ヘイトスピーチ「差別的言動」の具体例 法務省が提示

ヘイトスピーチ「差別的言動」の具体例 法務省が提示
「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示
「町から出て行け」
「〇〇人は殺せ」

なんか、某在日朝鮮人が発言していたキーワードが・・・・
記憶違いだろうか(笑)

法務省は、差別的言動の具体例をHPに公開するべきだろう

メモです。


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H53_U7A200C1CR8000/
ヘイトスピーチ「差別的言動」の具体例 法務省が提示

2017/2/4 20:02


 法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を要望があった23都道府県の約70自治体に提示したことが4日、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

 対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、大阪市、神戸市、福岡県など13自治体が判断基準や具体例を示すよう要望。憲法が保障する表現の自由を尊重する観点から、集会やデモでの公共施設使用を不許可とする判断は難しく、対応に苦慮する自治体のニーズに法務省が応えた形だ。

 法務省人権擁護局は「ヘイトスピーチは新しい人権問題。具体例を参考に実情を踏まえた対策を取ってほしい」とし、13自治体以外にも要望を受けて提供している。

 具体例では「〇〇人は殺せ」といった脅迫的言動や、ゴキブリなどの昆虫や動物に例える著しい侮辱、「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした。

 さらに「〇〇人は日本を敵視している」などのように、差別的な主張の根拠を示す文言があったとしても、排斥の意図が明確であれば該当すると明示した。

 ヘイトスピーチを事前に規制する施策の策定を目指す川崎市の担当者は「参考にしたい」と話す。全国初の抑止条例がある大阪市の担当者も「具体例が積み重なれば抑止しやすくなる」とした。〔共同〕

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<千代田区長選 | ホーム | ペンタゴンに妨害されているトランプ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4235-aa00628f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)