TBSが熊本県益城町の避難所を中継断念 

中継画面に映っていたのが「ピースボート」の関係者

TBS広報部は
「避難所について役場の担当者に許可を取り、
ボランティアの受け入れについて放送を行っていました。
今後も被災者の方々のお気持ちに十分配慮しながら取材を続けてまいります」

TBSは、ボランティアの受け入れについて放送に
「ピースボート」関係者を選んだ・・・・・・・(爆)




メモです。
http://www.sankei.com/entertainments/news/160422/ent1604220025-n1.html
生放送中に「見せ物でない」と怒号、TBSが中継を断念 「報道各社は迷惑かけ過ぎ」とネットで非難の声
 熊本地震をめぐる過熱報道で、またネットが炎上した。21日放送のTBS系ニュース番組「Nスタ」で、熊本県益城町の避難所を中継していたリポーターが、背後から現れた被災者と思われる男性から「見せ物ではない」「車(中継車)邪魔。どかせよ!」などと大声で怒鳴られ、生中継を急きょ打ち切った。

 現場の様子をスタジオで見ていた堀尾正明アナウンサーは慌てた様子で、「中継を引き取ります。ご迷惑になっているようで、すみません」と謝罪した。

 この騒動についてツイッター上では「報道各社は被災地に迷惑かけすぎ」「被災者からしたら、報道を建前にしたネタあさりと思われても仕方ない」といった非難の声が上がった。

 TBS広報部は「避難所について役場の担当者に許可を取り、ボランティアの受け入れについて放送を行っていました。今後も被災者の方々のお気持ちに十分配慮しながら取材を続けてまいります」とコメントした。


http://ringosya.jp/tbs-peaceboat-housoujiko-26179
tbs-peaceboat-housoujiko-1.jpg

4月21日夕方の情報番組「Nスタ」の番組内で、熊本地震で被災した熊本県・益城町の避難所からの生中継の途中で避難所に居た男性から怒号が飛び、中継が途中で終了する放送事故が発生しました。
元々、この避難所前は撮影禁止だったようですが、中継画面に映っていたのが「ピースボート」の関係者とテロップで明らかになり、ネット上では大きな注目を集めました。

過去の事件などからピースボートに対してあまり良い印象を持っていない方が多いようで、生放送終了から時間が経っても話題となっているようです。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<三菱自動車の燃費データ不正問題 | ホーム | 「ダブル選挙なし」のスクープの裏側>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3531-f5d47dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)