「二重国籍」の蓮舫氏を代表に選出しながら議論にならぬのか?

米国でも、国のかじ取りをあずかる大統領については多様性とは峻別(しゅんべつ)し、
厳格この上ない要件を定めている。
その理由は、
大統領が国家・国民の利益擁護を至上の課題とし、
国家安全保障にも重大な責任を負っているからだ。

メモです。
「二重国籍」の謝蓮舫氏をこのまま見過ごすのだろうか(笑)
自民党と公明党の対応に興味津々


http://www.sankei.com/premium/news/160926/prm1609260010-n1.html
「二重国籍」の蓮舫氏を代表に選出しながら議論にならぬのか? 悪弊を継承した民進党の危うさ 
 民進党の新代表に蓮舫氏が就任し、新体制が動き出した。

 米大統領選で女性初の大統領をめざすヒラリー・クリントン氏が共和党のドナルド・トランプ氏とデッドヒートを展開し、ローマや東京では初の女性市長、女性知事が誕生した。民進党も「女性ブーム」にあやかりたいのかもしれない。

 だが、民進党の場合は「初の女性リーダー」を喜ぶ以前に、政権をめざす野党第一党の指導者にいわゆる「二重国籍」だった蓮舫氏を選んだことが気になる。国民への説明が遅れ、党の議論にならなかったところにも危うさを覚える。

 米国では「出生による合衆国市民以外は大統領となることはできない」(合衆国憲法第2条)などの資格や条件が詳細に規定されている。ユダヤ系移民のキッシンジャー元国務長官はもちろん、オーストリア移民の映画俳優でカリフォルニア州知事まで務めたシュワルツェネッガー氏でも大統領にはなれない。

 外国人や移民に薄情なわけでは決してない。「移民の国」とも呼ばれる米国は二重国籍もOKだし、年間70万人近い移民受け入れ枠を設けるなど、日本よりもはるかに「多様性」を重視してきた。

そんな米国でも、国のかじ取りをあずかる大統領については多様性とは峻別(しゅんべつ)し、厳格この上ない要件を定めている。その理由は、大統領が国家・国民の利益擁護を至上の課題とし、国家安全保障にも重大な責任を負っているからだ。

 2期8年の任期を終えつつあるオバマ大統領についても、最近まで「ハワイ生まれ」の出生証明問題が政界で騒がれていたのは、国の最高指導者に求められる資格・要件についての明確な規範認識が共有されているからに違いない。

 日本では二重国籍を認めない一方で、こうした認識は米国ほど明確ではない。国籍法などの規定が曖昧で罰則もないことにも問題があるにせよ、当の蓮舫氏の説明は二転三転した。党としても、この問題に明瞭な対応や指針を示そうとしないことに一番の危うさを感じる。

 野党とはいえ、この問題が尖閣諸島など国家の安全保障に関する政策や判断に曖昧さを生じる恐れはなかったのか。日本の国益と台湾への情が混同する心配はないのか。そうした疑問に対する明瞭な説明を聞きたい。

 言葉も軽い。民主党政権時代、スパコン開発の事業仕分けで「世界2位ではだめなんですか」と発言して批判された。少しは反省したと思っていたが、先月、世話になった先輩政治家について「1年半一緒にいて本当につまらない男だと思った」と公言したのには開いた口がふさがらなかった。

 「反省」を口にしても、本心では反省の意味が分からないのかもしれない。時によって話が変わり、平気で他者の尊厳を踏みにじるような発言は「日本人」の心というか、人間としての感性に疑問を感じる。

 代表選において、地方投票の締め切り日まで台湾籍が抜けていないという不都合な事実を発表しなかったのは、党も陣営もフェアとはいえまい。投票を延期してでも、事実関係や過去の経緯を全て公表し、二重国籍に関する党の指針や基本認識を整理した上であらためて党員らの判断を仰ぐことができたはずだ。

 2009~12年の民主党政権は都合の悪い問題をはぐらかし、政策面でも迷走を重ねた末に国民の信を失った。今回の代表選でも、そうした旧党の悪い体質を少しも改めることができないままに新体制に継承されたようにみえる。

 アジアや世界の安全保障環境が悪化しつつある中で、日本の平和と繁栄を託せる政党が今の連立政権以外で見当たらないのは心もとない。だからといって、野党第一党に自動的にチャンスがくるわけではない。一貫した政策と明瞭な説明なしに国民の信頼は得られないことを肝に銘じてほしい。(白鴎大学教授・高畑昭男 たかはたあきお)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<日本解放第二期工作要綱 | ホーム | 新聞販売所と新聞社の関係>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3989-38cc9804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)