安倍晋三首相、二重国籍問題の民進・蓮舫代表に「国民に証明の努力を」

安倍晋三首相、二重国籍問題の民進・蓮舫代表に「国民に証明の努力を」 自民・小野田紀美参院議員との違い強調
安倍晋三首相は13日の参院予算委員会で、
日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」だった民進党の蓮舫代表について
「国会議員として蓮舫氏の責任において国民に対し証明の努力を行わなければならない」
と述べ、
詳細な説明が必要だとの認識を示した。

本質が中国人の謝蓮舫氏は、逃げ切れると思っているのだろう(笑)

メモです。
正論すぎる・・・・・(爆)
 首相は「国会議員は国民の負託を受けている。自らの言動について疑念を持たれぬよう常に襟を正していなければいけないことは当然だ」


http://www.sankei.com/politics/news/161013/plt1610130011-n1.html
2016.10.13 11:27更新

安倍晋三首相、二重国籍問題の民進・蓮舫代表に「国民に証明の努力を」 自民・小野田紀美参院議員との違い強調

参院予算委で答弁する安倍首相=13日午前 参院予算委で答弁する安倍首相=13日午前

 安倍晋三首相は13日の参院予算委員会で、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」だった民進党の蓮舫代表について「国会議員として蓮舫氏の責任において国民に対し証明の努力を行わなければならない」と述べ、詳細な説明が必要だとの認識を示した。首相が蓮舫氏の二重国籍問題に直接言及したのは初めて。自民党の三原じゅん子氏の質問に答えた。

 二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員も米国籍との二重国籍状態であることが判明した。だが、三原氏は、小野田氏が国籍法に基づいて日本国籍選択の宣言をし、外国国籍離脱の努力義務を果たしていたと強調。日本国籍選択を証明する戸籍謄本も公開した小野田氏と比べ、蓮舫氏は国籍選択宣言の有無などが明確でないとして批判した。蓮舫氏は戸籍謄本の公開について「極めて個人的な件だ」として拒否している。

 これを受け、首相も「小野田氏は戸籍謄本を示し、選択という義務を果たしたことを証明した」と述べ、蓮舫氏との対応の違いを強調した。

  首相は「国会議員は国民の負託を受けている。自らの言動について疑念を持たれぬよう常に襟を正していなければいけないことは当然だ」とも述べた

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<韓国国会委員長、慰安婦合意無効を要求 | ホーム | 維新・足立氏がバッサリ 「口から出任せ体質の民進党、蓮舫代表はふさわしい」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4058-461d0376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)