蓮舫代表質問「二重国籍問題」は…

蓮は泥の中から凛と茎を伸ばし花を咲かせます。前途多難な道のりですが、国会論戦、政治活動に臨んでいきます

 同じ民進党の議員からは・・・

 「非常に堂々としていて国民の不安を表す良い代表質問だった」
 
 Q.「二重国籍」問題は
 「もう離籍も発表されましたし、国会も始まっているので」(民進党 福山哲郎参院議員)

メモです。


https://www.youtube.com/watch?v=K8LiEyZZ6hY
もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追及したとしたら(笑)-ブーメランの女王はガソリーヌでなく私よ!


http://www.mbs.jp/news/kansai/20160928/00000054.shtml
蓮舫代表質問「二重国籍問題」は…

更新:09/28 20:10


 民進党の蓮舫代表が代表就任後、初めて国会で質問に立ち、安倍総理と直接対決しました。一方で、台湾籍が残っていたいわゆる「二重国籍問題」をめぐっては法律の改正案が国会に提出されるなど、前途は多難です。

 「蓮舫君」

 参院選本会議、大きな拍手の中、代表として初めて国会の論戦に挑んだ蓮舫代表。

 「蓮は泥の中から凛と茎を伸ばし花を咲かせます。前途多難な道のりですが、国会論戦、政治活動に臨んでいきます」

 自らの名前の由来について触れた後、口火をきった蓮舫代表。日本経済は、うまく循環しておらず、アベノミクスを見直すべきと、厳しく批判しました。

 「安倍総理、三本の矢は的に当たりもしなかったうえ、我が国の財政、経済、金融が、すべて傷だらけになりました。今や本当に必要なのは、アベノミクスそのものの検証ではないでしょうか」(民進党 蓮舫代表)

 一方の安倍総理は・・・

 「アベノミクスについて批判をもらったが、何よりも先般の参院選ではアベノミクスを加速するか否かを最大の争点とし、連立与党で戦後、最も安定した政治基盤を獲得することができた。これは『アベノミクスを一層加速せよ』と国民から力強い信任を得たということではないか」(安倍晋三首相)

 と、経済は着実に回り始めていると反論。終始、議論はかみ合いませんでした。

 同じ民進党の議員からは・・・

 「非常に堂々としていて国民の不安を表す良い代表質問だった」
 
 Q.「二重国籍」問題は
 「もう離籍も発表されましたし、国会も始まっているので」(民進党 福山哲郎参院議員)

 一方で、日本維新の会は27日、党内で「蓮舫法案」と呼ばれる「二重国籍」を禁止する法案を提出しました。民進党代表選の最中、蓮舫氏に台湾籍が残っていたことが明らかになり、注目を集めたいわゆる「二重国籍」の問題。現在は離籍が完了したものの、国会議員の「二重国籍」は国防や外交に関わる重大な問題という指摘もあり、維新は外国籍を持つ日本国民は国会議員になれないようにする公職選挙法の改正案を提出したのです。

 「この法案に反対する政党があれば、『二重国籍でも総理大臣を務めてもいい』という判断をすることになる。国家国民のためになることを第一優先として協議してほしい」(日本維新の会 馬場伸幸幹事長)

 様々な問題を抱えながらもデビューを果たした蓮舫代表。民進党を「選択される政党」に変えることができるのか、その手腕が問われます。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<蓮舫さんへの情報開示のお願い | ホーム | 維新の馬場幹事長が民進の蓮舫代表にロックオン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/4005-864a7132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)