8日審議再開

メモ

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060700198&g=pol
参院、法務委員長解任案を否決=「共謀罪」、8日審議再開
0170607at24_p.jpg

参院本会議で解任決議案が反対多数で否決され、一礼する秋野公造法務委員長(中央)=7日午前、国会内

 参院は7日午前の本会議で、民進党が提出した秋野公造法務委員長(公明)の解任決議案を与党と日本維新の会などの反対多数で否決した。これを受け、参院法務委員会の与野党筆頭理事は国会内で協議し、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、8日の審議再開で合意した。
 民進党は、法務省刑事局長の政府参考人としての常時出席を、与野党の合意がないまま強引に採決で認めたなどとして、解任決議案を提出。これを受け、6日の法務委の審議は行われなかった。
 自民、公明両党は7日の幹事長・国対委員長会談で、重要法案と位置付ける「共謀罪」法案と刑法改正案を18日までの会期内に成立させる方針を確認。会期延長は議題に上らなかったという。この後、自民党の竹下亘国対委員長は記者団に、内閣不信任決議案や金田勝年法相問責決議案の提出に備える考えを示した上で、「会期末までに重要法案を上げる努力をする」と語った。
 一方、民進党は午後に執行役員会を開き、内閣不信任決議案の提出を視野に終盤国会対応を協議した。笠浩史国対委員長代理は記者会見で、不信任案提出について「しっかり状況を見極めながら最終的な決断をしていく」と説明した。(2017/06/07-13:34)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<キンピーサイト・コメントへのコメント | ホーム | 組織犯罪処罰法改正案の審議>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4375-976c9f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)