民進党はなぜ全力で袋小路に突っ込むのか!?

民進党はなぜ全力で袋小路に突っ込むのか!? 
現実的な安保政策から「左」旋回する党幹部たちの不思議

野党勢力の結集が左傾化路線の選択・・・・・・(爆)
野党勢力を結集し、政権を担うことのできる新たな政党をつくる

メモです

http://www.sankei.com/premium/news/160426/prm1604260002-n1.html
民進党はなぜ全力で袋小路に突っ込むのか!? 現実的な安保政策から「左」旋回する党幹部たちの不思議…

(1/3ページ)

安倍晋三首相に熊本地震の申し入れを行う民進党の岡田克也代表ら=4月20日、首相官邸(斎藤良雄撮影) 安倍晋三首相に熊本地震の申し入れを行う民進党の岡田克也代表ら=4月20日、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 「野党勢力を結集し、政権を担うことのできる新たな政党をつくる」

 結党宣言でそううたった民進党が発足して約1カ月になるが、世間の期待は相変わらず低い。結党直前の産経新聞・FNN合同世論調査では、「将来、政権を担う政党になると思う」との回答はわずか14・9%で、「思わない」が76・2%。直近の時事通信の世論調査(4月8~11日)では、政党支持率は4・2%にとどまり、前回調査の旧民主・維新両党を足した6・0%にも及ばなかった。これが政権交代を目指す野党第一党の体たらくだ。

 理由をいちいち挙げるとキリがないだろう。与党時代のぶざまな政権運営を国民は忘れていないし、野党転落後も、政府・与党への批判が自らに跳ね返る「ブーメラン」を繰り返してばかりだ。それでも民進党は、安全保障関連法の廃止を安倍晋三政権への最大の対立軸に掲げ、共産党などと共闘する路線に活路を見いだそうとしている。

 「何を今更」という話だが、民進党がここまで嫌われるのは、旧社会党に先祖返りしたような左傾化路線が、根本的に間違っているからではないか。

 そもそも民進党には、集団的自衛権の限定的な行使容認を批判する資格も、正当性もない。民進党の枢要なメンバーはかつて、集団的自衛権の必要性を主張したり、少なくとも議論すべきだと説いたりしてきた経緯があるからだ。国会審議でも指摘されたが、以下は過去の民進党幹部らの発言だ。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<午後の散歩 | ホーム | 首相「改革を断行」、日本への投資拡大呼びかけ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3584-dc3b3008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)