「撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ」 民進・野田佳彦幹事長の代表質問で

確か、未来とか提案・・・政党とか
民進党のポスターにはあったような気がするのだが
気のせいか
結局、審議拒否しかできないのかと思ったり(笑)

各党がそれぞれの考え方を示すことが大切だ。
自民党草案を撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ

メモです

http://www.sankei.com/politics/news/160927/plt1609270029-n1.html
2016.9.27 15:17更新

安倍晋三首相、自民党改憲草案の撤回を拒否「撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ」 民進・野田佳彦幹事長の代表質問で

plt1609270029-p1.jpg

衆院本会議で民進党の野田佳彦幹事長の質問に対する答弁に立つ安倍晋三首相=27日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は27日の衆院本会議で、民進党の野田佳彦幹事長による代表質問で自民党の憲法改正草案の撤回を求められ、「各党がそれぞれの考え方を示すことが大切だ。自民党草案を撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ」と反論し、民進党こそ憲法に関する考え方をまとめるよう求めた。

 野田氏は質問で「民進党は現行憲法に足りないところがあれば、憲法を改正しようという立場だ」と述べ、憲法改正を忌避しない姿勢を強調した。

 首相はこれを受け、憲法改正について「最終的には国民投票で国民が決める。国会の憲法審査会という静かな環境で各党が真剣に議論し、国民的な議論につなげていくことが必要だ」と指摘。

 そのうえで「特定の党の意見への批判を繰り返し、取り下げを求めるのではなく、自らの考えをしっかりと提案し、議論を戦わせることで初めて建設的な議論が可能になる」と述べ、具体的な改憲案を示さない民進党を皮肉った。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<民進・蓮舫代表が安倍晋三首相を「成長しない」と批判 | ホーム | 蓮舫代表は国会で「説明責任」を果たせ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3997-66a25c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)