大阪の教育現場の現状

単なるメモ

ハングル文字のあいうえお表です。
思わず子供に『これなに?』と質問すると、 『今日、韓国語の勉強してん。』

日本は平和ボケすぎる・・・(笑)


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/01/14/418-2016%E5%B9%B41%E6%9C%8814%E6%97%A5%E6%99%82%E4%BA%8B/
418 2016年1月14日時事

仁和
大阪市内に住む主婦です。
日本人のみなさんに、大阪の教育現場の現状を知って頂きたいと思い、投稿しました。
周知の事とは思いますが、大阪は完全に朝鮮人に浸食されています。
瀕死の状態です。
我が子が通う、公立小学校では、学校行事として“ハヌルの会“と言うモノが、存在します。
朝鮮楽器を演奏したり、チマチョゴリを着て踊るそうです。
朝鮮人の子供達が対象ですが。
勿論、朝鮮学校ではありません!
コリアンタウンがある区でもありません!
ごく普通の公立小学校です。
一番、驚いたのは、先月のこと。
子供が持って帰って来たプリントを見て、驚愕しました。
ハングル文字のあいうえお表です。
思わず子供に『これなに?』と質問すると、 『今日、韓国語の勉強してん。』
あまりの衝撃と怒りに、震えが止まりませんでした。
勿論、保護者には知らされていません。
多文化を学ぶことに反対はしません。
多言語がある中で、どうして韓国語なのか?
理解に苦しみます。
これが大阪の教育の現状です。
在日に加え周りには、ソウカやアカばかり。
純粋な日本人を捜す方が難しいです。

sora
仁和さんのコメントにあるように大阪の小中学校は朝鮮人に侵食され尽くしています。
こうなった原因は阪神教育事件です。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/阪神教育事件一例です。
 事件後、大阪府守口市では市内小中学校各校に民族学級を設置するため、当時大学生だった玄という朝鮮人が教育会に送り込まれました。当初は日本人教師と反りが合わず、思うように学級の設置は進みませんでしたが、現在ではかなりの学校に民族学級が設置されています。朝鮮にルーツを持つ子供たちの学級という特別学級ですが、訳もわからず入っている日本人の子供たちもいます。学級で教えられている内容はあなた方のお祖父さんやひい祖父さんが朝鮮人に酷いことをしたという定番のプロパガンダです。
 またお祭りや運動会などではオッケドンムと呼ばれる朝鮮太鼓が定番となっています。卒業式での国歌斉唱拒否の上に女性教員は当然のごとくチマチョゴリで出席します。校外授業へはコリアタウン、近所の朝鮮学校との交流などとにかくやりたい放題です。勿論、民族学級の設置された学校には朝鮮人の教員が最低二人以上います。在日採用枠があるようです。

.....こういう実態を一般国民はほとんど知らない。とくに関東は関西とはまったく国が違うような状況である。最近やっと神奈川県の横浜、川崎の在日汚染状況が報道されるようになったが、それは犯罪を通しての関係であり、教育現場での実態はまったくわかっていなかった。在日や反日勢力の焦りからいろいろと実態が見えてきたのでこれからですよ。大阪のヘイト条例にしても議員のHPやTwitterが閉鎖されているようで、彼らもやばいと思っているのだろう。日本人がみな実態を知ればすべては一瞬で終わる。とりあえず敵は誰かをしっかりと認識しておくことだ。
 ご承知のように、福島瑞穂も有田ヨシフも最近異様な行動をしているが、これは、両者ともに今回の参院選では改選となるので必死のあらわれである。社民党は消滅するだろうし、流れからは有田も危なそうだ。しっかりと状況を見極めよう。

うさぎもちこ
民族浄化、調べてみたら恐ろしくなりました。
帰化や定住許可取得マニュアルがあるということは、許可や定住許可反対のマニュアルがない日本国民がやられっぱなしになるということであり、戦争でいえば今、日本は負け続けているということですよね。
 官邸メールのテーマ募集の受付は終了されていますが、もしみなさまがここのコメント欄をご覧になっていただき、ご賛同いただけましたら、余命連番とは別個の扱いになりますが、ご協力いただけましたら幸いです。

テーマ: 戦争や内紛等の勃発による、有事発生前後数年間の外国籍者との結婚届受付止及び婚姻取消について

ご意見・ご要望:
標題の通りです。 在日外国人用に、弁護士や行政書士による届出のマニュアルが存在すると聞きます。
 本当だとしたら、これは民族浄化、まさに戦争であります。
 有事発生の際は、有事発生日から遡って1年ないし3年の外国籍所有者との結婚届の取消撤回をされること、及び、有事収束後1年ないし3年の外国籍所有者との婚姻を認められないよう望みます。
「万一生まれている子供の人権が」
「生まれている子供が両親と過ごす権利が」
「結婚の自由が」
「結婚したなら配偶者は滞在許可を得ており、権利の侵害だ」
等反対意見も予想されますが、手続き制度をマニュアル化して民族浄化と侵略を企む者が実際にいる場合、健全な結婚とは到底言えないばかりか、民族浄化に関しては待ったなしで現在進行形で進んでいます。
何卒、よろしくお願いいたします。

.....先にコメントしたように、まず多くの日本人が実態を知ることだ。余命ブログの書籍化の影響は、まだはじまったばかりで、現状、アマゾン総合ランキング4位、日本の政治、ジャーナリズム、ノンフィクション部門ではすべてランキング1位であるが、先日やっと予約部数の一部が補充されたばかりで、落ち着くには少なくとも今月いっぱいはかかりそうだ。ということは拡散はこれからということになる。もう少し様子を見ようというのはそういう意味である。

爽涼無量
余命 様
御多忙中に、度々失礼致します。何卒御一読の程、お願い申し上げます。
大阪市の身の程を弁えないヘイトスピーチ条例につきまして、条例が可決された場合、日本人のみならず、海外からの訪問者に対しても施行される訳ですから、大阪市広報課に代わって、4チャンネルでお知らせすることに致しました。

Hi, everyone !
Osaka-city(Japan), a nice regulation was approved.
It is called [The regulations about coping to Hate speech in Osaka-city] .
In Osaka-city,
When you say about “the specific race”, the specific race hears that ,and they scold it is Hate speech,
Only in this, Osaka-city spends a legal cost using a citizen’s tax for the specific race.
All the people whom there is in Osaka-city may be accused from now on by the specific race.
Do you come to such wonderful Osaka-city?

やあ、みんな!
大阪市(日本)が素敵な条例を可決したぞ。
「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」って言うんだ。
大阪市では、君が“特定の民族”について話した時、それを特定の民族が聞いてヘイトスピーチだと決めつけたら、
それだけで、大阪市は特定の民族の為に、市民の税金を使って訴訟費用を賄うんだ。
これからは、大阪市内にいる者は誰でも、特定の民族から訴えられるかも知れないってことさ。
こんな素敵な大阪市に、君は来るかい?

The political party which made the regulations. They know it in detail.
条例を作った政党。これについて詳しく知ってるよ。
[Osaka- Ishinnokai] official Twitter
https://twitter.com/oneosakahttps://twitter.com/oneosaka
[Osaka- Ishinnokai]public relations section
https://www.facebook.com/ishinkohobuhttps://www.facebook.com/ishinkohobu
Ichiro Matui (Representative)
https://twitter.com/gogoichiro?ref_src=twsrc%5Etfwhttps://twitter.com/gogoichiro?ref_src=twsrc%5Etfw
大阪維新の会 公式ツイッター
大阪維新の会 広報部フェイスブック
代表 松井一郎のツイッター

Member of the legislator of the same political party.
There are a lot of members of the legislator who deleted Facebook and Twitter.
How would they do it?
同じ政党の議員。
多くの議員が自分のフェイスブックやツイッターを削除しているよ。どうしたんだろうね?

Emi Kaneko 
http://kaneko-emi.net/http://kaneko-emi.net/http://kaneko-emi.net/http://kaneko-emi.net/
https://www.facebook.com/Emi-Kaneko-1655466148033782/timeline/?ref=br_rshttps://www.facebook.com/Emi-Kaneko-1655466148033782/timeline/?ref=br_rs

Athushi Imai
http://imai-atsushi.p2.weblife.me/index.htmlhttp://imai-atsushi.p2.weblife.me/index.html
Mail:imaiatsushi.info@gmail.com

yoshika Ito
http://www.ito-yoshika.com/http://www.ito-yoshika.com/
http://ameblo.jp/itoyoshika/http://ameblo.jp/itoyoshika/
https://www.facebook.com/itoyoshika?fref=tshttps://www.facebook.com/itoyoshika?fref=tshttps://www.facebook.com/itoyoshika?fref=tshttps://www.facebook.com/itoyoshika?fref=ts

Tomotaka Ueda
e-mail : uedatomotakaishin@gmail.commailtomailto:uedatomotakaishin@gmail.commailto:uedatomotakaishin@gmail.com
https://www.facebook.com/the.uedas?fref=nfhttps://www.facebook.com/the.uedas?fref=nfhttps://www.facebook.com/the.uedas?fref=nfhttps://www.facebook.com/the.uedas?fref=nf

Nobuhiro Tanabe
http://www.nobuhiro-tanabe.com/ https://www.facebook.com/nobuhiro.tanabe.90?fref=tshttps://www.facebook.com/nobuhiro.tanabe.90?fref=tshttp://www.nobuhiro-tanabe.com/ https://www.facebook.com/nobuhiro.tanabe.90?fref=tshttps://www.facebook.com/nobuhiro.tanabe.90?fref=ts

大阪市は現在、“ホームページに関する意見・要望”をサービス停止にしています。
上記以外に意見を寄せられそうな所を見つけられませんでした。
最後までお読み頂き、誠に有難うございました。

クミ ト∸ビン
余命爺様、プロジェクトチームの皆様へ
在米22年の愛国心に目覚めた一人です。余命爺様、ありがとうございます。
「2016年のキーマン」として9名の方を挙げられておりますね。(藤井実彦、藤木俊一、山本優美子、鈴木規正、トニ∸・マラ∸ノ、谷山雄二朗、高橋史郎、ケント・ギルバ∸ト、杉田水脈) 大変厚かましいのですが、是非とも「Kazuya・京本和也氏」を加えて頂く事は可能でしょうか?若者に絶大な人気を誇り、現在フォロ∸ワ∸総数は37万人、北海道在住の20代青年です。2012年から、YouTube、ニコニコ動画、Twitter、時事問題、政治、歴史等、気になった話題を明快な切り口、ユ∸モア、比喩表現の的確さで非常に判り易く2分程度で【毎日】夜9 時発信しています。
https://www.youtube.com/user/kazuyahkd/videoshttps://www.youtube.com/user/kazuyahkd/videos
動画一覧です。
https://www.youtube.com/watch?v=yDSINqT_YDQhttps://www.youtube.com/watch?v=yDSINqT_YDQ
こちらは「在日韓国人からの手紙~韓国人は皆キチ〇イなのか?」の動画で、96,767人が見ています。
余命爺様、チ∸ムの皆様、西海岸より応援しています。
寒い日が続いております。お身体ご自愛下さいませ。

.....Kazuya君のことはよく知っている。余命があげた9人の侍は、あくまでも日本再生において、余命プロジェクトのシナリオで重要な役割を持つ方々である。個々にはつながりは知らないし、求める能力以外のことは無視している。要するに独断と偏見で目的達成を念頭に判断している。
 何回かこの関係に触れているが、「余命三年時事日記」という言葉には、大手ネットをはじめ新聞、テレビ、週刊誌、ジャーナリスト、サヨク、右翼、すべてがまったくスルー。
なにしろ事実という妄想記事がてんこ盛り。へたにさわったら即、袋叩きにあって潰されるからだれもが沈黙、沈黙、沈黙だ。
 いい悪いではなく、立場が違うのだから、彼は今のスタイルで頑張って欲しいと思う。
ところで西海岸からということだが、日系の方々との連携がいまいちだ。情報があれば寄せていただきたい。お待ちしている。

若年者
こんにちは余命さん。
余命さんだけに伝えたい事があるけれど、ネット上に公開したくない事があるのですが、どうしたら良いでしょうか。
ここは保守の場ではありますが、敵にも情報が知られてしまうわけですし、それに、私的な情報をお伝えしたいのです。相談の様になるかも知れませんが。

.....とりあえず、匿名、削除希望でぼかして投稿してみたらどうだろう。どういう関係かわからないので返事のしようがない。私的な件はサイトでは難しいと思う。

無断広報部員1号
余命様
試しにこのような動画を作ってみました。
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=YIDonBpZxZwhttps://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=YIDonBpZxZw
一応内容としては書籍化の告知をしたかったのですが、最後に検索誘導してしまうと本を買わずにプログ本体に行ってしまいますよね。完成してから気づきました…苦笑
 内容に関しましては小生の至らない点や誤用、誤解などご指摘頂ければ仰せのままに修正、改良させていただきますが、例えばこのような形で動画コンテンツを作り通行量の多い都市の大型ビジョンなどで放映するのはいかがなものでしょうか?
 大音量で「余命三年時事日記」という音声が響き渡るのは個人的には極めて痛快なのですが。。
 現段階では大変失礼承知の上、青林堂様には一切なんの許可も得ていないので、限定公開の状態でユーチューブにアップロードしております。
 放映にあたり、内容はともかく、誰が広告主なのかという部分は問題でして、この場合どうしても青林堂様の名前をお借りする以外アイディアが思いつきません。あと本編中のアマゾン様の扱いについてもこのような無断使用のかたちのままでは微妙な状況です。青林堂様にアマゾン様と話をつけて頂く以外ないかと…
どなたかお知恵をお貸しいただけると幸いです。
 実際内容諸々決まってしまえば、そのあとは早いのですが…
余命読者の皆様のご意見やアイディアもお借りできたら、より大きな力のあるものがつくれると思いますので、ご協力いただけると嬉しい限りです。

.....確かにいろいろな兼ね合いがありそうだ。何をするにしても今は猛烈に忙しいのでもう少し時間をいただきたい。

山中英雄
街の弁護士日記さんのサイトによれば、日弁連会長選挙で圧勝が予想されている日弁連主流が擁立した中本和洋弁護士は、安倍政権の枢軸を担う稲田朋美議員支援者とされているが、これは安倍さんの日弁連攻略の一環なのだろうか?
そして、これは余命の官邸メールの成果なのだろうか?
うまくいけば、第2日弁連設立は不要かもしれないね。
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2016/01/post.htmlhttp://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2016/01/post.html
2016年1月13日 (水)
<日弁連次期会長  稲田朋美議員支援者でいいのか>
日弁連会長選挙が始まっている。ろくな予感がしない。
圧勝が予想されている日弁連主流の擁立した中本和洋弁護士が、安倍政権の枢軸を担う稲田朋美議員後援会に献金している事実が発覚してネットに出回っている。
安保法制反対運動の中で日弁連が果たした役割は、決して小さくない。
ところが、当の日弁連では、安保法制を強行するに当たり、自民党の要職にあった稲田朋美議員を支援し続けた弁護士が次期会長を確実視されている。 ブラックジョークである。

.....まあ、こういう裏事情があって、そうなのかとか、実はという話になる。結局、裏がわからないまま進めていくわけにはいかないので、日弁連を潰す方法と、もうひとつの新日弁連の立ち上げという二本立てで官邸メールを送っている。
 この件、一歩間違えば政治生命がたたれるから稲田君も正念場だな。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<テロとのつながりを消し去るためのエルドアンの偽旗爆発 | ホーム | 暴発資料>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3363-2ba1d5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)