蓮舫代表はまた嘘をついたことを認めた

蓮舫代表はまた嘘をついたことを認めた
わざとまぎらわしく答えているが、国籍法の第14条第2項(「14条2」という条文はない)にはこう書かれている。

日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法 の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。

官邸も把握官邸も把握しているはずだ。

ここまで、言い逃れすると
本質が中国人の謝蓮舫氏は素晴らしいと思ってしまう(笑)

政府関係者は、何を狙っているのか
それとも・・・・・
法務省の怠慢???

メモです。


http://agora-web.jp/archives/2022334.html
蓮舫代表はまた嘘をついたことを認めた
2016年10月27日 23:48

池田 信夫

記者「選択宣言をされたのが10月7日と述べましたが、13日の会見で選択宣言した事を述べられなかった理由は」
蓮舫「特段無い」←
記者「13日に言われなかった理由は」
蓮舫「聞かれた通りに答えただけで、14条に則って」←嘘吐き
記者「遅れた理由は」
蓮舫「聞かれたから答えただけ」← pic.twitter.com/43XoAAK4ea

— 500円 (@_500yen) 2016年10月27日


蓮舫氏が27日の定例会見で、また嘘をついたことを認めた。

(記者)国籍の関係。蓮舫氏が日本国籍の選択宣言を行ったのは10月7日だが、同月13日の会見では、選択宣言について答えていない。理由は
(蓮舫)いや、聞かれたとおりに答えただけであって、14条にのっとって手続きを行っていると。立法趣旨にのっとって、(国籍法の)14条2の前段の部分で届け出をしている。最終的にその前段の部分は完遂はしていない。

わざとまぎらわしく答えているが、国籍法の第14条第2項(「14条2」という条文はない)にはこう書かれている。

日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法 の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。

したがって「前段の部分は完遂はしていない」というのは、まだ台湾国籍を離脱していないという意味だ。これは「9月12日に台湾政府から国籍離脱の連絡を受けた」という13日の記者会見とは矛盾する。

手続きを始めたのが9月6日だから、普通2ヶ月以上かかる台湾の国籍喪失がまだ終わっていないのは私の予想どおりだが、彼女はまた嘘をついたわけで、最終的に離脱できるかどうかもわからない。台湾政府が国籍喪失を拒否したら、彼女は「義務に反する状態」が死ぬまで続く(これが努力義務)。

これは台湾政府に問い合わせればすぐわかることで、官邸も把握しているはずだ。ここまで見えすいた嘘を重ねるのは病的である。まだ他にも嘘があるので、国会は政治倫理審査会で矛盾をただし、彼女はすべて説明すべきだ。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<雑魚みっけ・・・(笑) | ホーム | 小池晃が共産党を崩壊の瀬戸際に>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4108-7fc1c2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)