謝蓮舫氏の今後は・・・

金田勝年法相は11日の参院予算委員会で、
二重国籍者について「各国から課せられる義務や求められる対応が衝突する恐れなどがある。
極めて高度な国益に関する判断をする者にとってはなおさらだ」と述べ、
二重国籍の解消を定めた国籍法の意義を強調した。

和田氏は「国籍選択は、戸籍の該当部分を公開すれば容易に結論が得られる

国籍法では、二重国籍の人は22歳までに日本国籍か外国籍かを選ぶ必要がある。
日本を選択する場合は、国籍法16条により外国籍を離脱しなければならないとされている。

メモです。

謝蓮舫氏の今後は・・・(笑)

http://www.sankei.com/politics/news/161011/plt1610110038-n1.html
2016.10.11 15:12更新

金田勝年法相、参院予算委で二重国籍は「義務や対応、衝突の恐れ」 日本のこころ・和田政宗氏「国会議員候補者は戸籍公開を」


金田勝年法相 金田勝年法相

 金田勝年法相は11日の参院予算委員会で、二重国籍者について「各国から課せられる義務や求められる対応が衝突する恐れなどがある。極めて高度な国益に関する判断をする者にとってはなおさらだ」と述べ、二重国籍の解消を定めた国籍法の意義を強調した。日本のこころを大切にする党の和田政宗参院議員の質問に答えた。

 和田氏は「国会議員になろうとする者は気をつけなければならない。外交上の問題も生じるかもしれない」と述べ、二重国籍者の国会議員立候補の制限を求めた。民進党の蓮舫代表らのいわゆる「二重国籍」問題が念頭にあるとみられる。

 一方、法務省の小川秀樹民事局長は「外国の国籍を離脱し外国国籍喪失届がされた場合は、戸籍に外国国籍喪失の届け出がされた旨などが記載される。日本の国籍を選択し国籍選択届がされた場合には戸籍に戸籍の選択がされた旨が記載される」と説明した。これを受け、和田氏は「国籍選択は、戸籍の該当部分を公開すれば容易に結論が得られる」と述べた。

 国籍法では、二重国籍の人は22歳までに日本国籍か外国籍かを選ぶ必要がある。日本を選択する場合は、国籍法16条により外国籍を離脱しなければならないとされている。外国籍の離脱証明もしくは外国籍の放棄を宣言する書類の提出などが求められるが、努力義務にとどめられている。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<“都市伝説”ではない中国の「食」問題 | ホーム | 在日はなぜ帰化しないのか>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4053-eb3d3da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)