党は岡山県中央メーデーからも

雑用が多いと思いつつ・・・・(笑)

メモです。


党は岡山県中央メーデーからも
古本屋通信   No 2553    2017年  05月10日


   党は岡山県中央メーデーからも浮いていた?

 直前エントリーで垣内京美さんのツイートを引用したついでに、彼女のユーチューブを検索したら5月1日の岡山県中央メーデーでの挨拶が跳び込んできた。私は参加しなかったが、連れ合いらしき女が写っており夫婦で鑑賞した。この集会はもちろん連合系ではなく全労連主体だが、参加者は例年になく少なかったようだ。連れ合いに依ると、主催者発表で400人だったというが、冒頭の京美さん挨拶時には100人位だった。デモは300人はいただろう。

 視聴して直ぐに気が付いたが、京美さんの野党共闘の重要性の挨拶は完全に浮いていた。つまり働く者の祭典=生活者の生活と権利の擁護とは何の関係もない空絵事に映った。それはマア当然なのだが、一つ感動したことがあったので、それをどうしても書き留めておきたくてエントリーを立てた。それはメーデー会場の中央大看板に以下の文字が躍っていた事である。

 働くものの団結で生活と権利を守り 平和と民主主義 中立の日本をめざそう  岡山県中央メーデー

 感動したなあ、モウ。これは完全に民主的階級的労働組合による日本共産党中央批判ではないか。中立の日本など久しく聞いたことがなかったナ。コレ安保廃棄の謂いに他ならない。まあ奴隷の言葉だが、明確な党批判である。ドッコイ階級的メーデーは生きていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

  追加

 垣内挨拶の要旨など書く必要はなかろうが、党准中央委員だから職務に忠実に喋ったわけだ。べつに非難しないが、そもそもこういう場で垣内が受容される訳がないのだ。というのは相も変わらず分裂メーデーである。連合との統一集会など反吐が出るから、全労連だけでやればよい。だが民進党の系列ナショナルセンターは連合である。垣内がいくら野党共闘を声高に叫んでも、この場に民進党岡山県連や其の国会議員が挨拶に来ることはあり得ない。また連合岡山のウジ虫(ごめんね、中核派さん)が連帯の挨拶に来ることもあり得ない。かりにやってきたら、全労連執行部は彼らを叩きだすだろう。そもそも労戦での統一などあり得ないのだ。ならば垣内書記長が唱える野党共闘など、党中央が頭の中で描いた空絵事ということになる。階級的労働組合にとって「アホ、何をぬかすか」という以外ではない。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ついでに東京の代々木公園の中央メーデーの大看板は以下である。これに比べると岡山は極力政治的スローガンを排した普遍的なスローガンだったと思う。私としては「戦争法廃止」の有無が決定的な違いだったと思う。然し何時から「安保廃棄」が消えたのかは興味がある。

 戦争法廃止! 許すな共謀罪 憲法改悪を許さない
 全国中央メーデー
 全国最賃1000円以上 壊すな「8時間労働」
 被災者の生活を支える復興


尚、ネット上には以下があった。

2017年5月1日(月) 開場/9:00 開会/10:00 パレード/12:30
代々木公園
・小田急線「代々木八幡駅」下車
・東京メトロ「代々木公園駅」下車
・JR「原宿駅」下車

働くものの団結で生活と権利を守り、
平和と民主主義、中立の日本をめざそう

メインスローガン(案)
戦争法廃止!許すな共謀罪!憲法改悪を許さない!
市民と野党の共闘で安倍「暴走」政治STOP!

なくせ貧困と格差 大幅賃上げ・底上げで景気回復、地域活性化
いますぐどこでも最賃1000円に 全国一律最賃制の実現
安倍「働き方改革」反対 なくせ過労死 8時間働いて暮らせる賃金を

年金・医療・介護など社会保障制度の拡充 消費税10%増税の中止
被災者の生活と生業を支える復興 原発の再稼働反対、原発ゼロの日本

南スーダンからの自衛隊即時撤退 特定秘密保護法の廃止
安倍「教育再生」反対 辺野古新基地建設反対 オスプレイ全国配備・訓練反対
核兵器全面禁止条約の実現

 原発再稼働反対

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  後記

 この稿を書きあげてから連れ合いに 「おいアンタ、メーデー会場で京美さんの挨拶は浮いていたか?」 と訊いてみた。その答えはだいたい以下のようだった。

 「うんにゃ、浮いとりゃせなんだ。あんたも一回会場に行ってみんさい。垣内さんの挨拶に限らず、壇上で喋る人の話なんか誰も聞いとりゃせん。みんな久しぶりに知り合いに会うんで、雑談が愉しみで行くんじゃ。私も坪井さんや二、三人と話をした。ちょうど赤旗まつりみたいなもんじゃ。むつかしい話はお呼びじゃない。垣内さんかて、誰も聞いていないと知ってて、形式的に挨拶したんじゃ。それを浮いているとかケチを付けるんがアンタらしいけど、嫌われるぞ」

 私は何も反論しなかったが、まあ世の中、連れ合いのような感想が一般的だろう。要は「野党共闘」も「志位訪米」も共産党中央のやることだから、大きく道を踏み外すことはないだろう、いちいちイチャモンを付けてたら疲れるワ、という事だ。これで戦前の戦争への途は歯止めが懸からなかったのだが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ついでに書いておくが、先ほど石村智子の衆院比例候補時代のムービーが、かなり残っていたので視聴した。傑作もかなりあった。真面目な顔をして中国5県を演説して廻る彼女はけっこうベッピンだった。各地の党組織のオエライサンが神妙な顔をして石村を立てる風景に思わず苦笑した。あるムービーで彼女は26回大会を受けて講演していた。コレが傑作だった。情勢報告で彼女は「いま自共対決時代の幕開けは始まったばかりです。この流れは今までも底流としてはありましたが、本格的な流れとしては今大会の規定が初めてです。もうこの流れは決して止まらないでしょう。自公政権と対決できる真の革新政党は日本共産党だけなのです」。

 その少し前のムービーは民主党政権時代のもので、民主党政権の誕生に手を貸した共産党の責任にいっさい触れることなく、まあ激しい言葉で民主党政権を攻撃しているワ、しているワ。感動シマシタ。

 あのね、これ中国ブロック事務所(武田英夫所長)の制作なんだ。賞味期限切れだからネット上から消すのが常識なんだけど、武田君は過去の自分の活動だから消せないんだワ。ホントに恥晒しなことです。石村ムービーそのものが 27回大会決定のデタラメを撃つ証拠物件なのヨ。それを真面目に聞く党員たちの間抜け顔のなんと微笑ましいことか。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<民進党を存亡の危機に導いた人格攻撃中毒・依存症 | ホーム | 準備をはじめよう>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4322-156650aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)