不思議なことにマスコミは賛同しない(笑)


不思議なことにマスコミは賛同しない(笑)
私が都民なら、当たり前の事を公約にしていると思うのだが・・・

マスコミ報道を見ていると否定的意見が多い・・・・(爆)
不思議である。

恐らく他の人が東京都知事になったら「韓国人学校 都の土地提供」が
あるかもしれない。

小池百合子氏の三点

冒頭解散は(都議会に)不信任(決議案)が出ない限りは解散できない。解散するというのは、議会からの不信任が必要

利権追及チーム

改めて舛添さんが任命するのではない第三者の委員会を設置することが必要
本来はこれは議会の役目

メモです。

http://www.sankei.com/premium/news/160706/prm1607060006-n5.html
小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」

自民党の推薦を受けずに都知事選の出馬を表明、会見する小池百合子元防衛相=6日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)

 そこで、まず3つお伝えしたい。いきなりですが、都民目線の信頼を回復するために、都議会を冒頭解散したいと思う。よく分裂選挙といわれるが、分裂は都議会自民党と都民との間の分裂ではないかと思う。民心が離れては都民に寄り添った温かい政策は遂行されない。都民の声を聞いてみましょう。もちろん、冒頭解散は(都議会に)不信任(決議案)が出ない限りは解散できない。解散するというのは、議会からの不信任が必要だ。そこをまずチェックしておきたいと思うが、メディアも皆さんもこんなにたくさん駆け付けていただいているが、国会における議員のチェックは、海外視察などのチェックは、これまでも非常に細かく厳しく行われてきたが、地方議会についてはどうか。私はまだまだチェックが甘かったのではないかと思う。舛添知事の問題についても同じだ。

 それから2つめだが、利権追及チームということだ。単にオリンピック・パラリンピック絡みだけではない。財源が豊富な東京都においてはさまざまな利権が発生するが、それを一つ一つチェックしていくのも、都民の信頼をもう一度取り戻すという意味では重要なことだ。それができてこそ、オリンピック・パラリンピックも都民や国民の皆さまから歓迎される、喜んでもらえるようなものになると思う。どんな利権があるのかという話だが、これについては目安箱を設けたいと思う。皆さまからの情報提供をお願いする。その段取りをとりたい。

 3番目、舛添さんの問題だが、第三者の厳しい目とおっしゃっていた。これについても公私混同の問題については、もう一度チェックをする必要があると思うので、これは改めて舛添さんが任命するのではない第三者の委員会を設置することが必要だ。本来はこれは議会の役目だ。これについては、都民の信頼を取り戻すという意味で、3番目にアイテムとして挙げさせていただいた。第三者委員会のメンバーについては公募も考えられる。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<なぜ自民党都連は増田氏を擁立するのか | ホーム | 参院選の終盤情勢>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3747-7c782e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)