陸幕長「あり得ないミス重なる」 実弾誤射で

岩田陸幕長によると、
関係者からの聞き取り調査で

(1)部隊が誤って実弾を請求した
(2)部隊が弾を受領する際、点検不備があった
(3)発射した隊員9人は空砲と思い込んで発射した


ミスが重なったで終わりのようですね。
報道しない自由と報道統制

メモ・・・

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016052601001611.html
陸幕長「あり得ないミス重なる」 実弾誤射で

2016年5月26日 18時22分


 陸上自衛隊が北海道の演習場で実弾を誤射し2人が負傷した事故で、岩田清文陸上幕僚長は26日の記者会見で、事故原因について「部隊が誤って実弾を請求するなど、3点のあり得ないことが重なった」と述べた。

 岩田陸幕長によると、関係者からの聞き取り調査で(1)部隊が誤って実弾を請求した(2)部隊が弾を受領する際、点検不備があった(3)発射した隊員9人は空砲と思い込んで発射した―の3点のミスがあったことを確認したという。

 事故を受けて、陸幕は同日、事故調査委員会を設置した。また陸自の警務隊は、業務上過失傷害容疑も視野に捜査を開始した。
(共同)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<日本に対する提言 | ホーム | 実弾と空包の区別>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3650-39a7c61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)