謝蓮舫氏のダブルスタンダード

謝蓮舫氏は、本質が中国人なので日本語の意味が理解できないのだろう
「ダブルスタンダード。自分に都合の良い発言を繰り返している」

ただ蓮舫氏は予算委での質問や記者団の取材では、
日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題をめぐり、
自身の説明が二転三転したことには言及しなかった。

メモです。

http://www.sankei.com/politics/news/161005/plt1610050026-n1.html
2016.10.5 14:55更新
【参院予算委員会】
蓮舫代表が稲田朋美防衛相を攻撃 防衛費めぐる発言を「ダブルスタンダード。自分に都合の良い発言を繰り返している」
plt1610050026-p1.jpg

参院予算委員会で質問する民進党の蓮舫代表=5日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 稲田朋美防衛相は5日午前の参院予算委員会で、月刊誌「正論」(平成23年3月号)の対談で「(旧民主党が21年の衆院選公約に掲げた)子ども手当分を防衛費にそっくり回せば、軍事費の国際水準に近づく」と発言したことを釈明した。「子育て政策は重要だ。財源を見つけて充実させていくべきだ」と述べた。民進党の蓮舫代表の質問に答えた。

 稲田氏が所属する自民党は対談の掲載当時、野党だった。稲田氏は5日の予算委で「民主党政権の安全保障に関する状況に危機感を持っていた。財源のない子ども手当を付けるぐらいなら、軍事費を増やすべきではないかと申し上げた」と答弁した。

 蓮舫氏は質問後、稲田氏の答弁について、国会内で記者団に「ダブルスタンダードだ。自分に都合の良い発言を繰り返している」と批判。「野党時代とはいえ、かなり乱暴な発言をしている。そのときと今と、何が違うのかという説明が十二分ではない。言葉のブレが閣僚の資質や信頼(を失うこと)につながる」として、今後も党として追及する考えを示した。

 ただ蓮舫氏は予算委での質問や記者団の取材では、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題をめぐり、自身の説明が二転三転したことには言及しなかった。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<北部訓練場の暴行で逮捕 容疑者は社民・福島瑞穂議員らと接点 | ホーム | 民進党の小川淳也衆院議員の「日本側の追加措置」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4029-18ec4798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)