小池晃の前代未聞の組織犯罪

共産大阪府議団幹事長も白紙領収書…160万円
 2016年10月17日 11時25分  毎日新聞
 共産党大阪府議団の朽原亮くちはらまこと幹事長が昨年度までの3年間、白紙の領収書28枚に宛名や金額を自ら記入し、書籍購入代などとして政務活動費から計約160万円の支出を受けていたことがわかった。

メモです

http://matinofuruhonya.blog.fc2.com/blog-entry-2531.html
小池晃の前代未聞の組織犯罪
古本屋通信      No 2208  10月17日

   小池晃がやらかした前代未聞の組織犯罪

 今回のエントリーは「通信 No 2205 共産党府議も白紙領収書。コレちっとも悪くない。小池書記局長は国会で菅官房長官らに謝罪せよ」 の続きに当る。この板の末尾に今日の毎日新聞(紙)の小さな記事を追加でアップしたのだが、いま毎日のウェブ版を見ると、それが大きく採り上げられ、しかも末尾にトンデモのウルトラCが付いているではないか。全文転載した最後の赤字部分だ。ドエライ事件である。コレまあ党中央から大阪府委員会にキツイお達しがあったのか、それとも大阪府委員会の独自判断か、私は後者だと思うが、それにしても大事件なのだ。府委員会としては小池の国会質問を党の真っ当な活動と見做す以上、当然ながら朽原府議団幹事長の処分に行き着つくだろう。中間機関の宿命である。いっぽう朽原はケロッとしている。まったく自分に非がないのだから当然である。

  この問題はオール日本共産党員のネックである。アキレス腱である。小池晃質問にファシズムを見なければならないのに、全く何も感じない不感症党員の犯罪である。笠井亮もそうだし、私に時々意見と情報を送ってくれる党員活動家もそうだ。つまり感性が麻痺しているのだ。その根柢には自民党や他のオール野党は金に汚い腐った政党だが、日本共産党だけは清廉潔白な政党であるとの認識がある。この認識が全て誤りとはいえないが、殊こと政務活動費と白紙領収書の問題に関しては全て誤りである。

  富山市議会に戻る。ここで殆んど全ての論者はつまずいた。コレ全市議と県議は少なくとも証拠不十分で無罪放免なのだ。刑事事件になるのなら、司法の手に委ねていっさいの批判を差し控えるべきだった。なのに日本のオール低脳がドッと喰らい付いた。この流れの中に小池質問があった。これを精確に批判し切ったのは古本屋通信だけであった。いや、もう1人いた。キンピーサイトの投稿者のKM生様である。さすがである。至近の当該エントリーにクドイほど書かれている。

  もとに戻る。小池の組織犯罪は類を見ない。小池は世間知らずの達人オボッチャマンである。大学の医学部卒業して、代々木病院の医者になって・・・、ここまで世間しらずか。吉良佳子の方がまだマシだ。

  日本共産党の地方議員は3000人か。過去10年間の政務活動費の領収書に限って、領収金額の筆跡をすべてチェックしんさい。あそらく1000人以上の党議員がアウトであろう。その全員を処分したらよい。キチガイである.あのナア、党だって時には税理士に見て貰っているだろう。税理士を通過したら、ふつうはセーフなんだ。ギリギリでもセーフだ。あのなあ、パーフェクトな白なんてない。それをわが党だけ白だと思っているから、トンデモ小池質問があった。とにかく小池は国会で菅と稲田と高市に謝罪せよ。当面それしかない。それでもって小池質問は消滅する。


  共産大阪府議団幹事長も白紙領収書…160万円
 2016年10月17日 11時25分  毎日新聞
 共産党大阪府議団の朽原亮くちはらまこと幹事長が昨年度までの3年間、白紙の領収書28枚に宛名や金額を自ら記入し、書籍購入代などとして政務活動費から計約160万円の支出を受けていたことがわかった。

 朽原氏は、購入などの実態はあったとして返還はしないという。

 朽原氏や収支報告書によると、問題の領収書は地元の党東大阪地区委員会が発行した朽原氏の活動報告チラシの印刷代分21枚と、同委員会内の「あづま書房」で購入した書籍代分の7枚。

 朽原氏は読売新聞の取材に「事務員の手を煩わせないため自分で書いた。記載方法として適切でなく、今後は改めたい」と話した。同党府委員会は「疑いを招きかねない行為」として朽原氏の処分を検討している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 KM生様のコメントを抜粋・拝借しました。ご本人とブサヨ管理人様、勝手をご容赦ください(以下は全て「10月15日 明日新潟で野党統一候補が負けると民主主義が死ぬそうですw」のコメント)。


15. KM生@スイート様
2016年10月16日 09:11
1)何も問題なのはこの日共府議だけじゃない。全国何千人の日共痴呆議員調べりゃ、幾らでも「手書領収書」くらい出てくる筈だぜ(^^)。それを「我党は(他党と違って)腐敗とは無縁」と(痴呆の実情を知らないで思い上った)中央の小池が「国会で追及」なんぞやらかすから、自分に跳ね返ってくる。
2)何も「ブルジョア議会の悪習に染まれ(朱に交わって赤くなれ)」とは言わない。「正当な議会活動のための資金」として、受取れるものは受取って人民に還元すればよい。
3)何も「政治に金がかかる」のは、腐敗した議員にだけ責任があるのではない。やれ「日頃支持してやってるのだから、葬式には樒と弔電をよこせ」などと議員に要求する有権者の側にだって問題がある。1件当たりの額は小さくとも、支持者全員にやれば膨大な額になる。
4)私の周囲にいる長年務めた(日共以外の)議員の老後を見ても、儲けた奴など一人もいない。皆老後は(議員時代の)借金の返済に追われている。まだ議員年金(最近は廃止の動きもあるが)で暮せる日共元議員の方がまし。(続)

16. KM生@スイート様(追伸)
2016年10月16日 09:23
(承前)
1)議会活動費は公金だから、透明性が求められるのはある意味当然。しかしそれを言うなら、我々有権者の側も、「冠婚葬祭に議員の出席は一切求めない。支持者のご機嫌とる暇があれば、それを住民のための活動にさけ」など、「金のかからない政治」を実現するよう自覚すべきである。「政治に金がかかる」のは、何も議員だけの責任ではない。国民が自覚して、金のかからない政治を実現すべきである。
2)今回の日共の小池質問なんぞは、安易な大衆迎合追随手技(=ポピュリズム)の典型。真に「人民のため」を思うなら、時には有権者の反発を喰らっても正論を主張すべきである。件の大阪府議だって、「お詫びして返金します」では解決にならない(もしそれをやったら、全国の日共痴呆議員は同じ対応をしなければならなくなり、党は厖大な損害を蒙る)。「何故手書領収書にしたか」の説明責任を果し、理解を求めるべきである。

17. KM生@スイート様(最終)
2016年10月16日 09:27
もし小池が本気で「金のかからない」政治を実現しようとするなら、「今後我が党議員は一切支持者の冠婚葬祭には出席しません」とこそ、宣言すべきである。

18. KM生@スイート様(最終のまた最終)
2016年10月16日 10:14
要は政治責任は為政者の側にのみあるのではない。これを許した民衆の側にもある(むろん為政者が免罪されるわけではないが)。
日共の弱い点は、「腐敗した支配階級と無辜の民衆(とさらに言うなら、常に民衆の側に立つ無謬の前衛党)」という視点。先の大戦の戦争責任だって、(東京裁判で戦犯が処刑されたのは当然であるが)これを許した民衆の側にだってあった筈。
要は政治腐敗を改革しようとすれば、「政治家も(党派を問わず)有権者と共に改革に当る」視点こそが重要。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<反対派リーダーを逮捕 沖縄の米軍北部訓練場 | ホーム | 二重国籍で法相「期限後に選択しても法違反」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4076-0a73c457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)