中国のゴーストタウンで見た官製バブルの成れの果て

以前にもまして深刻な事態になっているのかなぁ~と思ったり。
中国高速鉄道・・・・


あれだけ広大な土地がありながら
外資によるインフラ整備


この「遼寧省の中では暖かい」というフレーズに、
この鬼城が作られた理由がある。
営口の新開発は市役所主導で行われた。
不動産開発は民間会社が行っているが、その背後には市役所がある。
そしてその背後に遼寧省最後は中国共産党が控えている。

メモです。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45460
中国のゴーストタウンで見た官製バブルの成れの果て
盛大にコケてしまった官僚の描いた机上のプラン
2015.12.9(水)
一部掲載

img_0490f950d15285fa15fd0d63d4aba63a2270701.jpg

建設が中断された営口市にあるマンション(筆者撮影、以下同)

 この11月に中国遼寧省営口市を訪問する機会があった。

 営口市は大連の北方約200キロメートルに位置し、渤海湾に面しており、昔は漁港だったそうだ。市の人口は230万人とされるが、それは周辺部を含んだものであり、中心部の人口はその10分の1程度。中国のどこにでもある都市と言ってよいだろう。
わずか3年でできた新幹線

 営口へは大連から新幹線で行った。乗った車両は外観も内装も日本の新幹線によく似ていた。真似したのであろう。切符を買うのに外国人はパスポート、中国人は身分証明書が必要であり、乗る際には空港と同じように荷物検査があった。ただ、それほど厳重ではなく、係員の態度はおざなり、また身体検査はなかった。
遼寧省 営口市

 車内にメーターがあり、スピードが乗客にも分かるようになっていた。最高速度は毎時300キロメートルを記録したが、その際にも大きく揺れることはなく、まあ快適な旅だった。大連から営口まで約1時間。

 驚いたことに、大連と営口を結ぶ新幹線が2本ある。海沿いと山沿いの2路線。どちらも2010年以降に完成したと言っていたから、リーマン・ショック後の景気対策で急遽建設されたと思われる。だた、海沿いを走る列車は少なく、1日に数本。明らかに必要のない路線であり、過剰投資と言ってよい。

 人々が新幹線が作られるという話を聞いてから3年程度でできてしまったという。日本をよく知る中国人は、新幹線を作ると言ってから完成するまでに30年程度を要する日本とは、スピード感が全く異なると言っていた。独裁国家の強みだろう。

不動産バブルの残骸と化した街

 そんな営口で見たのが「鬼城」(住む人がほとんどいない街、ゴーストタウン)である。写真を見ていただこう。

 写真1は郊外に作られた体育館。新開発区の中心にある。写真を撮ろうとしたが、大きいので全景を入れるために、道路を隔てたところでカメラを構えた。写真を見れば分かるように道幅が広い。だが、車はほとんど走っていない。また、体育館は開店休業状態で、駐車場に車は1台もなかった。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<革命闘争の組織図 | ホーム | スイス政府「民間防衛」に学ぶ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3236-515e1d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)