原発の反対運動

原発に挙がる声はどうして自動車には挙がらない?
原子力は環境・安全性を含めると火力よりはるかに安い

反対運動が組織的に行われるのはどうしてだろう(笑)
メモです。


http://agora-web.jp/archives/2023067.html
原発に挙がる声はどうして自動車には挙がらない? --- 天野 信夫
2016年12月07日 11:30

ゲストブロガー
VOA_Herman_-_2011-04-16_anti-nuclear_protests_in_Tokyo

毎年数千人が死亡する交通事故に反対論は起きず、事故で1人も死んでない原発に反対運動が盛り上がる不思議(Wikipediaより;編集部。一部プライバシーに配慮して画像加工)

2015年の日本の交通事故死者数は4,117人、交通事故負傷者数は666,023人でした。交通事故死者数が一番多かったのは1970年で、16,765人が死んでいます。

親兄弟子どもが事故死したことによる残された家族の悲しみの総数、そして交通事故の加害者になってしまった苦悩の総数をも含めれば、被害は相当大きなものになります。つまり日本では、毎年100万人以上の交通事故による甚大な被害がもう数十年間も続いている、ということになります。

それでも「車絶対反対!」と言って自動車メーカーに車の製造中止を求める声は挙がりません。代わりに、運転者はより安全運転を心がけ、メーカーはより安全な車を作ろうと研究し、国はより安全な交通インフラの構築や法律の制定に努力します。それでも依然被害は100万人以上ですが、そうした様々な努力の結果、日本の交通事故死者数は大幅に減少しました。

車にできることなら原発にもできるでしょう。交通事故は今すぐ血が出ますが、原発事故による放射能の人体への被害は少し遅れて出てきます。車と違って放射能は目に見えませんから確かに不気味です。ですが、今のところ被爆を直接的な死因とする死者は福島で一人も出ていません。まだ一人も死なない原発には1万年に1回の地震の可能性が問いただされますが、毎年数千人が確実に死ぬ車には何のお咎めもありません。

放射能は正体がよく分からない、年数が経ってから影響が出てくる、ただ一度の事故だけで漁業農業海山など被害が広範囲で長期にわたる、避難が大変、そういうこともあるでしょう。それでも車は日本だけで毎年死者数千人、被害総数100万人以上で、その毎年の被害がもう数十年間続いているのです。やはり合点がいきません。原発に挙がる声はどうして車には挙がらないのでしょう。

安全な原発を遅滞なく再稼働できれば、代替の火力発電にかかっていた費用を年間で数兆円節約できるそうです。そのお金を、福島の人たちも含め、今困っている人に回せます。1万年に1回の地震を今心配しても仕方ないのではないでしょうか。だいいち、100年もすれば間違いなく原発よりも安全で安価なエネルギー確保の技術が開発されているでしょう。1,000年もすれば全ての原発は既に廃炉になっているでしょう。それともこれは文明論の問題なのでしょうか。

私は読売新聞に洗脳されている可能性があります。定期購読しているのが朝日新聞なら、こんなふうには考えなかったかもしれません。でもやっぱり疑問です。

天野 信夫 無職(元中学教師)



http://agora-web.jp/archives/2023160-2.html
原子力は環境・安全性を含めると火力よりはるかに安い
2016年12月11日 14:49

池田 信夫

キャプチャ東電の賠償・廃炉費用は21.5兆円にのぼり、経産省は崖っぷちに追い詰められた。世耕経産相は記者会見で「東電は債務超過ではない」と言ったが、来年3月までに債務の処理方法を決めないと、純資産2兆3000億円の東電は債務超過になる。

それは自明の問題として、長期的には原発に存在価値はあるだろうか。2015年の長期エネルギー需給見通し小委員会の試算では、図のように原子力の発電単価は10.1円/kWhで、石炭火力の12.9円やLNG火力の13.4円より安い。このうち「事故リスク対応費用」は0.3円だが、ここでは福島事故の処理費用を12.2兆円と想定している。これが今度21.5兆円になったことで0.3円ぐらい増えるので10.4円程度で、原発の優位性は変わらない。

ところが大島堅一氏は、独自の想定で原子力の発電単価を13.1円/kWhと計算している。その最大の違いは「発電コスト」(図の運転維持費と資本費)を8.5円に嵩上げし、「事故コスト」2.9円を独自に加算していることだ。経産省の「事故リスク対応費用」が0.6円程度なのに、大島氏は福島事故のサンクコストをそのまま今後のコストに上乗せして「10年に1基で福島と同じ事故が起こる」と想定している。

問題は過去の「実績」ではなく、これから苛酷事故が起こる確率だ。過去50年間に世界で起こった苛酷事故は3件だけなので、政府は4000炉年に1度と想定している。これでもかなり悲観的で、IAEAの標準では10万炉年に1度だ。確率の計算に絶対はないが、福島と同じ規模の事故が10年に1度起こるという想定は、専門家の計算にはありえない。

それより重要なのは、不確実性の大きい社会的費用だ。原子力の場合は賠償費用という形で表面化するが、化石燃料のコストはわかりにくい。政府の計算では石炭火力の「CO2対策費用」は3円/kWhとなっているが、化石燃料の社会的費用を内部化して炭素税をかけると、コストは大幅に上がる。

炭素税に効果があるかどうかは専門家の意見もわかれるが、それが効果をもつには1万円/トン以上は課税する必要がある。これによって化石燃料のコストは1.5倍になり、原子力の2倍近くになる。環境コストを正しく反映すれば、原子力は圧倒的に安くなるのだ。

では安全性はどうだろうか。原発事故で過去50年に出た死者はチェルノブイリ事故の60人だけだが、WHOによれば、世界で毎年700万人が大気汚染で死んでおり、石炭火力がその1割としても70万人だ。中国だけで毎年36万人が石炭で死んでいるという推定もあり、石炭こそ最悪のエネルギーなのだ。

つまり直接コストでみると火力は原子力といい勝負だが、環境・安全性などの社会的コストを考えると、原子力が圧倒的に安い(再生可能エネルギーはコストでは問題にならない)。エネルギー問題にトレードオフはないのだ。ここでは原発を新規立地するコストをあえて比較したが、再稼動のコストは原発が圧倒的に安い。

重量あたり石炭の300万倍のエネルギーを出せる原子力のポテンシャルは大きく、日本のメーカーが優位性をもつ数少ない産業だ。その活用を阻んでいるのは、大島氏のような無知な反原発派による政治的コストである。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<民進は「背水でなく水中」=与野党が仕事始め-野田氏 | ホーム | たけしさんまで二重国籍に言及>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4199-98d3ef00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)