【なぜ抗議しないのか】

メモ
何か、あるのだろうと・・・・思ったり



【なぜ抗議しないのか】
From 上島嘉郎@ジャーナリスト(『正論』元編集長)


5月25日付の産経新聞(東京朝刊)の次の記事を読んだとき、思わず「またか」とつぶやいてしまいました。

〈韓国紙の東亜日報(電子版)は23日、自民党の石破茂前地方創生担当相が慰安婦問題をめぐる平成27年の日韓合意に関し「(韓国で)納得を得るまで(日本は)謝罪するしかない」と述べたとするインタビュー記事を掲載した。

記事は、石破氏が日韓合意に反する発言をしたと受け取られかねないが、石破氏は24日、産経新聞の取材に「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定した。ただ、抗議はしない意向という。

日韓合意は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的解決」と、両政府が国際社会での批判や非難を控えることを確認した。日本政府は合意に基づき元慰安婦を支援する財団に10億円を拠出したが、韓国では合意見直しを訴えた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が誕生した。〉

なぜ石破氏は記事の内容を否定しながら、「間違ったことを書いてくれるな」と抗議しないのでしょう。おかしなことです。
私が「またか」とつぶやいたのは、石破氏には同様のことが以前にもあったからです。

平成20年(2008年)に遡ります。中国共産党系のメディア『世界新聞報』(1月29日号)に、当時現職の防衛大臣だった石破氏はこう語りました。
〈第二次大戦の時に日本の戦争指導者たちは、何も知らない国民を戦線に駆り出し、間違った戦争をした。だから私は靖国神社に参拝しない。あの戦争は間違いだ。多くの国民は被害者だ〉
〈日本には南京大虐殺を否定する人がいる。三十万人も殺されていないから南京大虐殺そのものが存在しないという。何人が死んだかと大虐殺があったかは別問題だ〉
〈日本には慰安婦についていろいろな見解があるが、日本軍が関与していたことは間違いない〉
〈日本人が大東亜共栄圏の建設を主張したことは、侵略戦争に対する一種の詭弁だ〉
〈日本は中国に謝罪するべきだ〉

これは石破氏の発言の重要部分です。これに対し「石破防衛大臣の国賊行為を叱る」と題して厳しく批判したのが故渡部昇一先生でした(『WiLL』(平成26年6月号)。

石破氏は、渡部先生の批判に対し、〈翻訳というバイアスのかかった記事中の発言の一部分を切り取って「こんなことを言っている」と批判するのは、論壇誌としてフェアだと思いません〉(『正論』平成20年9月号「防衛大臣としての真意を語ろう」と反論しましたが、
〈私の話を中国語に訳した上で日本語に訳された文章を読み返して、全て事実その通りかと言えば、決してそうではない。(略)ならば事実と反する部分を、なぜ抗議しないのかとも責められていますが、そこも正直、一々抗議していたら、どんなに時間があっても足りません。またお叱りを受けるかもしれませんが、今回は抗議するほどのことではなかった、そう判断しています〉(同)と述べています。

果たして現職の防衛大臣が中国メディアにこう語って「問題なし」と言えるでしょうか。また抗議の必要はないのでしょうか。

石破氏はかつて田母神俊雄氏が航空幕僚長を事実上“更迭”される引き金となった論文発表に関し、「国益を踏まえ」「立場を自覚し、自分の発言が何をもたらすかについての想像力を働かせなくてはならないのに、それが決定的に欠如している」と田母神氏を批判しました。これはそのまま自身に向けられるべき言葉でしょう。

『正論』での石破氏の反論を踏まえ、渡部先生は概略こう再批判されました。私が直接伺った話です。
「私は、石破氏が『正論』で語った話をふくめ、氏の歴史認識の誤り、歴史観そのものの歪みに危惧を抱いています。

中国のメディアはすべて共産党の影響下にあります。石破氏は中国のプロパガンダに利用される可能性を予想しなかったのか。フェアな報道がなされるかどうかの警戒感もなかったとしたら、それこそ防衛大臣としての資質が問われるものではないでしょうか。

石破氏は、〈私はこの国を誇りに思い、御皇室を崇敬しており、常に、その立場から発言したつもりです。祖国を貶める意図は微塵もない〉(『正論』)と答えましたが、中国共産党の一党独裁体制について〈中国を治めることが、どれほど大変か、もっと日本人は考えるべき〉(同)で、〈共産党一党独裁も、人民解放軍が国民のものではなく党のものであるという考え方も、我々とは大きく異なっているが、そうでもしなければあの国を統治することは困難なのではないか〉(同)と中国の立場を過剰に斟酌します。

そもそも国の名誉と利益を擁護すべき大臣が、なぜ中国に対しそこまでするのか。一方、祖国に対してはあまりに事情を汲むところがないのではないかというのが疑問なのです。

石破氏に日本を貶める意図はないとしても、不当な非難に抗して日本の名誉を守る意欲が感じられません。日本国の大臣である以上、中立という立場はあり得ないということがわかっていない。石破氏は歴史学者や評論家ではないはずです。」

石破氏は将来の総理大臣候補の一人であると見なされていますが、相応しいかどうかの判断材料の一つがここにあります。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<【GEPR】気候変動枠組条約の「枠組」を見直すとき | ホーム | マル彦さんがヘンなこと言ってる>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4368-ee9cd57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)