東大寺でお水取り

春です・・・

メモ

http://www.asahi.com/articles/ASJ2S6VPKJ2SPOMB00P.html
春待ち焦がれる火の粉 東大寺でお水取りの本行始まる
古沢範英 2016年3月2日05時07分

たいまつの明かりが二月堂を照らし出した=1日夜、奈良市の東大寺、高橋雄大撮影(午後6時19分から7時22分に撮影した11枚の写真を合成)

 古都・奈良に春を告げる東大寺の修二会(しゅにえ〈お水取り〉)の本行が1日、始まった。長さ約6メートルのたいまつが二月堂の舞台に登場し、火の粉が舞うと、集まった人から歓声がわいた。


 たいまつは練行衆(れんぎょうしゅう〈こもりの僧〉)を堂内に導く道明かりで、童子(どうじ)と呼ばれる付き人が担いで石段を上る。

 修二会は大仏開眼と同じ752年に始まり、途絶えることなく今年で1265回目。練行衆は14日まで1日6度の法要を繰り返し、二月堂本尊の十一面観音菩薩(ぼさつ)に世の中の罪を懴悔(さんげ)し、天下泰平などを祈る。たいまつは毎夜、登場する。(古沢範英)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<ちょろちょろ逃げ回る(大笑) | ホーム | 難民流入抑制策を可決>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3433-6e2c278e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)