台湾でも二重国籍は違法

どちらの国が・・・するにせよ
蓮舫氏は、二重国籍であることは事実


台湾でも二重国籍は違法

台湾の法律  22歳で国籍選択届けの提出について
台湾の公務員として重国籍が認められない職位
(総統、副総統、立法委員、行政院部長級など)に就任したときなどは
日本国籍を喪失することもあります。
また、台湾の国籍法第10条には、
外国籍を有するものに対して
一定の公職の就任禁止が規定
されています

二重国籍を正当化するための嘘は 内乱罪に抵触

蓮舫『台湾は中国の一地方であって国ではない、
だから台湾国籍なんか存在するはずない。』 ← 嘘でした
これは台湾籍の者が台湾における中国共産党の支配を認め
国外(台湾)外にて宣伝する行為
つまり中華民国刑法第100条(普通内乱罪)
が適用される


メモです。
http://www.news-us.jp/article/20160916-000009z.html
【速報】蓮舫、台湾の検察に逮捕される可能性キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!! 日本政府も二重国籍状態を正式に違法認定www
一部掲載

1 :ちゃとら ★:2016/09/16(金) 09:34:33.21 ID:CAP_USER9.net
“二重国籍”国籍法違反の可能性も~法務省
日本テレビ系(NNN) 9月15日(木)15時35分配信

法務省は15日、民進党の蓮舫新代表のいわゆる“二重国籍”問題に関連して、一般論として日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性があるとの見解を明らかにした。

法務省は15日、「日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない」との見解を公表した。これは中国の法律が「外国籍を取得した時点で自動的に中国籍を失う」と定めていることを念頭に、台湾出身の人が国籍を自動的に失うわけではないとの見解を示したもの。

一方で、日本の国籍法は二重国籍の人についてどちらかの国籍選択義務に加え、日本国籍を選んだ場合の外国籍離脱努力義務を定めていて、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという。

法務省は「国籍法違反に当たるかどうかは個別・具体的な事案ごとの判断になるので一概には言えない」と強調しているが、蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性が出てきたことになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160915-00000047-nnn-soci





「法務省:『日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない』との見解を公表」
「日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性がある」
「蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性」





30 :国籍法違反 等々 党首になるための不正:2016/09/16(金) 09:47:02.71 ID:IFpAVUSa0.net
おさらい

●台湾でも二重国籍は違法

台湾の法律  22歳で国籍選択届けの提出について
台湾の公務員として重国籍が認められない職位
(総統、副総統、立法委員、行政院部長級など)に就任したときなどは
日本国籍を喪失することもあります。
また、台湾の国籍法第10条には、
外国籍を有するものに対して
一定の公職の就任禁止が規定されています

●二重国籍を正当化するための嘘は 内乱罪に抵触

蓮舫『台湾は中国の一地方であって国ではない、
だから台湾国籍なんか存在するはずない。』 ← 嘘でした
これは台湾籍の者が台湾における中国共産党の支配を認め
国外(台湾)外にて宣伝する行為
つまり中華民国刑法第100条(普通内乱罪)
が適用される

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<代表選強行で蓮舫さんも民進党も終了! | ホーム | タナボタ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3936-ea8c0020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)