民進党の小川淳也衆院議員の「日本側の追加措置」

民進党の小川淳也衆院議員は、どこの国家の国会議員なのだろうか

安倍晋三首相は3日午前の衆院予算委員会で、
韓国による慰安婦問題の蒸し返しを断固拒否した。
韓国側は最近、被害女性らに「おわびの手紙」を出すよう求めるなど、
あきれる要求をしていたのだ。

 「われわれは毛頭考えていない」

 安倍首相は、民進党の小川淳也衆院議員の「日本側の追加措置」に関する質問に、こう言い切った

 韓国の理不尽極まる「ムービング・ゴールポスト」(=着地点を勝手に先に動かすこと)を許してはならない。


メモです。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161003/plt1610031539004-n1.htm
 安倍晋三首相は3日午前の衆院予算委員会で、韓国による慰安婦問題の蒸し返しを断固拒否した。昨年12月の日韓合意で、慰安婦問題は「最終的かつ不可逆的に解決」しているが、韓国側は最近、被害女性らに「おわびの手紙」を出すよう求めるなど、あきれる要求をしていたのだ。

 「われわれは毛頭考えていない」

 安倍首相は、民進党の小川淳也衆院議員の「日本側の追加措置」に関する質問に、こう言い切った。至極当然である。

 日本は日韓合意に基づき8月末、韓国で設立された「和解・癒やし財団」に10億円を拠出した。だが、同財団は安倍首相名義の「おわびの手紙」を要請し、韓国外務省報道官までが先月末、追加措置を求めていた。

 韓国の理不尽極まる「ムービング・ゴールポスト」(=着地点を勝手に先に動かすこと)を許してはならない。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<謝蓮舫氏のダブルスタンダード | ホーム | ゆすりたかりの国家に反省はない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4028-be65c1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)