富山市補選ー盗人の議席争奪戦

富山市議会選挙において、
日本共産党は大阪府議会共産党の事は隠すだろう。
突っ込まれたら、党が辞任させたと言うだろう。
でも誰も言わない。
みんな自分の腹が痛いからだ。
自民党が言わない。
系列の立候補者も言わない。
民進党も言わない。
言っているのは大阪の松井知事だけだ。
自民党と組んで大阪維新に反対したツケが今頃廻ってきた。

よくある話なのですが、面白そうです。
メモ

http://matinofuruhonya.blog.fc2.com/blog-entry-2568.html
富山市補選ー盗人の議席争奪戦
古本屋通信      No 2241   2016年 10月31日
 
   富山市議選・補選ー盗人たちの議席争奪戦

   富山共産党の火事場泥棒 (4人会派) を許すな!

  もう富山のことは書きたくなかったが、こうまで不愉快をヤラては仕方がない。できるだけ言葉すくなに端折る。富山市議会の自民党と民進党系の市議は少なくとも辞任する必要はなかった。公金横領や詐欺で有罪が確定したわけではないどころか、起訴も逮捕さえもされていないからである。違法性も疑わしい段階での大勢の議員の辞職が今回の補選となった。まったく税金の無駄使いである。

  富山市議会は2年連続で政務活動費の消化率100パーセントであった。これは法の趣旨から大変好ましいことであった。つまり日本共産党の2名の市議も一円残らず使い切っている。このなかにはとうぜん「不正」がある、いや不正ではないが、市議みずからが白紙の領収書に自分で記載した領収書がある。ないという事は絶対にない。

 私は12人の欠員のあとを埋める立候補者は、定員に満たないから無投票当選になると信じきっていた。ところが立候補が25人もいた。そんなに議員になりたいのか。全員が死ね! 死ね! 火事場泥棒は死ね! 特に共産党は現職の赤星ゆかりと中山雅之、それに小西なおきと吉田おさむ、4名は許しがたい。そんなに火事場泥棒をしてまで議席が欲しいのか。許せない。富山県委員会も富山地区委員会も許せない。



 政活費不正 徹底解明を 富山市議補選告示 共産党2氏訴え
 2016年10月31日(月)   赤旗
 (写真)小西なおき市議候補=30日、富山市 

 政務活動費の不正取得で12人が議員辞職したことに伴う富山市議補選(定数13、立候補25人)が30日告示(11月6日投票)されました。不正追及の先頭に立ってきた日本共産党は、小西なおき(71)、吉田おさむ(66)の両氏=ともに新=が立候補し、現職2人と合わせ4人の正式会派を目指します。

 総定数(40)の約3分の1を入れ替える前代未聞の補選には、共産党の2人のほか自民党推薦・支持5人、維新3人、社民3人、諸派1、無所属11人が立候補。12人はみだしの多数激戦です。

 小西、吉田両候補はそれぞれの地元地域で第一声を上げました。両候補は、▽不正の徹底解明のための百条委員会の設置▽政務活動費のゼロからの抜本的見直し▽住民に開かれた議会への改革―などを公約し、「不正問題にしっかり審判を下し、富山市議会を全国に誇れる議会につくりかえましょう」と力強く訴えました。

 それぞれの候補の第一声に赤星ゆかり、中山雅之の両市議が参加し、上田俊彦党県委員長、ひづめ弘子県議(党県副委員長)が党を代表してあいさつ。辞職者10人を出した自民党が、公認候補は出さずに看板隠しで議席を狙っていると批判し、「自浄能力のない自民党では不正の解明はできない。共産党が4人になれば、議案提案権も得られ百条委員会で徹底究明できます」と2候補の当選を熱く呼びかけました。

 地域の自治振興会長や町内会長などが両候補応援のマイクを握り、「不正のない議会へ先頭に立ってがんばっていただきたい」「不正をただすには、この党の力が一番大きい。党派を問わずに何とか押し上げたい」と期待を寄せました。



   古本屋通信

  いったい今度の選挙、争点などありゃせん。あるわきゃない。みんな「汚職」反対だ(今回誰からも「汚職」という言葉が出ないのは驚きだ。なぜかというと汚職ではないからだ)。政務活動費はただしく使いましょうと。これ争点になりゃせん。上記の赤旗記事など、きれい事でさえない。

  死ね、死ね、富山の共産トは死ね。こりゃあ「保育所落ちた、日本死ね」に倣った。文句あるか。なかろう。

  私は大阪府議会の共産党府議団幹事長はそんなに悪くなかったから、議員辞職する必要はなかったと思っている。一説によると住宅ローンや家族の飲食に充てたというのは口から出まかせで、ホントは別の使途があったと言う。それはそうだろう。私的流用の内訳なんか本人も分かるもんか。ホントは赤旗の未集金の上納金の滞納分の補填だという説である。私はこれは正当な政務活動費の使用だと断言できる。だが世間一般の認識ではそうはなるまい。だから私は政務活動費の使途明細は非公表にせよと主張するのだ。

 富山市議会選挙において、日本共産党は大阪府議会共産党の事は隠すだろう。突っ込まれたら、党が辞任させたと言うだろう。でも誰も言わない。みんな自分の腹が痛いからだ。自民党が言わない。系列の立候補者も言わない。民進党も言わない。言っているのは大阪の松井知事だけだ。自民党と組んで大阪維新に反対したツケが今頃廻ってきた。アレもコレモも低脳の宮本岳志がなっていないからだ。

  私は小西なおきと吉田おさむを必ず落選させる事を全国の日本共産党員に呼びかける。絶対に選挙カンパをしないでほしい。富山の党を財政的に破綻させよう。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<蓮舫特集「蓮舫さん、証拠がないままですが・・・?」 | ホーム | 戦後死刑判決を受けた未成年者の人数>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4120-892bcbc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)