【パリ発】「対IS有志連合」日本も引きずり込まれる

きっと拘束されたのだろうと思ったり・・・・

フランス国防省
軍事施設に許可なくカメラを向けてはならない
常識を破って撮影した画像は消去させられたが、バックアップを残していた

原文を確認してみよう・・・・・・・
米国のオバマ大統領はフランスがテロ攻撃に遭ったその日(13日)に声明
「これはフランスだけへのテロ攻撃ではない。世界の全人類への攻撃である」

http://tanakaryusaku.jp/2015/11/00012479
【パリ発】「対IS有志連合」日本も引きずり込まれる
2015年11月24日 04:36


ISへの攻撃を本格化させれば、フランス国内で警戒にあたる兵士の数も増やさねばならなくなる。=21日、パリ・リヨン駅 写真:筆者=

 英国のキャメロン首相が23日来仏し、オランド大統領と会談、ISへの空爆に向け軍事協力することを表明した。

 BBCによれば英国はフランス軍に情報提供する他、『給油』を手伝う。

 キャメロン首相は12月後半にもISへの爆撃を可能にできるよう議会の承認を取り付けたい、としている。

 米国のオバマ大統領はフランスがテロ攻撃に遭ったその日(13日)に声明を出した。「これはフランスだけへのテロ攻撃ではない。世界の全人類への攻撃である」と。

 これで英・仏・米による有志連合ができたことになる。

 英と仏はそれほど親密ではない。英はブレア元首相以降、仏はサルコジ大統領以降、米国に従順な国家となっている。

 有志連合の音頭をとったのが米国であることは疑いようがない。

2089d1924361f82cc05c2188853e43241.jpg
フランス国防省。軍事施設に許可なくカメラを向けてはならない。常識を破って撮影した画像は消去させられたが、バックアップを残していた。=24日、パリ市内 写真:筆者=

 日本も安保法制が施行されれば、同盟国が攻撃を受けた場合、同盟国と共同で軍事行動することになる。

 本記事2段落目の『給油』に脊髄反射された方も少なくないのではないだろうか。新安保法制では、爆撃に向けて発進準備中の同盟国の戦闘機にも給油できるのだ。

 戦線が拡大し泥沼化すれば、日本も引き入れられる可能性は高い。アベ首相はむしろ積極的に参加したがりそうだ。

 「有志連合」は、いかにもアベちゃんが酔いそうな言葉だからだ。

 今回のテロ事件で89人もの死者を出したバタクラン劇場前で花を手向けていた市民に聞いた。3~4時間前、キャメロン首相とオランド大統領がここで献花している。

 南仏生まれパリ育ちの女性(60代)は「(ISの)報復がありますから怖いですね。叩かれたら叩き返すでは何も解決しない」と顔をしかめた。

 国民の不安をよそに、政治家は戦争に向けて前のめりになっていく。

  ~終わり~

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<Statement by the President on the Situation in Paris | ホーム | 仏、空母から初のシリア・イラク空爆 対IS戦を強化>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3173-c5d9a4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)