【パナマ文書】政府とマスコミは早くも幕引きムード

政府とマスコミは早くも幕引きムード
さて、どうなるか
興味津々

メモです。

http://tanakaryusaku.jp/2016/05/00013607
【パナマ文書】政府とマスコミは早くも幕引きムード
2016年5月11日 18:02
0d4ad26904d6696dd9dda031b8f40975.jpg

ヒマなマスコミ。政府からのヒアリングの最中なのに居眠りをする記者も(正面2人)。=11日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 パナマ文書の詳細が公表されて2日目。民進党は昨日(10日)に続き今日も国税庁などからヒアリングを行った。

 会場の衆院第4控室に詰めかけたマスコミ記者の数は昨日の半分だ。テレビカメラも一台だけ。

 万が一、トンデモない事実が飛び出した時に備えているに過ぎなかった。

 “マスコミ界のリーダー” 読売新聞はパナマ文書問題を報じているが、企業名にモザイクが入っていた(10日夕刊)。

 テレビ局のニュース映像も同様にモザイクがかかっている。

 御用コメンテーターの後藤謙次氏は報道ステーション(テレビ朝日・10日夜放送)で「G20で対応が協議されるでしょう」と上手に争点を はぐらかし た。

 今日発売の週刊新潮も掲載企業・個人の言い分を載せた。追及するというよりは、むしろ名前が出て迷惑というケースばかりを取り上げている。

 スポンサー様のご機嫌を損ねたくないマスコミは、問題の真相に触れないのだ。
823e38d9e1885d9f8205304967c5668f.jpg


読売新聞、10日夕刊。ネットで公表しているのに、なぜモザイクを掛けるのか?ネットを見ない層に覚醒されては困るからだ。=撮影:筆者=

 それでも民進党議員は真相を解明すべく政府に迫った―

 宮崎岳志議員:国際的に市民から不満が出ている状況にある。対策チームを立ち上げてリストの一件一件が正当なのか調べるべきだ。皆さんには調査権限があるわけだから。やるつもりがあるんですか、ないんですか?

 国税庁は「資料を活用する」と繰り返した。

 柚木道義議員:そんな対応していたら当局は国民の理解が得られないだけでなく、課税の正当性自体、疑いの目で見られるようになる。

 みんな正直者がバカを見るみたいになってしまう。ちゃんと調べるべき。(民進党として国に調査チームを)正式に要請する。

 山井和則議員:今回は従来の延長線上ではない。世界の一大事が起こっている。今や世界をゆるがす大問題だから、政府として「調査します」と言うべきだ。

 民進党の議員たちが厳しく迫っても暖簾に腕押しだった。官僚たちは顔色ひとつ変えない。

 取材陣も全くといってよいほど緊張感がなかった。

 マスコミと政府は早くも幕引きムードに入ったようだ。官邸、財界、メディア各社の間でしっかり打ち合わせができているのだろう。

  ~終わり~

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<夏の参院選 | ホーム | しばき隊リンチ事件の急展開 - 自供を始めた李信恵と辛淑玉文書の存在>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3594-bbb8c3a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)