【共謀罪】人々の危機感薄く 国会周辺スカスカ、わずか2年で隔世の感

地方都市でも、デモをするかなぁ〜と期待しながら・・・・・。
イベントには、人が多く行っているようだけどなぁ〜。

撮影できたら、事実のみをブログ記事にするのだけど
チャンスがないです(笑)

メモです。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051900932&g=pol
「廃案まで闘う」=強行採決に憤り-国会前・共謀罪
0170519at80_p.jpg

国会前で「共謀罪」反対を訴える人たち=19日午後、東京・永田町

 組織犯罪処罰法改正案が衆院法務委員会で可決された19日午後、「一般人が捜査対象になるのでは」との疑念が残る中での強行採決に、国会前に集まった人々は、「廃案にするまで闘うぞ」と憤りの声を上げた。

【図解】「テロ等準備罪」対象犯罪の内訳

 午後1時すぎ、法案が可決されたことが伝えられると、集まった数百人は「絶対に認めない」「市民監視の法律いらない」と叫び、国会に向け拳を突き上げるなどした。
 夜には「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらによって設立された「未来のための公共」などが大規模集会を開催。参加者は膨れ上がり、主催者発表によると、9000人に。「自由を守れ」とシュプレヒコールした。(2017/05/19-21:36)

http://tanakaryusaku.jp/2017/05/00015825
【共謀罪】人々の危機感薄く 国会周辺スカスカ、わずか2年で隔世の感 
2017年5月15日 23:24
17267d3c21aead5054a03c531190de51.jpg

「御用提灯」登場。飲み屋で安倍首相の悪口を言っていたら、警察が飛んで来る日が間もなく来るのだろうか。=15日、衆院会館前 撮影:取材班=


 共謀罪の強行採決を翌々日に控えた15日夜、国会議事堂を背にした議員会館前―

 「言論潰しの共謀罪反対」「憲法違反の共謀罪反対」・・・よく通る女性コーラーの声だけが響いていた。

 共謀罪反対集会が開かれたが、気勢はいっこうに上がっていなかった。静かな集会の参加者は、500人くらいだろうか。

 特定秘密保護法(2013年)、安保法制(2015年)の反対運動と比べると、参加者の数も熱気も100分の1だ。

 2013年と2015年を振り返ろう―

 強行採決が予想される週は連日連夜、数万人の人々が国会議事堂前、議員会館前に押し寄せ、「知る権利を奪うな」「戦争法反対」などと、声をあげた。

 人々の叫びは地響きとなって国会議事堂を揺さぶっていた。

 あれから2年しか経っていないのに、この静けさは何なのだろう。隔世の感がある。共謀罪が17日、衆院法務委員会で、18日、衆院本会議で強行採決される見通しだ。

c1245b2c9c6e0283918ad18dc9b69715.jpg

集会は しんみりした 雰囲気が垂れ込めていた。=15日、衆院会館前 撮影:取材班=

 犯行を行っていないのに逮捕される。近代刑法のコペルニクス的転回となる一大事なのである。電話はもとよりメールやラインも監視対象となる。権力者に不都合な勢力は一網打尽だ。

 共謀罪は「特定秘密保護法」や「安保法制」以上に恐ろしい法律なのである。

 にもかかわらず、人々の危機感は薄い。政府が人々に危機感を抱かせないように持っていった、と言った方がいいだろう。

「テロ等準備罪」のネーミングである。マスコミを利用した刷り込みが抜群の効を奏したようだ。

 衆院法務委員会の理事会で決まっているのは16日の参考人質疑までだ。にもかかわらず、新聞・テレビは「17日に委員会採決、18日に本会議採決」と伝える。

 明らかにリークである。アベ鮨友に象徴される記者クラブメディアが、治安維持法の再来に手を貸す。

    ~終わり~

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<ブルジョア議会の悪臭(悪習) | ホーム | 喧噪演出の民進党 採決直前もピント外れな発言連発>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4342-24686c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)