都民はどこに連れて行かれるのか?

メモです

http://tanakaryusaku.jp/2016/07/00014122
【都知事選】小池百合子がかける集団催眠 都民はどこに連れて行かれるのか?
2016年7月26日 07:45
61b0f140d61e5bde06c90e7a3f230d81.jpg

「魔法使いユリー」。ゆりの花をプレゼントされてご機嫌だった。=17日、秋葉原 撮影:筆者=

 選挙サンデーに湧く銀座で顔を合わせた元社民党国会議員の秘書が恥ずかしそうな顔で言った。

 「ねえねえ私、小池百合子の演説、2時間も聞いちゃった。さっき(日本橋)三越前で。話の組み立てがうまくて、説得力があるのよ」。

 政治の知識があり、左派リベラルのスタンスを堅持する元秘書氏でさえこうだ。小池の演説は人を引き込む魔術のような力がある。短かくて分かり易いフレーズなのだが、内容は実に刺激的だ。

 「パラシュートも安全装置もなくて崖から飛び降りた。たった一人で戦っている」「誰も知らないところで物事が決まっている」「あそこの組織から何万票、こちらの組織から何万票では、しがらみに縛られて改革なんてできない」・・・小池は都議会と自民党を真っ向から批判した。(7月17日、秋葉原、浅草)

 告示から10日後の24日、巣鴨で行われた小池の街宣を聞きに来ていた男性は「いつもは野党に入れるが、今回は小池に入れる」と話した。小池は序盤戦で改革派のイメージを定着させることに成功したのである。

 翌25日、武蔵小金井駅前。「ゆりこグリーン」を身につけた聴衆が目につく。序盤戦の頃と比べると明らかに緑が増えた。3人の子どもと共に緑色の衣類を身にまとって小池の演説を聞きに来た母親もいた。

 首都直下型地震対策、待機児童問題・・・小池は政策を具体的に述べた。体制批判はいっさい口にしなかった。

 府中市の男性(70代)は「(小池は)考えが穏健だと思う」。

 小池は核武装論者で外国人参政権に反対するタカ派なのである。核武装については彼女のHPなどで必要性を説いていた。「核ミサイルの配備」まで飛び出した日本会議との鼎談は有名である。(HPからは削除しているようだが、ウェブ魚拓が残っている)

 外国人参政権については、街頭演説で「反対」と宣言しているのだ。(ただし序盤まで)
2875dd583ee4faca949887c92aa583c4.jpg


手製の「ゆりこ団扇」を持参する聴衆も。=25日、JR武蔵境駅前 撮影:筆者=

 70代の女性は待機児童問題について「(解消するには)給料をあげるしかない。小池さんならすぐできる」。

 小池は「空き家を利用する」「都の公園の一部を保育所にする」などと言っているだけで、保育士の待遇改善は言及していない。皆、だまされているのだ。

 改革派、実行の人、政策通・・・小池は作り上げたイメージをしっかり有権者の頭に刷り込んだようだ。メディア出身だけのことはある。

 集団催眠にかけられた東京都民は一体どこへ連れていかれるのだろうか?

 小池氏は「東京はアベノミクスの牽引役になるべきだ」(6月29日、出馬記者会見)と言って はばから ない。アベさんが目指すことを先取りする、と見る向きもある。

 目が覚めた時、お台場(※)に核ミサイルが配備されていたりしないだろうか。(敬称略)

 (※)
 江戸時代、お台場には幕府の砲台があった。

    ~終わり~

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<“都議会のドン”が役員の会社 五輪施設を逆転受注 | ホーム | 日曜日 午後の散歩>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3790-57ad74b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)