中華人民共和国(PRC)「国防動員法」という法律

民進党の代表は、
何故、謝蓮舫氏でなければいけなかったのか

幹事長は、
何故、野田氏でなければいけなかったのか

中華人民共和国(PRC)には「国防動員法」という法律がある。

メモです。

http://ameblo.jp/workingkent/entry-12035479871.html
PRCの国防動員法をご存じですか?(二カ国語)

Are You Aware of the PRC’s National Defense Mobilization Law?


中華人民共和国(PRC)には「国防動員法」という法律があります。2010年2月26日に採択・公布され、同年7月1日から施行されています。ちなみにこの法律は、準備期間に26年もかけたのだそうです。
The People’s Republic of China (PRC) has a “national mobilization law.” It was adopted and promulgated on February 26, 2010, and came into force on July 1 of that same year. Incidentally, this law was 26 years in the making.


まず、「国防動員」とは何でしょうか。手元にあるブックレット「中国『国防動員法』-その脅威と戦略と」によると、「国家あるいは政治的集団が平時体制から戦時体制に移行し、戦争に必要な人力、物資、財力などの調達を統一的に行うためにとる措置、および行動」であって、「武装力動員、国民経済動員、人民防空動員および政治動員に区分」されると書いてあります。
First, what is the “national mobilization law?” According to the booklet “’National Mobilization Law’; Threat and Strategy,” it covers “the transition of the country or political organizations from peacetime organization to wartime organization, and the manpower, resources, and financing needed,” and “the allocation of military power mobilization, national economy mobilization, people’s air defense mobilization, and political mobilization.”

¥648
Amazon.co.jp

一言でいえば「国防動員」とは「戦争動員」のことです。日本でもかつて「国家総動員法」が制定されていました。学徒動員や女子挺身隊などは、国家総動員法に基づいて実施されました。
In a word, “national mobilization” is “wartime mobilization.” In the past, Japan had a “National Full Mobilization Law.” The mobilization of students for production labor and women’s volunteer corps were done pursuant to this “National Full Mobilization Law.”



ところがPRCの「国防動員法」は、日本の「国家総動員法」とは少し違います。戦争中だけでなく、平時であっても中国人民を動員できるのです。いや、動員できるのは中国人民に限りません。PRCの領土内にある外国系企業も動員の対象です。
However, the PRC “National Mobilization Law” and the Japanese “National Full Mobilization Law” are somewhat different. The Chinese people can be mobilized not only in wartime but also in peacetime. Not only that, but those to be mobilized are not limited to Chinese citizens. Foreign capitalized corporations located in the PRC are also subject to mobilization.



つまり、この法律が適用された場合、例えば兵器に転用できる部品を生産するようPRCが外国企業に要請し、その要請に応じない場合、外国企業は罰金などの処罰を受ける可能性があるということです。
Under this law, if a foreign corporation refuses orders by the PRC to convert its operations to military use, such as production of weapons, that foreign corporation may be subject to fines and other sanctions.



ちなみに動員対象の中国人民については、「18歳から60歳の男性公民と18歳から55歳の女性公民は、国防勤務を請け負わなければならない」という規定があり、妊婦など一定の条件に当てはまる人は動員を免除されます。しかし、その免除条件の中に、「外国に居住する人」とは書かれていません。
The law provides that “male citizens between the ages of 18 and 60 and female citizens between the ages of 18 and 55 must accept national defense duty,” while pregnancy and other certain conditions are excepted. However, there is no exception stated for “people living abroad.”



つまり、日本に数十万人はいる中国人留学生や技能研修性も、PRCから戦争のための動員命令が来たら、それに従うしかないのです。武器さえあれば、兵士に早変わりです。
This means that the tens of thousands of Chinese students and technical trainees in Japan must obey any wartime mobilization orders issued by the PRC. If weapons are available, this means converting into military soldiers.

私が無意味に不安を煽っていると思われた方もいると思います。最近、私が全て証拠に基づいて書いている話を、「陰謀論」などと言い出す人も出て来ました。
Some people may think that I am needlessly trying to incite feelings of insecurity. Recently, some people have called some of the things based on facts which I say as “conspiracy theory.”



極めて残念なことに、これは根拠や証拠のない「陰謀論」ではありません。PRCはこの、国防動員法に基づく動員命令の予行演習を、2008年4月に長野県で実施済みなのです。この時は、4000人の中国人留学生が長野に動員されたと言われています。
Unfortunately, this is not a “conspiracy theory” void of basis or evidence. PRC conducted a preliminary drill under this national mobilization law in April 2008 in Nagano Prefecture. It is said that at that time, 4,000 Chinese exchange students were mobilized in Nagano.

0605-01
Google画像検索「長野 五星紅旗」 https://goo.gl/210hqb
Google images: Five-Star Red Flags in Nagano


簡単に書くと、北京オリンピックの聖火リレーの際、長野県の善光寺に協力を仰いだところ、仏教徒であるチベット人民を弾圧するPRCに協力は出来ないと善光寺が断り、さらにチベット支援者が長野に集結することになったので、PRCも中国人留学生を動員して、この運動を邪魔しようとしたわけです。
In short, when Zenkoji Temple in Nagano was asked to cooperate with the Olympic torch relay, the head priest of Zenkoji Temple refused citing the oppression of fellow Buddhists in Tibet, and when supporters of Tibet gathered in Nagano, the PRC mobilized Chinese exchange students to interfere with those protests.


外出先から家に帰ると、自分の部屋の中に最寄駅から長野まで往復の切符と動員の指示書、そして大きな「五星紅旗」(PRC国旗)が置いてあったと証言した中国人留学生もいるようです。
There were Chinese exchange students who, when they returned to their homes, found waiting for them round-trip tickets to Nagano from the nearest station, written mobilization orders, and giant Five-Star Red Flags (the national flag of the PRC).
https://youtu.be/JAdrqYcrcxE

日本の大手マスコミはこれをほとんど報じなかったので、知っている人は今でも少数派です。
Since most of the mainstream Japanese media did not report this event, the majority of people do not seem to know about it.

これらの写真や動画を見れば、私が日本人の不安を煽っているのではなく、PRCによる「日本侵略」が、とっくの昔に始まっている事実が分かるはずです。それに危機感を持たない日本人が多いことに、焦燥感を覚えています。
Again, I am not trying to fax anxiety in Japan, but when you look at these pictures and video clips you should understand that the PRC’s planned occupation of Japan has already begun many years ago. The fact that so many Japanese do not feel a sense of danger leaves me feeling somewhat frustrated.

https://www.youtube.com/results?search_query=%E9%95%B7%E9%87%8E+%E8%81%96%E7%81%AB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC


サンフランシスコでもパリでも、五星紅旗が沿道に林立しました。各国の在住中国人に動員がかかっていたからです。
Red five-star flags lined the streets in San Francisco and Paris too as Chinese residents were mobilized in many countries.
0605-02
パリ共和国広場に集合した中国人留学生たち

北京オリンピックの聖火リレーOlympic Flame Relay(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E8%81%96%E7%81%AB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC



現在の沖縄の危うさは、この時の比ではありません。
This pales in comparison to the present danger in Okinawa.

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<過去検索 謝蓮舫大臣 黒い交際 黒い献金 | ホーム | 散歩・・・・(笑)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3985-f9fd2713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)