザ」の1枚当たりの限界利益は、500円×64.8%=324円です。これを売ることで店舗固定費を回収するわけですから、必要な年間販売数は4000万円÷324円≒12万3500枚。これを365日で割ると1店1日339枚の販売が必要だったことがわかります。

ピザハットを運営する日本KFCホールディングスの2017年3月期決算短信によると、ピザハット事業の外部売上高は147億円、店舗数は370店となっています。標準的なピザ1枚の値段を2000円と仮定してみましょう。1店1日当たりの販売数は147億円÷370店÷365日÷2000円で約54枚となります。1日339枚がいかに過大かおわかりいただけると思います。まさに「薄利多売」とはこのことです。
「カール販売終了」を会計的に考える

倒産という話ではありませんが、長く親しまれてきたスナック菓子「カール」が東日本で販売終了になる、というニュースは大きなインパクトがありました。これも管理会計を使えば独自の視点で深掘りできるトピックスです。

報道によれば、カールは最盛期の年間売上高190億円から、現在は60億円程度に売り上げを落としているそうです。前述のTKC経営指標から「その他のパン・菓子製造業」の数値を拾ってみると、固定費率は49.2%、限界利益率は54.3%となっています。

したがって、もし最盛期の生産体制を維持していたと仮定すると、固定費は190億円×49.2%で約93億円、限界利益は60億円×54.3%で約33億円ですから、年間で60億円もの赤字を出していたことになります。実際は売り上げの低迷に合わせてある程度生産体制を縮小していたと考えられますが、今のカールが事業として存続するためには、固定費を売上60億円×49.2%≒30億円程度まで圧縮することが必須です。

これが実現して初めて、33億円の限界利益で黒字化が見込めます。報道によれば、カールは今後愛媛県の工場1カ所で2品種に絞って生産し、西日本だけで販売されるそうです。生産設備や人員構成、輸送体制などを分析した結果、カールの販売を維持できる「固定費30億円体制」はこれしかなかったということなのだと、筆者は考えています。

ずいぶんこまごまとした数字を並べてきましたが、これまでやってきた計算は割り算、掛け算といった四則演算のみです。また資料として取り上げた数字も、インターネットから簡単に引っ張ってこられるものばかりです。このように、一見高度に見える管理会計を使った経営分析も、普通のビジネスマンなら手持ちのスキルを駆使するだけで行うことができます。

数字に苦手意識をお持ちの方は、まずは自社が属する業界の限界利益率、固定費率の“相場”を知ることをお勧めします。本稿で登場したTKC経営指標を使えば簡単に調べることができます。そして、自社の数字をそれと比較し、なぜ数値が良いのか、あるいは悪いのかを考えてみてください。これまで気づかなかった自社の強みや弱点がわかり、思わぬ仕事のヒントが得られるかもしれません。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

塩村文夏=詩織「準強姦」事件

塩村文夏=詩織「準強姦」事件
メモ


http://matinofuruhonya.blog.fc2.com/blog-entry-3008.html
塩村文夏=詩織「準強姦」事件
古本屋通信   No 2652    2017年  07月05日  


    塩村文夏 = 詩織「準強姦」事件  


  「塩村文夏へのヤジ」批判は、詩織「準強姦」事件と同様に、ゲスの戯言である。「塩村」問題のペテン性は、彼女を「詩織」に置き換えることによって、いっそう白日の下に晒されることになった。



 下記の投稿がデボーリンか否か、いまひとつはっきりしない。もしデボーリンならば私はデボーリンをも低脳と見做し、今後はいっさい相手にしない。彼が塩村だけでなく詩織をも擁護していると見做さざるを得ないからである。

 尚、投稿に引用されている元文の全文も読んだ。女性弁護士らしい。こういう視角から問題を論じる自称「人権派」は多い。反論しようとも思はない(一寸だけ赤字で茶々を挿入しておく)。思わないが、塩村に対するヤジを理由にして東京都議会をブラック企業に認定した超ピントは外れの団体があった。女性弁護士はコレと同レヴェルだろう。それだけを指摘しておく。議論は落ち着くところに落ち着くだろう。

 それよりもこれを引用するデボーリンは、いつの間に純正フェミニストになったのか。空いた口が塞がらない。そうか、デボーリンは坂井希が嫌いだけど、池内沙織は好きだったのか。ビックリ仰天である。池内は左翼党派では使えない。同様にデボーリンも左翼ではない。トロツキーが号泣するゾ。上野千鶴子や田中優子の方がまだマシだ。

 投稿の全文を貼り、それに反論はせず、詩織問題を喝破した私の過去記事を再録しておこう。




706 : 革命的名無しさん (ワッチョイ) 
2017/07/05(水) 04:39:21.10 0
https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20170702-00072796/
■ 暗黙の掟破り。セクハラヤジ問題の塩村あやか議員、詩織さん(同じだと認めているんだな)

まず思い浮かぶのは、2014年に「セクハラヤジ(セクハラであろうとなかろうと、議会でのヤジは不規則発言として一定認められている。それともブルジョア議会は神聖ニシテ犯スベカラズなのか)事件」の被害(アホ抜かせ。議会の質問者は其の限りに於いて権力者である。ヤジられて何が被害者か、寝ぼけるな)にあった塩村あやか都議(当時)です。

都議会で少子化、子育て対策を質問した(幼稚以前の他人が書いた原稿の棒読みだった。あれでヤジられないほうがどうかしている。私なら阿呆どころか泥棒とヤジる)ところ、「産めないのか?」などというヤジを受けた、ということで、いまだに都議会は真相究明(××してやろうか、低脳)すらできていません。

この深刻な問題について、塩村都議が真相究明等を求めたところ、強いバッシングにあった(そうか、女は批判したり皮肉ったりしたらバッシングになるのか、保護してやるんだな。それこそ逆差別だろ)のです。

いつもバッシングの手口は似ているのですが、塩村議員の訴えについてどう受け止めるのか(訴求力ゼロの質問をどう受け止めよと言うのか)、ということではなく、論点をそらし、過去の言動(妊娠したと言って男を騙して最高1500万円詐欺した、これは本人が証言したのだから立派な犯罪である。これだけで都議失効であろう)などを掘り起こしてそれを理由に人格批判(議員は公職である。その批判には当然ながら人格批判が含まれてよい。というより人格批判こそなされるべきである。いま安倍政権が批判に晒されているのもまさに閣僚の人格がオカシイからである)のようなバッシングを繰り広げ、問題を覆い隠してしまおう、というやり方です。

それは、塩村議員の行動が掟破り(というより低脳だった)だったからではないでしょうか。都議会では女性に対するセクハラヤジは横行し、男性のヤジ天国だった(証拠は? 状況証拠もないだろう。それよりもトイレでもなかろうに、議会の議員を男女に区切って発想するアンタはホンマに狂った女権論者だね)のに、それまでは明るみに出なかったわけです。

都議会で女性はヤジを受けてもおとなしくしている、という暗黙のルールに風穴を開けてしまった、だからこそ、塩村議員がバッシングをされたのではないかと私は思います(どこまで寝惚けているんだ。シャンとした議員はヤジれてたらキリッとして睨み返して、一言だけ反撃してヤジの主をギャフンと言わせればよい。これは大昔の学生大会でも同じだった。塩村は軽くホントの事を言われたら、涙声になり、実際に涙を拭い、意気消沈した。こんな女にそもそも議員資格はない。テレビ番組で男を同時に数人撫で切った、つまりセックスしたとヴィヴィッドに語った彼女は何処に行った? ポルノ女優こそ相応しい彼女の職業ではないのか? そうではありませんか、民進党広島3区の党員の皆さん?)。

「論点をそらし、過去の言動などを掘り起こしてそれを理由に人格批判のようなバッシングを繰り広げ、問題を覆い隠してしまおう、というやり方です。」

ってまさに古本屋通信がやってたことそのもの(笑)
(あのなあ、デボーリン君、キミの立ち位置からはまさにそのとおりなんだろうけど、キミ、どうして政治の文脈でモノを考えないの? いいかい、政治って、目的のためには手段を選ばない、それが全てではないけど、当然そういう面はあるし、あってよい。塩村文夏がタレント生活を黙って続けていたら、セクハラなんて問題にもならなかっただろう。キミは何所かで議論の角度を取り違えているね)。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


   古本屋通信   No 2603    2017年  06月06日


   詩織 = ゲス・下司・下種・下衆 / 人間のカス

   (現在の拍手数 44個)

 先だって「通信 No 2599 池内さおりと共産党は一寸おかしいのでは?」を書いてる途中、山口敬之だとか、詩織だとかの名前をチラッと見かけた。何のことか分からず遣り過ごした。先ほど久しぶりに世に倦む日日を覗いた。一瞥しただけだが、完全アウトである。もういけません。一瞬にして全てが読めた。世に倦む日日が言ってることは全て商売ショウバイだ。全部反対に受け取ったら正解だろう。世に倦む日日も、本音は逆の筈である。思っていることと正反対を書いている。全文を貼っておく(いったん前半に貼ったが、長すぎるので、私の文を前に貼って、そのあとに付けることにした)。

 古本屋通信
 私はそれでも長ったらしい下記文を最後まで読みとおしたが、読めば読むほど世に倦む日日と正反対の結論に達した。つまり山口敬之という男は完全無罪であり、詩織という女こそ極道の恐喝女である。絶対に間違いないが、あとは双方で争ってくれれば関知しない。少なくとも政治に全く関係のない下ネタである。政治がらみの記事にしては絶対にイケナイ。

 念のために約1時間ネットを見た。出るわ出るわ、私の知らないところでユーチューブが何万回も視聴されていた。それらを見るまでもなく、私の結論は出ている。コレで男が準強姦だったら、そもそもこの世では男女間の正常な性関係は成立し得ない。くどくど書こうとも思わない。そもそもがエンタテ・ネタなのだ。『週刊新潮』が書いたらしいが、『週刊実話』ネタ、スポーツ新聞ネタである。赤旗はもちろんだが、ブル新も産経新聞(この右翼新聞が見事にエロ新聞との両刀使いに変身した)を除いて掲載していない。だから私が見落としていたのだろう。

 上記の記事を読んで 世に倦む日日 に賛同する者はいないだろうが、もし私の読者でいらっしゃるなら、直ちにお引き取り下さい。付き合いきれませんから。

 一言二言。私は刑法の強姦罪については可なり勉強しているが、準強姦罪は知らなかった。これって証拠はあるの? 無いだろう。性交の前に酒飲んで泥酔してたら(女が主張したら)ぜんぶ準強姦になるのでは? そもそもラブホテルでふたりきりの夜に強姦ってあるの? 池内さんに訊きたいもんだね。しかも 2年前のことだ。これが通るなら、女は一生働かないで寝て暮らせるね。3年前のことだろうと、5年前のことだろうと、金が不足したら準強姦で訴えればよいだろう。反吐が出るな。女の性(サガ)を利用した悪徳商売も此処まで来たら見上ゲたもんだ。先日の池内質問も、こういうゲス女に味方する文脈でなされている。いよいよ賛成できない。

 まあ、これでまた安倍政権は安泰だね。悪いことに 詩織という女と民進党の山尾しおりが関係あるという (またいま見たら民進党の国会議員がこの問題で国会質問をしていて、国家公安がら軽くいなされていた。アホか。それとも野党共闘するのか)。似た者どおしだからツルンダのだろう。赤旗が書かなかったのは褒めてあげたいが、先日の性犯罪法(強姦罪)罰則強化の池内さおり質問はよくなかった。猛省を促したい。オシマイ。

 余談だが、この問題で連れ合いの見解を訊いた。新聞広告だけの情報だったが知っていた。「金目的のユスリ・タカリに間違いないんじゃないの」という。女から見てもそうだ。ワシ、こういう問題はこれっきりにしたい。論外だが、そもそも下半身の問題は政治ブログの守備範囲ではない。然し詩織という女は品がないなあ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


被害者女性の勇気ある告発と訴え - 左派マスコミとジェンダー文化人の沈黙   世に倦む日日
山口敬之に準強姦された女性が告発した会見、その勇気に感動させられた。29日夕方の会見から2日経ったが、ネットの中はこの問題一色となって騒然としている。ネットの中の関心だけからすれば、共謀罪の問題も、加計学園の問題も、すっかり脇役に追いやられて、この問題だけが熱を帯びて盛り上がっている。会見翌日の昨日(30日)からは、被害者に対する右翼の猛烈なバッシングが溢れ、数の上では同情や共感の声よりも多くなっている異常事態が出現している。本人が顔と名前を出して告発の席に出た姿にも衝撃を受けたが、右翼のバックラッシュの攻勢の凄まじさにも狼狽させられる。日本人の人格はここまで悪に染まって腐ったのかと驚嘆する。そして同時に、この事件の政治的意味の大きさを直観し確信する。安倍晋三を支持する岩盤右翼にとって、この事件こそが最も危機であり急所なのだ。そのことを、右翼による誹謗中傷と悪罵の洪水が教えている。私は、前川喜平の暴露を聞いても特に心を動かされることはなく、これが安倍政権の支持率を落とす爆弾になると思わず、関心を寄せて言論の輪に入るということがなかった。が、今回の件については、安倍晋三の支持率がどうとか関係なく、強く心を揺さぶられる。真相を糾明したいと思うし、微力ながら援助しなくてはという衝動にかられる。

ネットの中は騒然となっているが、マスコミの方は対照的にこの問題に触れない。この異常にも驚かされる。29日に司法記者クラブで会見が行われた映像では、部屋は集まった記者でぎっしりで、壁にへばりついたり床に座ったりスシ詰めになっている。田中龍作の証言によれば、会見にはマスコミ全社が取材に詰めかけていた。当然だろう。ところが、30日の朝日、毎日、読売、産経の紙面には一行も記事が書かれてないのだ。朝日がどう書くだろうかと、私は注目し期待して朝刊を捲ったが、政治面にも社会面にも何もなく、愕然とさせられた。朝日は前川喜平の告発を1面でスクープして後、安倍政権に対してはかなり批判的な姿勢を固めており、その意味で、女性被害者の勇気ある行動は追い風になるニュースに違いないのだ。実際、次々と噴出する勇気ある告発と、それがもたらす社会の激震と動揺と昂奮と、その危機を乗り切ろうと野獣的に暴れる安倍政権の振る舞いと、それを支持するカルト右翼の狂気と怒濤は、何か目眩を覚えるもので、この世の終わりの空気感というか、終末のクラッシュとカタストロフがそこまで近づいているのではないかという予感を抱かせる。今日(31日)も朝日には記事がなかった。マスコミで報道しているのは、不思議なことに日テレだけである。

この問題は、新潮と日テレが報道し、赤旗と朝日と東京新聞とテレ朝とTBSが沈黙している。どうしてこうなるのだろう。私には理由と事情が分からない。共産党や民進党も声明を出していない。反応を示していない。それはどうしてなのだろう。理解できない。新潮と読売は保守系のマスコミだ。保守系の、安倍晋三を応援するマスコミがこの事件を報道し、安倍晋三に批判的なマスコミが無視を決め込んでいる。気味が悪い光景だ。山口敬之の犯行に確信が持てず、容疑者の人権に配慮するという理由で報道を控えているのだろうか。だとしたら、それは到底納得できない。この件は被害届と告発状 - 弁護士ドットコムの記事では「告訴状」ではなく「告発状」という説明になっている - が昨年4月に警察に出されて受理されている。高輪署が捜査を始め、6月に逮捕状が取られて逮捕寸前の段階になっていた。そこへ警視庁(本庁)から卑劣な干渉が入り、圧力がかけられて逮捕が見送られ、直接捜査した高輪署の刑事が担当任務を外された。政治圧力で捜査が妨害された図である。通常、証拠が万全でなければ警察は逮捕状の請求はしない。証拠不十分だと裁判所が発行を認めないし、公判で負ける心配があるからだ。逆に、逮捕状を取得して逮捕起訴した場合は、日本の司法の場合、99%が裁判で有罪になる。

被疑者を逮捕するということは重い決定だ。沖縄で捕まった添田啓充の例が教えるように、被疑者は厳しく人権を奪われる目に遭う。証拠が確実に揃ってないと警察は被疑者を逮捕拘束できない。今回の事件で、被害者は病院で診察を受けていて、監視カメラの映像も上がっている。つまり、証拠が押さえられている。4月3日に事件が起き、4月30日に告発状が受理され、6月8日に逮捕すべく刑事が空港に趣いたというスケジュールを見ると、警察は、告発状受理後はかなり迅速に捜査した様子が窺える。当初は、相手が山口敬之という大物であったため、高輪署は被害届を撤回するよう被害者を説得していた。が、ホテルの防犯カメラに山口敬之が被害者を抱えて引き摺る映像があり、それが警察を動かして捜査始動となった。そして、間を置かず逮捕に踏み切る決定に至っている。被害者の証言に矛盾や混乱がなく、確保された物証が完璧だったからだ。それがこの事件の与件である。準強姦の犯行が間違いなく、そして、警視庁の捜査中止と東京地検の不起訴処分の決定が、不当な政治圧力による司法妨害の結果であることは疑いない。であるならば、マスコミは書くべきで、疑惑を追及するべきで、誰が介入して妨害したのかを明らかにすべきだろう。安倍政権の中枢に及ぶのなら、とんでもないスキャンダルだ。

すでに新潮の取材によって、逮捕中止を指示したのが当時の警視庁刑事部長だった中村格であることが判明していて、中村格もその事実を堂々と認めている。中村格は第二次安倍内閣で菅義偉の秘書官を務めていた男で、「官房長官の片腕」と呼ばれていた。また、新潮の取材を受けた山口敬之が内閣情報調査室の北村滋と連絡をとり、対応を相談した事実も明らかになっている。レイプが警察沙汰になったことは、山口敬之から内閣中枢に報告され、揉み消しと善後策が検討されていたのだ。菅義偉が絡み、安倍晋三が絡んでいたことは間違いない。それと、マスコミ報道とネットの議論では指摘されてないが、6月8日に刑事が空港に逮捕に向かう前に、電話であれ何であれ、高輪署は何らかの形で5月中に山口敬之に任意聴取しているはずだ。被害者の証言と証拠だけで、これほどの大物被疑者をいきなり逮捕はないだろう。山口敬之も警察からの事情聴取を受け、逮捕が迫っていることを察知したから、官邸(内調)に相談し、そこから官邸が警視庁に介入して捜査状況を探り、タイミングを図って中村格の指揮権発動となったのに違いない。これは、安倍政権による重大な人権侵害の事件である。だから、レイプされた女性の勇気ある告発は、単に山口敬之に対する個人的な弾劾というだけでなく、安倍政権の暴政に対する渾身の挑戦でもあった。

だから感動が大きいのだ。心と体に深い傷を受けた一人の女性が、さらに傷つくことを顧みず、勇敢に巨悪に立ち向かったから、われわれは心を揺さぶられるのである。彼女が会見で言った「この国の言論の自由とはなんでしょうか?」という言葉は、マスコミだけに突きつけられているのではない。ブログという手段で言論する者、ツイッターという手段で言論する者、どんなに小さな言論であっても、市民社会で言論する一人一人に突きつけられた重い言葉だ。私は、事件について新潮の情報がネットで拡散していたのを見て、事件のあらましは知っていた。だが、名前と顔を出して訴える気魄を目にするまでは、それほど強い関心を向けることはなく、安倍政権の悪のリストにまた一つ追加事項くらいに思っていた。この問題はこの国の人権と正義とジェンダーの問題だ。そこで言いたいことがある。この国でジェンダーと言えば、左方面で活躍する何人かの顔が思い浮かぶ。上野千鶴子のツイッターを見てみよう。この事件について何も意見や感想を述べていない。呆れる。香山リカのツイッターを見てみよう。28日夜から本日(31日)までの間に30個ほどの書き込みがあるが、この事件についての発言はない。私や鹿砦社に対する揶揄と愚弄が書かれている。最低だ。池田香代子のツイッターを見てみよう。何も書いてない。関心がないのだろうか。東京新聞と赤旗新聞の沈黙に合わせているのだろうか。
頑張って言論しているのは江川紹子だけだ。どうしてこうなるのか、私には理解できない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    もうひとつ再録。


    古本屋通信   No 2612    2017年  06月13日

  
      誤文を読む

   (現在の拍手数 31個)   


 私は誤った文という意味で使われる「誤文」という単語があるのかどうか知らないが、一寸辞書を見た限りでは見つからなかった。「誤文」いう表現だったかどうだったか、高校生のころ英語の問題に 「次の文の誤りを訂正せよ」という出題があった。われわれはこれを「誤文訂正問題」だとか「正誤問題」と呼んでいた。しかしそれは1センテンスの問題だった。長文の「誤文訂正」など出来る訳がないのだ。それは訂正不可能だからだ。

 下の長文は前回に続いて世に倦む日日の誤文だが、私は世に倦む日日の文を「商売文だから全て正反対に読めばよい」と書いた。今回も同じである。私は世に倦む日日が今回も書いている 「山口敬之と詩織の問題」そのものについては興味がない。だから繰り返さない。にも拘らずここに再び取り上げた理由は二つある。① 私が池内沙織の国会質問中の「詩織」の名前を見落としていたこと。私は赤旗記事を引用しておりながら自分では見落としていた。池内国会質問はまさに世に倦む日日と同じ認識でなされていたのだ。② 世に倦む日日の文は誤文そのものだが、こういう盗人ぬっすと文に引っ掛って金を払う人間がいるのか。摩訶不思議である。私は詐欺性を指摘しようなどツユ程も思わない。認識力がメゲていなければ引っ掛る可能性はない。

 ここでちょっと違うが、同じ詐欺文の範疇に入る筆者を3人記しておく。一人は石崎徹の政治関連文。コレは二度三度と丁寧に批判した。あと箸にも棒にも掛からない文を書く大学教授がもう2人いた。一人は岩間一雄という元岡大教授。もう一人は或る近代文学の教授である。私は以上合計4人の文が世間で流通している理由が分らない。このことに興味が尽きない。しかしそれは長くなるから今日ここでは書かない。とりあえず世に倦む日日の文と、その下に先日の池内質問を取り上げた赤旗記事を再録しておく。どうか両文を味読してください。あなたの初歩的な認識力・批判力が試されているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世に倦む日日 2017-06-12 23:30
山口敬之はレイプ常習犯だったのではないか - 週刊新潮の記事を読み直す
週刊新潮の5月18日号を入手して読んでみた。山口敬之のレイプ事件の記事が掲載されている。分量は4ページ。内容についてはすでにネットで十分に拡散されており、誰もが周知のところだが、この記事が事件を最初に告発した一次ソースであり、全文を掲載しているサイトが確認できなかったので現物を取り寄せて手元に置くことにした。発売から1か月経っているが、あらためて読んで価値があると感じる。事件当日の経過が整理され、警察に相談に行ってから不起訴になるまでの時系列が簡潔に描述されている。今のところ、この新潮の報道から深掘りして真相解明を試みたジャーナリズムは出ていない。被害者が会見で顔を出した後、ネットで散見したものの中では気づかず、新潮の記事で見つけた情報が一つあった。被害者女性がこう言っている。「ベッドの上に彼のノートパソコンが開かれたままだったのも覚えているし、直感的に撮られているんだと思ったのも事実です」(P.24)。これは、レイプ翌朝の午前5時、被害者の意識が戻ったときの状況の証言だ。どうやら、卑劣にもノートパソコンのカメラで犯行を撮影していたらしい。この事件では、犯人の常習性を推察できる材料が幾つかある。一つは「デートレイプドラッグ」を使用した疑惑だ。女性は二軒目の鮨屋のトイレで意識を失っている。

もう一つは、これも話題になったが、被害者女性の下着を持ち帰ろうとした異常趣味の事実である。新潮の記事に、被害者が証言したそのときの山口敬之の発言が載っている。「山口:下着だけでもお土産で持って帰っていいかな。いつもは強気なのに困った時は子供みたいで可愛いね」(P.24)。重大な犯罪をした犯人が、それを咎める被害者を前にして発した狂気の言葉だ。気味が悪い話だが、初犯の人間の口からこういう言葉が出るとは思えない。場数を踏んでいて、何度も同じことをして泣き寝入りさせる経験と自信を積み、「お土産」の取得に成功を収めてきた犯人でなければ発せられない言葉だと思われる。おそらく、レイプの成果たる下着はコレクションしていたに違いなく、警察が家宅捜索すれば、収蔵物件が発見押収されていただろう。さらにもう一つ、レイプが計画的だったことを裏づける事実として、被害者を誘った夜の翌日に米国に戻る予定になっていて、帰米前夜の犯行だったことがある。「7時にチェックアウトしてワシントンに向かうので、シャワーを浴びたら薬局でピルを買いましょう」(P.24)などと言っている。つまり、そのまま米国に遁走すれば、被害者に追いかけられたり、問い詰められるリスクが減り、事件化を避けられると目算を立てていて、用意周到に犯行に及んでいる。

「薬局でピルを買いましょう」と厚顔に言いのけた点も見逃せない。これはアフターピル(事後避妊薬)のことだが、日経ウーマンの記事によれば、その認知度は高くなく、女性の3人に1人しか知らないとある。男の山口敬之がこういう知識があり、しかも被害者を傷つける犯行に及んだ後に、事務的な口調で平然と切り出せるのは、やはり何度も同じ悪事を繰り返していて、プロセスとシューティングに慣れているからではないのか。つまり、常習犯の手口の一部なのだ。山口敬之はこのようにして、華やかな職業と業界の魅力を餌にして、就職の動機で接近してくる若い女性を毒牙にかけていたのだろう。おそらく、同じようなことは、「慣行」や「役得」としてマスコミや広告代理店の世界にあり、山口敬之以外にも「趣味」にして愉しんでいる犯罪者がいると思われる。新潮の記事を読むと、2015年の4月3日に事件が起き、4月23日の段階で山口敬之はワシントン支局長を解任されている。4月9日に原宿署に相談に行き、たらい回しにされて4月11日に高輪署で刑事と面会、「よくある話なので難しい」と言われて追い返されそうになるが、めげずに粘って、4月15日にホテルの監視カメラ映像の確認まで辿り着く。そこから刑事の態度が変わり、タクシーの運転手やホテルのベルボーイの証言が揃い、4月30日の被害届提出に至る。

映画かドラマのような展開となった。通常であれば、「よくある話なので(捜査は)難しい」と言われた段階で、女性は泣き寝入りするのだろうし、それが山口敬之の経験上の成功法則だったのだろう。被害者の真剣で気骨のある訴えが刑事を動かしたか、その刑事の横で助手を務めた女性警官がいたのかもしれない。あるいは、あまり質(たち)のいい想像ではないが、被害者女性の親族や家系がそれなりのステイタスの境遇で、刑事が事件化切り捨てと門前払いを即断するのに躊躇する何かがあったのかもしれない。ただ、今回の顔出し会見の勇気もそうだが、被害者本人の一歩も退かない気魄には何か神々しい底力が感得され、その威力が担当者を圧倒して事件化へと後押ししたことは十分に考えられる。彼女の姿勢には、事件と自己との関係の認識において、後ろめたさとか動機のやましさについての羞恥の要素のようなものが微塵もない。毅然としていて、率直で堂々として、一点の曇りもない自分に自信を持っている。この点は、山口敬之の思惑違いであり、敢えて言えば、犯行の標的を選ぶ上で人格を識別する眼がなかったということだろう。いずれにせよ、被害者が顔と名前を出して会見に臨み、ありのままを証言する勇気を見せたため、この事件は単なる週刊誌の醜聞で終わらず、また安倍叩きの政治ネタの一つに止まらず、国民的な関心事になった。

国民的な関心事になったわりには、事件についての議論が低調で、ジェンダー文化人の中で精力的に論陣を張っているのは江川紹子と< a href="http://bit.ly/2rloFAI" target="_blank">北原みのりに限られている。本来なら、真相糾明を求めるジェンダー文化人が集合して会見を開き、それをテレビのニュースにして放送する場面があってよかった。性犯罪を厳罰化する刑法改正案が国会に上程されて報道されており、ちょうどタイミングが一致したのだから、機を逃さず指弾する動きを起こすべきだった。6月8日(木)のプライムニュースを偶々見ていたら、河野太郎と江田憲司が顔を並べて山口敬之の問題を論議する場面があった。何を言うかと思ったら、河野太郎が延々と山口敬之の擁護論を展開し始め、検察が十分に検討した上で不起訴の結論を下したのだと言い、司法が判断を下した問題に国会が口を出すことはできないと弁護する。江田憲司もこれに同調し、民進党も本会議の質問で少し触れたが、これ以上司法の領域に踏み込むつもりはないと言い切った。テレビの前で呆れてしまった。政治(官邸権力)の不当な介入によって司法の判断がねじ曲げられたから、これを正すために政治が動かなくてはならないのではないか。現場の刑事は逮捕状を取っていた。検察も逮捕を必要と認め、裁判所も請求を認めていた。それが、逮捕直前に警視庁刑事部長の横槍で突然中止にされたのである。

あり得ないことで、まさに政治の問題ではないか。国民が望んでいるのは、蓮舫が自ら乗り出して捜査妨害の不当性を糾弾し、警察庁組織犯罪対策部長に出世している中村格を国会に呼び出して追及することだろう。山口二郎の話では、何でも、民主党政権時代に官房長官秘書官だった中村格に世話になったことがあり、不都合な汚い事件を処理してもらった恩義があるため、中村格に手を出せないのだと言う。ふざけた話だ。野党にも呆れるが、マスコミもマスコミで、河野太郎を出して山口敬之の無実潔白を強弁させるフジのプライムニュースは論外として、どうして他の局 - 例えばテレ朝 - は山口敬之を直撃しないのだろう。最初に捜査を担当した高輪署の刑事を取材しないのだろう。刑事の取材は無理でも、証言したシェラトン都ホテルのベルボーイや、タクシーの運転手から事情を聴くことはできる。週刊新潮ですらやっているのに、どうしてテレビがそれをできないのか分からない。プライムニュースの放送は、終盤国会の与野党政局談議の小ネタとしてレイプ事件を取り上げたもので、この事件はもう終わりということを視聴者に印象づける工作的意図が窺えるものだった。もしあの場に、福島瑞穂や森裕子が座っていたら、議論は全く違ったものになったと思われる。結局、野党(民進・共産)が真面目に追及しないため、小池百合子がこの問題を都議選に利用することになった。
選挙で訴えるセールスポイントがない小池百合子としては、格好の材料を見つけた形だろう。
by yoniumuhibi | 2017-06-12 23:30 | Comments(2)


  2017年6月3日(土)   赤旗
  性犯罪厳罰化の刑法改正案
 根絶へ強化求める 池内氏質問
 衆院審議入り
 (写真)質問する池内さおり議員=2日、衆院本会議
 性犯罪の厳罰化を図る刑法改正案が2日、衆院本会議で審議入りしました。日本共産党の池内さおり議員が質問に立ち、性暴力被害をなくすための、さらなる法改正や取り組み強化を求めました。

 「魂の殺人」と言われる性犯罪の被害者数は推計年間16万人にのぼるのに、被害届が出されるのは数%、有罪となる加害者は500人にとどまります。

 池内氏は、性的暴行を受けたが不起訴とされたのは不服として、検察審査会に審査を申し立てたジャーナリストの詩織さんが「レイプの被害にあったことで、性犯罪の被害者を取り巻く法的・社会的状況が、被害者にとってどれほど不利に働くものか痛感した」と述べていると指摘。「大多数の加害者が野放しにされている現実をどう認識するのか」とただしました。金田勝年法相は「一般論として、検察当局は法と証拠に基づいて適正に対処している」と述べるにとどまりました。

 また、池内氏は、現行刑法が110年前、家父長制のもとで女性が無能力者とされていた時代に制定され、強姦(ごうかん)罪の保護法益は「性的秩序の維持」「貞操」にあるとされていたと指摘。戦後、保護法益は「性的自由」とする解釈に変更されたものの、「同じ条文で異なる保護法益を実現することは不可能だ」と批判しました。

 池内氏は、国連が「女性に対する暴力」を定義し、「性に基づく一切の暴力」を根絶する姿勢を明確にしたことなどをあげ、「今回の改正にあたり、保護法益を『性的自由』にとどめず、『心身の完全性』『人間の尊厳、人格そのものを脅かす性的暴行からの保護』と抜本的に改めるべきだ」と主張。「性暴力の根絶は、社会の意識変革なしにはあり得ない」として、ジェンダー教育の抜本強化などを求めました。


  古本屋通信

 以下は今回の書き下ろし文である。

 こりゃあ池内は完全アウトだナ。池内質問を許した党国会議員団と常任幹部会もアウトだ。たぶんシマッタと思ったから、赤旗は池内質問の全文を掲載せず、訳の分らん赤旗記事でお茶を濁したんだろう。そしてその後は完全スルーを貫いた。後で池内にはお叱りがあっただろう。しかしいくら若いと云ってもこれじゃあ議員は無理だね。マイノリティをやるなとは云わないが、流行に乗ってやるのはまずい。セクハラもだ。党として理論的解明を十分にしたうえで控え目にやるべきだ。池内は軽率だ。たぶん吉良も駄目だろう。坂井希や大山奈々子なら十分やれるのだが。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

「栄光の経世会」ついに第3派閥に転落

「栄光の経世会」ついに第3派閥に転落
メモ


http://www.sankei.com/politics/news/170704/plt1707040072-n1.html
「栄光の経世会」ついに第3派閥に転落 「恩讐を超え、石破茂前地方創生担当相と連携すべきだ」との声も
 竹下登元首相が旗揚げした自民党「経世会」の流れをくむ額賀派(平成研究会、55人)は4日、結成30周年の節目を迎え、記念懇親会を都内で開いた。他派閥の再編が活発化する中、額賀派は取り残され、麻生太郎副総理兼財務相が会長を務める新派閥「志公会」の誕生で党内第3派閥に転落した。数の力を背景に政権運営などで絶大な影響力を誇示した全盛期の復活の見通しは厳しい。(田中一世)

 会長就任9年目となる額賀福志郎元財務相は、懇談会で「安倍晋三政権を支えていく」と表明した上で、額賀派の未来像についてこう語った。

 「30周年を契機として戦う集団に変貌し、日本の政治に責任を持つことができるよう環境整備をしたい」

 決意を新たにしたつもりのようだが、「戦う集団」への具体策は最後まで聞かれず、派閥全盛期の時代を知る“先輩”からは厳しい声が上がった。

 前会長の津島雄二元厚相は「安倍1強といわれるが、(額賀派として)なぜ意見を言わないのか」と叱咤(しった)し、党幹事長や官房長官として辣腕(らつわん)を振るった野中広務氏も存在感の薄さに懸念を示したという。


 昭和62年7月4日に設立した「経世会」は、最大派閥として竹下氏や橋本龍太郎氏、小渕恵三氏の3首相を輩出した。他派閥出身者が首相となっても、金丸信元副総理や青木幹雄元官房長官らが党役員人事や国会運営に影響力を発揮した。

 ところが、「反経世会」の急先鋒(せんぽう)だった小泉純一郎氏が首相に就任した平成13年に暗転する。道路公団民営化、郵政民営化を打ち出す小泉氏から「抵抗勢力」とみなされ、19年には第2派閥に転落した。

 第2次安倍内閣発足後も額賀氏は存在感を発揮できず、麻生氏や二階俊博幹事長ら他派閥の領袖(りょうしゅう)とは対照的だ。「ポスト安倍」を見据えた派閥再編の動きも広がる中、額賀派幹部は「うちだけ取り残された」とこぼす。

 「額賀会長体制」への不満から、額賀氏が会長を退き、竹下元首相の弟の竹下亘国対委員長が継ぐ「竹下派」復活論が強まっている。そうなれば、複数の無所属議員が竹下派に加入するとの皮算用もある。

 派閥の存在感を高めるため、「茂木敏充政調会長や加藤勝信1億総活躍担当相を総裁候補に担ぐべきだ」「派閥脱退をめぐる恩讐(おんしゅう)を超え、総裁候補の石破茂前地方創生担当相と連携すべきだ」との声もくすぶる。額賀派の参院議員は岸田派の参院議員と頻繁に懇談会を開くなど独自の動きも見せている。

 額賀氏らは8日、竹下元首相の故郷、島根県雲南市を訪ねて墓参する。墓参を提案した額賀氏としては原点回帰の心境だろうが、そこで派閥再興の妙案を語ることができるか。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明

小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明
これから何が起こるのか・・・・・・

メモです

http://www.sankei.com/politics/news/170703/plt1707030060-n1.html
小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明 「知事に専念」「二元代表制への懸念」
plt1707030060-p2.jpg

都議選での大勝から一夜明け、記者の質問に笑顔で答える小池百合子都知事=3日午前、東京・西新宿

 東京都の小池百合子知事は都議選の投開票から一夜明けた3日、「二元代表制への懸念があることを想定し、知事に専念する」と述べ、同日付で自身が率いる地域政党「都民ファーストの会」代表を退くことを明らかにした。知事特別秘書の野田数幹事長が後任の代表に就任する。

 報道陣の取材に応じた小池氏は、都民の躍進について「古い議会を新しくとの期待を受けて第一党に上り詰めることができた」と述べた。一方、小池氏が都民の代表を務めることに対しては、自民党などから「二元代表制が崩れ、一元にしてしまう」といった批判が出ていた。

 また、噂される国政進出は否定しつつ、「国政でいろいろな動きが出てくると思うが、国民ファーストをベースに考える方が増えれば国民にとってはいいことではないか」と話した。

 自民や民進を離党するなど、異なるバックグラウンドを持つ候補が都民公認で当選したことについては、「さまざまな政党が瓦解(がかい)する理由はワンボイスではなかったことだ」と過去の政党の失敗を分析。

 その上で「議論は重ねる。しかし最後、(意見を)集約したらワンボイスに組織として従っていく」とした。党としての議論の過程を可能な範囲で透明化する考えも示した。


http://agora-web.jp/archives/2026974.html
おときたを応援した僕が小池都知事をきらいになった理由
2017年07月03日 06:00

長坂 尚登

愛知県豊橋市議の長坂です。

昨日は7月2日(日)、都議会議員選挙の投票日。
今、ぼくはおときた駿の投開票結果を見守る会場にいると思います。

おときた駿の選挙を少しお手伝いさせていただきましたが、今回、最も残念だったことは、小池百合子知事が、一度もおときたの応援のために、北区を訪れなかったことです。

2afffdbd-s.jpg


それだけならまだしも、選挙を争っている公明党の北区候補に、2回も応援に入りました。

昨年の夏、おときた駿を含めた3人の都議が、自民党に反して都知事選に立候補した小池知事を、応援することを真っ先に表明しました。

昨夏の選挙で小池都知事で応援し、当選した小池都知事の初登庁を迎えた「わずか」3人の都議会議員として、
あるいは小池さんが「ファースト・ペンギン」と称した3人の都議として、幾度もニュースなどで取り上げられたため、言われれば、心当たりがある人もいるかと存じます。

8cf8608a.jpg

おときた都議ブログより http://otokitashun.com/blog/togikai/12196/

そして実際、ネット越しに見るおときたは、昨夏の都知事選にかなりの心骨を費やしている様子でした。

一方昨夏、公明党は小池さんではない候補を推薦し、応援をしており、小池さんと敵対していました。

にも関わらず、都民ファーストの会代表になりながら、「公認」のおときた駿の応援には来ず、「公認」より支持レベルが低い「推薦」である相手候補の応援に2度も入るというのは、ボランティアをしている身として気持ちいいものでありません。

更に、スケジュールを立てる面からも。
もし来るとしたら、もろもろの準備が発生するのですが、「来るか来ないか」のご連絡もなし。

ですからもちろん、北区には来ながら、おときたの応援には来ず、なぜ対立候補の応援に行くのか
というお話聞くこともなし。



メディアで報じられる情勢を見れば、「小池派」を増やすためには、手堅そうなおときたよりも、当落を争っている候補に行くのは、合理性の面から理解はできます。

しかし、おときた陣営のボランティアは、ほとんどがおときたが都議になる4年以上前の、学生時代や新社会人時代のつながりで来ています。(スポット演説に来ていた市議区議方々については、初対面の方ばかりでしたのでわかりませんが)

「小池都知事」や「都民ファーストの会」を応援したいより、「おときた駿」を応援したいから集まっています。
「小池都知事」も「都民ファースト」も後からですから。

政策とは別に、選挙はかなり「義理人情」に重きがあります。
そのよしあしはさておき、実態としてはそうです。
有志のボランティアで集まっていた人たちも、まずは、おときたが好きだからでしょう。

おときただけでなく「ファーストペンギン」の3人いずれもに、小池さんは応援演説に入らなかったようです。

応援演説に入らなかったこと以上に、一本の連絡もない。
都民ファーストの会代表として、これからの組織運営・党内政治には、きっと苦労されるであろうなぁ、と感じました。

もちろん、長坂個人としての好き嫌いとは別に、これからの東京都の政策については、豊橋市でも参考にできることはないか、しっかりと吟味、学ばせてもらいたいと思っています。


ぼくは「都民ファーストの会」の人間でなく、1ボランティアとしての感じたことですので、
現在、組織に身を置き、幹事長を務めるおときた自身が、どう思っているのはわかりません。

というわけで、投開票を見守る会の会場には、多くのメディアが中継に入るそうですが、テレビ東京での中継で池上さんには是非、

「小池都知事が応援に来ませんでしが、どう思いますか?」

と、おときた駿への「池上無双」を期待したいところでした。




http://www.sankei.com/west/news/170703/wst1707030060-n1.html

2017.7.3 16:31更新

創価学会の会館で発煙 400人屋外へ避難 京都

wst1707030060-p1.jpg

発煙のあった創価学会京都国際文化会館から避難した人たち=3日午後、京都市

 3日午後1時55分ごろ、京都市中京区八町目の創価学会京都国際文化会館から「建物内で煙が漂っている」と119番があった。地下2階のポンプ室から煙が出て、約400人が屋外へ避難した。けが人はなかった。

 市消防局によると、煙は約30平方メートルの室内に充満し、約15分後に自然に収まった。ポンプ室には空調や給水を管理する機器が設置され、普段は人の出入りはないという。

 創価学会担当者によると、当時、最上階の3階で婦人部の集会が開かれており、約380人が出席していた。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

都議選結果

都議選 投票率51.27%

期日前投票者数も135万5163人と前回(89万7410人)の約1.5倍

公明、都民ファーストの選挙協力

都議選 初めての18歳選挙権

無党派層の投票行動は、あったのか
なかったのか

結果をみると
都民ファーストの一人勝ち
公明、共産、維新の健闘

メモです

http://www.nhk.or.jp/shutoken2/senkyo/xml/ka/jyo0000008193.html
03日00時20分更新
NHK選挙情報 2017東京都議選 各党議席
定員127/残り0 (今回/選挙前)
自民 :23/57
公明 :23/22
共産 :19/17
民進 : 5/ 7
都民 :49/ 6
ネット: 1/ 3
維新 : 1/ 1
社民 : 0/ 0
無(都): 6/ 9
無・他: 0/ 4


https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20170702-00072773/
小池氏大勝 歴史的な東京都議選の「勝者」と「敗者」を振り返る
米重克洋 | 報道研究者/JX通信社 代表取締役
7/2(日) 20:00


勝者と敗者、悲喜交交の都議選(写真:アフロ)

小池氏率いる都民ファーストの会が大勝する結果となった東京都議選。都民ファーストと公明党は合計で過半数を上回る議席を確保し、小池都政の基盤は盤石となった。この戦いの真の「勝者」そして「敗者」は誰なのか― 注目すべき7人を振り返ってみたい。

(関連記事:「一強多弱」が崩壊?小池氏圧勝 データで見る政権交代の方程式)
1. 勝者:小池百合子 東京都知事・都民ファーストの会代表

普通、首長は何年もかけてじっくりと議会に飼いならされ「オール与党体制」という名の檻に閉じ込められる。檻を出ようとした首長は、予算や条例案を質草に絡め取られ、再選出馬断念に追い込まれたり、身内だった与党から対抗馬をぶつけられることすらある。しかし、小池知事は就任わずか10ヶ月で、自らの名の下に結集した多数与党を形成することに成功した。有権者にとってそれがベストだったかどうかはさておき、都議選を知事選と地続きの「信任投票」に仕立てた実力は並大抵のものではない。今後、知事がその政治力を維持できるかどうかは、大勢の「小池チルドレン」を擁する都民ファーストの会に掛かっている。学級崩壊状態で既成政党に食い荒らされた名古屋の減税日本のようにならないよう学習効果を発揮できるかどうか、「河村流スタンドプレー」ではなく、「小池流チームプレー」が試されている。
2. 勝者:音喜多駿 都議

ほとんどの人が知らないか、忘れていることを指摘したい。つい1年前まで彼は「次がない」都議の筆頭格だと思われていたのだ。都議会では事実上彼を狙い撃ちにした定数削減が行われ、北区選挙区は4人区から3人区に。結果「自公共」で仲良く指定席を占めるものと思われていたからだ。しかし、ファーストペンギンは勝運を掴んだ。今や彼は、都政史上最も政治的基盤の強い知事のもとで、与党会派の幹事長を務めている。尤も、選挙後も同じ立場であり続けるかはわからないし、彼自身も、国政政党になるかもしれない都民ファーストの会の中で「次のステップ」を意識し始めるかもしれない。今後大きな課題になる市場問題で知事が打ち出した「アウフヘーベン」は、豊洲市場への移転を一貫して主張してきた音喜多氏の考えと100%相容れるものではないだろう。1年生議員が多い都民ファースト会派の中で「チームプレー」をまとめるリーダー的存在であり続けられるかどうかが今後の勝負の鍵だろうか。
3. 敗者:都議会自民党

彼らは集団だから、正確には1人ではなく大勢だ。しかし言うまでもなく、彼らこそ最大の敗者である。もし自民党が何かの拍子に都議会公明党を「翻意」させても、自公では過半数には届かない。これでは公明側にはついていくメリットがない。更に、自公で過半数に届かないだけでなく、単独で1/3にすら届いていないことも重要なポイントだ。つまり、地方自治法が定めるところの「特別多数議決」を単独では阻止できなくなるのだ。例えば、もし小池知事が豊洲市場の民営化を決断した時、その議案は特別多数議決の対象となる。一方で、都民ファーストの会と公明党の合計でも2/3に届くわけではないので「まず、2/3をとらせないこと」という懐かしの岡田民進党の名キャッチコピーが、今度は都議会自民党のものとなる日が来るかもしれない。
4. 敗者:菅義偉 官房長官

彼が一生懸命応援した地方選はなぜか負ける。知事選だけでも、佐賀、滋賀、沖縄、東京と4連敗だ。そして今度の都議選も酷い結果に終わった。今まで彼は「危機管理はできても地方選挙は微妙」と言われていたが、最近はその危機管理すら怪しい。それでも、小池知事に融和的とも取れる言動を繰り返す安倍首相とは対照的に、菅氏からは敵意漲る発言が続く。来年までに行われる総選挙で、自民が議席を減らせば、首相の悲願である憲法改正のハードルは上がる。その穴を埋める位置にもし小池知事と都民ファーストの会がいれば、菅氏は握手できるだろうか。
5. 敗者:下村博文 自民党都連会長

週刊文春が報じた加計学園「闇献金200万円」疑惑の釈明会見は、却って疑惑を深めたのではないか。なぜ加計学園と関係のないパーティー券収入を加計学園の秘書室長が持参したのか不思議なだけでなく、会見での発言をよく聞くと、加計学園に献金を斡旋してもらったという説明ととれる。言うまでもなく、パーティー券購入の斡旋は違法だ。疑惑を否定する言葉だけは歯切れが良いが、釈明自体は詳細に立ち入るほどますます疑念を深めるものとなった。下村氏は、自分が何を喋っているのか、果たして理解しているのだろうか。会見前半でリークの犯人として元秘書の平慶翔氏を事実上名指ししながら、後半の質疑応答では「特定していない」と発言するなど迷走ぶりも目につく。その態度とは裏腹に、分の悪い争いに見える。この調子では、今後も追及が続きそうだ。
6. 敗者:蓮舫 民進党代表

もし昨年、蓮舫氏が党代表選ではなく都知事選に出ていたら、と考えることがある。当時、民進・蓮舫氏と自民・桜井氏ないしは増田氏の戦いであれば、蓮舫氏が自民支持層にも一定程度食い込んで勝利していた― そんな可能性を示唆する数字もあった。だから彼女が当時、違う選択をしていれば、小池氏は立候補すら見送ったかもしれない。そして、民進党やその中での彼女の立場も、違ったものになっていただろう。今、小池氏が「ポスト安倍」の1人として名を挙げられる立場にあることを考えれば、実は蓮舫氏が欲しかったものを小池氏が手に入れているとも言える。逆に蓮舫氏は、衆院鞍替えも危ぶまれる世論の強い逆風に直面している。そういえば「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?」というタイトルの本を書いた方もいた。当たっているかもしれない。
7. 敗者:松井一郎 大阪府知事・日本維新の会代表

松井氏は10ヶ月掛けて、東京での維新支持層の多くを都民ファーストに献上した。昨年の都知事選時点の世論調査では、維新支持層は小池支持が多数だったが、その後維新支持層の絶対数が減るにつれ、徐々に小池不支持層が多数を占めるようになった。不自然なほど安倍政権に甘く、小池知事に厳しい松井氏の姿勢は、東京の維新支持層の多くには奇異に映ったに違いない。維新の「グレーター東京」構想は大阪都構想に着想を得た統治機構改革構想だが、実は都民ファーストの会でも尾島紘平氏などが以前からほぼ同様の政策を打ち出している。松井氏ですら「東京大改革を否定しない」などと曖昧な言い方に終始したことからすれば、小異を捨て大同につく判断ができなかったことへの認識があるのではないか。こうしたことからして、維新が東京で足場を殆ど失ったのは「埋没」したからではない。間違ったタイミングで、間違った相手に、間違った方法でファイティングポーズをとったために完敗したのだ。官邸を頼った大阪の陳情行政と「統治機構改革」のどちらが党にとって大事な目標なのか、総括すべきだろう。改憲をやりたい安倍政権にとって、国会での維新の議席は重要だ。松井氏は、自身やその仲間たちの「政治的価値」を安く見すぎて、大事なものを喪ったのではないか。
ここ半年間の都内世論調査結果と分析

第7回:都議選中盤情勢 都民ファーストが第1党の勢い維持=JX通信社 東京都内世論調査第7回 詳報(6月26日公開)

第6回番外編:東京新聞読者の安倍政権支持率は「5%」、対する産経新聞読者では「86%」― 都内世論調査番外編(6月20日公開)

第6回:小池知事支持率は51.2%で下げ止まり、都民ファーストは支持拡大=JX通信社 東京都内世論調査第6回(6月19日公開)

第5回:小池知事支持率52.6%、前月比8.8ポイント減=JX通信社 東京都内世論調査第5回 詳報(5月29日公開)

第4回:小池知事支持率61.4%、前月比1.3ポイント減=JX通信社 東京都内世論調査第4回(4月24日公開)

第3回までの分析:都議選前に「豊洲移転」決断?それでも小池旋風が強い3つの理由(3月31日公開)

第3回:豊洲新市場へ「移転すべき」37%、反対上回る(3月26日公開)

第2回:小池知事支持率は微減の65%(3月8日公開)

第1回:迫る東京都議選 1番手に「都民ファーストの会」(1月25日公開)





https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170703/k00/00m/010/156000c
都議選
投票率51.27% 7.77ポイント上昇

毎日新聞2017年7月2日 23時35分(最終更新 7月3日 00時38分)

 2日の東京都議選の投票率は51.27%で、過去2番目に低かった前回(2013年)の43.50%から7.77ポイント上昇した。旧民主党が政権交代前に都議会第1党に躍進した前々回(09年)の54.49%には及ばなかったが、有権者の関心の高まりを反映した結果になった。

 都選挙管理委員会によると、期日前投票者数も135万5163人と前回(89万7410人)の約1.5倍となった。確定投票率は男性51.02%、女性51.52%だった。

 昨年8月の小池百合子知事就任以降、市場移転や東京五輪・パラリンピックなど都政を巡る報道が続いたことに加え、小池氏が地域政党「都民ファーストの会」を設立し、都議会自民党との対決姿勢を明確にしたことで都政に注目が集まったとみられる。さらに、学校法人「加計学園」問題や稲田朋美防衛相の問題発言が無党派層の政治への関心を高めたことも投票率アップの一因になったとみられる。

 過去の都議選では、旧民主が大敗し自民に政権が戻った後の13年など、国政で自民が安定している時は投票率が下がる傾向がある。一方、旧民主が躍進した09年は無党派層にも投票行動が広がり、反自民の「風」が吹いた。【関谷俊介】


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)

マスゴミの偏向報道

撮影・・・・・
マスゴミの偏向報道だろうね〜

メモです。


wmVIOIM.jpg


http://hosyusokuhou.jp/archives/48796110.html
安倍総理にヤジを飛ばしてたのはやはり少数のプロ市民活動家 マスゴミは忖度して偏向報道
2017年07月01日23:48
一部掲載



マスメディアの風刺画とあわせてみた
wmVIOIM.jpg


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
前のページ 次のページ