「ねじれを作るしかない」

権力が神経とがらす5野党の接着剤
ようやく、時事ネタがブログにアップできる(笑)

来年の選挙ですね~
どうなるか

メモ
です。

http://tanakaryusaku.jp/2015/10/00012225
権力が神経とがらす5野党の接着剤
2015年10月18日 20:19

左から玉城(生活)、小池(共産)、福山(民主)、小野(維新)の各議員。=18日、渋谷 写真:島崎ろでぃ= 

 「民主主義って何だ?」SEALDsの奥田愛基さんがコールする。

 渋谷ハチ公前を埋め尽くした群衆は、拳を突き上げて「これだ」と叫ぶ。老いも若きも男も女も一体だ。

 議会を屁とも思わないアベ首相でも、この光景を見たら たじろぐ だろう。

 世代と性別と支持政党を超えた人気を永田町が放っておくはずがない。野党の間ではSEALDsの取り合いが起きている、とまで言われる。

6cf45db60f6dd8c4b9a8a821c7e00654.jpg
「ねじれを作るしかない」。参加者は祈るような目で野党共闘の実現を願っていた。=18日、渋谷 写真:島崎ろでぃ=

 きょう、渋谷ハチ公前で行われたSEALDs主催の安保法制反対集会には、5野党(民主、共産、維新、社民、生活)の国会議員が駆けつけた。

 一通りスピーチを終えた野党議員たちがステージ上で手をとり合った。

 すると「共闘」「共闘」「野党は共闘」・・・主催者がリードしたわけでもないのに、群衆からコールがあがった。

 SEALDsは今や野党間の接着剤だ。野党の足の引っ張り合いで漁夫の利を得てきた自公にとっては、厄介な存在となる。野党間の結束を促されては困るからだ。

0a0689386e3cd18b35bb818c43695c56.jpg
 安倍政権の意向を汲んだのか。杉田和博官房副長官が警察庁出身だからか。
「こういうロープが困るんだよね」。刑事(手前・後ろ姿)の注文は、聞いていて理由がよく分からなかった。=18日、渋谷 写真:筆者=

「こういうロープが困るんだよね」。刑事(手前・後ろ姿)の注文は、聞いていて理由がよく分からなかった。=18日、渋谷 写真:筆者=

 警察はSEALDsの動向にピリピリと神経をとがらす。私服刑事は集会が催されていた3時間、ひっきりなしに会場を巡回し、突っ込みどころを探した。

 「歩行者が滞留すると考えなければならないから」「これはダメよ。こういう形でやっちゃうと」・・・

 刑事はスタッフに対して中止をほのめかした。歩行者がスムーズに流れていたのにもかかわらず、だ。

 スタッフによる懸命な交通整理の甲斐もあって、3時間の集会は無事に終了した。

 「(来夏の参院選で)野党共闘ができず、自公に3分の2を獲らせてしまったら、この国は終わってしまう」。

 司会者(SEALDs)の言葉を野党はどう受け止めるのだろうか。

   ~終わり~

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<どの政党支持者が過激? | ホーム | ジュンク堂書店「SEALDsと組んで戦います!うちには戦うメンツが揃っています!」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/3086-ddcab981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)