乗り込むのは軍事訓練受けた漁民

アメリカしだいだろう

メモです

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160807/frn1608071023005-n1.htm
尖閣へ集結の中国漁船約230隻、乗り込むのは軍事訓練受けた漁民か 習近平政権、日本支配の打破へ新段階 南シナ海関与を牽制も
2016.08.07

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に新たに入った中国海警局の船=6日午後(第11管区海上保安本部提供)


 【北京=西見由章】尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域に中国が漁船約230隻を集結させたのは、日本の実効支配を崩すため新たなステージに踏み出そうとする習近平政権の明確な意思がうかがえる。南シナ海問題への関与を牽制(けんせい)する狙いもあるようだ。

 これだけ大量の中国漁船が尖閣諸島周辺に集まったのは、日中平和友好条約締結のため国家指導者、鄧小平が来日する半年前の1978年4月に100隻以上の中国漁船が集結して以来とみられ、極めて異例だ。当時、漁船の一部が日本領海に侵入し、領有権問題の存在をアピールした。

 今回も漁船に乗り込んでいるのは「射撃などの軍事訓練を受けた漁民」(中国軍事研究者)で、中国当局や軍の意を受けて動く民兵の一種とみられる。

 中国当局は安倍晋三政権の内閣改造で、安倍首相に政治信条の近い稲田朋美氏の防衛相起用などを受けて政権の「右傾化」を警戒。今後の南シナ海問題への関与強化に対抗する狙いもあるようだ。

 先月12日にオランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海における中国の主権を全面的に否定する判断を示して以降も、中国は海洋進出の既成事実を積み重ねる姿勢を崩していない。今後、行動をエスカレートさせる可能性もある。

 中国が大量の船や大型船を尖閣周辺に出せば海上保安庁による対応は難しくなる。中国は海上警備行動の発令を「軍事力の行使だ」として牽制しているが、日本側の毅然(きぜん)とした対応が求められている。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160809/plt1608091537003-n1.htm
岸田外相の抗議に中国大使逆ギレ 尖閣周辺で暴走…領海侵入は「当然」

2016.08.09

 中国の暴挙に対し、日本政府が怒り心頭に発した。岸田文雄外相は9日午前、中国の程永華駐日大使を外務省に呼びつけ、沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局の公船や漁船が領海に何度も侵入していることに、「緊張を一方的に高める行為だ」と猛烈に抗議した。

 中国公船が漁船とともに尖閣周辺の領海に侵入した5日以降、日本の閣僚が中国側に直接抗議するのは初めて。外務省の杉山晋輔事務次官らが再三抗議していたが、状況が改善しないため政治レベルでも対応する必要があると判断した。

 これに対し、程氏は「(尖閣は)中国固有の領土だ。中国の船舶が関連の海域で活動するのは当然だ」と開き直った。中国は南シナ海でも国際法を無視しているが、許し難い認識といえる。

 海上保安庁は8日、尖閣周辺の接続水域や領海に一時、中国の公船が過去最多計15隻が入ったと発表した。9日午前の段階で、公船2隻が領海に侵入し、接続水域と合わせて計13隻の航行が確認されている。

 周辺海域には、海上民兵が乗り込んでいるとみられる約300隻もの中国漁船が集結している。

 中国は完全に暴走している。尖閣の実効支配を示すためにも、違法行為をした漁船を拿捕(だほ)するなど、日本は毅然(きぜん)とした姿勢を示すべきではないか。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<中国反対で北朝鮮非難声明見送り | ホーム | 【韓国】「日王が8日の午後3時に公式退位」 韓国報道>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3825-7e5d1ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)