TPP国会、目前アンケート 「ISD条項?分からない」 

TPP・・・・・(笑)

メモです。

http://tanakaryusaku.jp/2016/09/00014492
TPP国会、目前アンケート 「ISD条項?分からない」 
2016年9月22日 18:01
f4dd23d7b1d578cd7e7429983fb887ae.jpg


「大筋合意」の発表を受け、抗議の市民が官邸前に集まった。=2015年10月6日、官邸前。撮影:筆者=

 文・辻井裕子 / 主婦

 26日から90日間の日程で召集される秋の臨時国会。先日、国連総会のためNYを訪れたアベちゃんが、TPPについて華々しくぶち上げた。「アメリカに率先して承認する!」。廃案にならず継続審議とされていたのが恐ろしい。

 壊国条約とも言われるTPP。今年の参院選では北海道、東北地方のほとんどで反TPP候補が勝利したのは記憶に新しい。

 農業ばかりではない。保険、医療、あらゆる分野で外国企業が国家さえ訴えることのできるISD条項を忍ばせたTPPになぜアベ政権は前のめりなのか?

 そこで社会に無関心すぎる「無防備な日本人」パート2の本稿ではTPPについて聞いた。前回と同じく意識高い系と言われる杉並エリアで3つの質問を道行く人に投げてみた。

 質問は「TPPを知っていますか?」、「アメリカの大統領選挙がいつ行われるか知っていますか?」、そして「アメリカの大統領候補者(トランプ、ヒラリー)が、TPPはやめるべきと言っているのを知っていますか?」。

 「TPPについて・・・」と問いかけた瞬間、人々は逃げるように去っていく。「TPP=難しい話」と思う人が多いのか。実際に質問に答えた人数は44名だった。

 「TPPを知っていますか?」という質問では、44人中、「知っている」が2人、「何となく知っている」が23人、「知らない」が19人だった。

 「アメリカの大統領選が、いつ行われるか知っていますか?」では、44人中、「知っている」が8人、「何となく知っている」が10人、「知らない」が26人だった。ほとんどの人が知らない。

746d32e526acb7981c0ddbd8b44edbae.jpg

TPP大筋合意を一面トップで報じる各紙朝刊。=2015年10月6日=

 「アメリカの大統領候補が、TPPはやめるべきと言っているのを知っていますか?」では、44人中、「知っている」が10人、「何となく知っている」が9人、「知らない」が25人だった。

 アメリカ大統領候補が揃ってTPP反対であることを、ほとんどの人は知らない。

 最後にTPPについての自分自身の考えを聞いた。44人中、「分からない」「複雑なので答えられない」は29人いた。「TPPに反対だ」「どちらかというとやめた方がいい」が6人。

 「アメリカが扇動してきたのに、この展開は理解できない」が4人いた。「日本は追随するしかない」「日米ですり合わせて推進していくべき」が3人・・・もはや日本のほうが積極的なんですが。

 また、「日本独自の判断でどうするか決めた方がいい」が1人、「分からないまま勝手に決めてほしくない」が1人だった。

 「TPPを知っている」「何となく知っている」25人に、どの程度知っているのかを聞いたところ、ISD条項について正確に答えられた人は1人もいなかった。

 実際のところ、ISD条項を知らずして、TPPを知っていることにはならない。「知っている」と思っている人も、実は「知っているつもり」なだけで、熟知していない。

 TPPに関しては、「沖縄・高江を知っていますか?」と聞いた前回の認知度を上回る悲しい結果に終わったのだった。

~終わり~

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<万里の長城、当局の修復で真っ平らに | ホーム | 謝蓮舫氏 国籍について発言まとめ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3980-b687a0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)