田母神氏逮捕の人脈図

東京都知事選。街宣車上の田母神候補と水島選対本部長(後ろ)。
のちに刺し合うことになると誰が予想しただろうか。

この時期に逮捕かと思ったり。
元航空幕僚長(こうくうばくりょうちょう、Chief of Staff, Air Self Defense Force)
ここがミソなのだろうか

メモです。

http://tanakaryusaku.jp/2016/04/00013411
田母神氏逮捕の人脈図  
2016年4月14日 19:23
3c6e177a41c35f0b22ffd140936b9b77.jpg


東京都知事選。街宣車上の田母神候補と水島選対本部長(後ろ)。のちに刺し合うことになると誰が予想しただろうか。=2012年2月、銀座 撮影:取材班=

 巨悪を助け小悪をくじく。東京地検がまた本領を発揮した。

 田母神俊雄元空幕長がきょう、公選法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

 2014年2月の都知事選に立候補していた田母神氏が選挙後、運動員5人に報酬として現金280万円を配っていたというものだ。

 確かに公職選挙法が禁じる運動員買収にあたるが、造船疑獄(1954年)やロッキード事件(1976年)など政権中枢の巨悪を摘発してきた捜査機関がやる仕事だろうか?

 都知事選で田母神陣営の選対本部長を務めたチャンネル桜の水島総社長が告発していた。

 チャンネル桜はアベちゃんと思想を同じくする人たちの「公式メディア」だ。

 昨夏、安保法制をめぐって安倍政権への批判が高まってくると、水島社長率いる「頑張れ日本」は「安保賛成デモ」を議事堂周辺で繰り広げるなどしていた。
b2263fd766bd5d6dee537cd8af77ad36.jpg


「頑張れ日本」の「安保賛成集会」でスピーチする稲田朋美政調会の実父・椿原泰夫氏(演台中央)。=昨年7月、国会議事堂前 撮影:筆者=

 デモには安倍首相の腹心中の腹心である稲田朋美・政調会長の実父・椿原泰夫氏も駆け付けた。

 反日教組の高校教諭だった椿原氏は演台に立ち「自民党はやるべきことはやる。それが国のためだ」などとスピーチした。さすがは稲田政調会長の実父だ。

 都知事選挙前まで「頑張れ日本」の集会には田母神氏の姿があった。会長を務めていた氏はシンボル的存在だったのである。

 「頑張れ日本」を離れた田母神氏に捜査当局は厳しかった。安倍首相の取り巻きたちと袂を分かつことさえなければ、逮捕はなかったかもしれない。

 ~終わり~

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<山尾氏、またも「ガソリン代計上は元秘書が不正」の根拠示さず | ホーム | 逃げ回る(笑)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3499-eb0eb2e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)