国会戦術>民進党を他の野党幹部が批判「どうしたいの?」

国会戦術>民進党を他の野党幹部が批判「どうしたいの?」
メモです。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170614-00000095-jnn-pol
野党4党、内閣不信任決議案を提出

TBS系(JNN) 6/14(水) 22:11配信
 国会では14日夜、金田法務大臣への問責決議案の採決が行われ、自民、公明などの反対多数で否決されました。

 さらに、与党側は“共謀罪”の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案について委員会採決を省略して「中間報告」を求めることを議題とする動議を提出し、可決されました。

 これに対抗し、民進党など野党4党は、内閣不信任決議案を提出しました。14日夜、衆議院の本会議で採決される見通しです。(14日21:37)

最終更新:6/14(水) 22:11

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000079-mai-pol
国会戦術>民進党を他の野党幹部が批判「どうしたいの?」

6/14(水) 20:23配信
 組織犯罪処罰法改正案の採決を巡り、閣僚問責決議案などのカードを早々と切り、与党に審議打ち切りの「大義名分」を与える形になった野党第1党・民進党の国会戦術に、他の野党幹部からは「がっかりだ。どうしたいのか分からない」と批判の声も上がった。


 民進党は13日、山本幸三地方創生担当相への問責決議案を単独で提出。さらに「自民党に『共謀罪』法案を採決しそうな雰囲気がある」と、金田勝年法相の問責決議案提出も主導した。野党にカードを早めに切らせようと駆け引きしていた与党は「これ以上審議は要らない、という野党の意思表明だ」と、中間報告や採決の正当性を強調した。

 「共謀罪」法案では、安倍晋三首相も出席する参院予算委員会の集中審議を与党が「約束」し、民進党などは参院の審議入りをあっさり認めたが、国会会期は残りわずかで、集中審議の実現も風前のともしび。社民党幹部は「衆院で採決が強行されたのだから、もっと抵抗すべきだった」と嘆いた。【真野敏幸】

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<【テロ等準備罪】国会前で数千人が反対訴えデモ!!金さん(28)も参加 | ホーム | 素敵な・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4387-d7cb7483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)