大阪都構想の住民投票

あと3日なんだと・・・・・
3日後には、結果がわかるので密かに予想してみたり(笑)

ネットで検索してみても・・・・・
かなり不思議。

http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/159802/1
都構想「反対」自民府連会長に聞く 官邸と党本部が冷たい理由
2015年5月15日
 大阪都構想の住民投票まであと3日。下馬評は反対派優勢だが、気になるのは安倍官邸と橋下大阪市長との蜜月ぶりだ。自民党の大阪府連は共産や社民とも“共闘”し、反都構想で動いているが、菅官房長官は府連の戦いについて、「理解できない」と一蹴した。党を挙げて反対運動をするでもなく、官邸と自民党大阪府連の関係はねじれている。府連の竹本直一会長を直撃してみた。

――官邸は都構想に賛成なんですか、反対なんですか?

「わかりません。反対するなとも言ってきません」

――でも、安倍官邸は橋下市長を評価している。改憲の時に協力してもらう下心で、維新とケンカしたくないんじゃないですか?

「もし官邸がそう考えているのだとしたら、それは違うと思いますよ。都構想が住民投票の反対で実現しなくても、維新の国会議員の数が減るわけじゃないでしょう。協力してもらうことは可能です。むしろ、都構想が成立すると、橋下市長の態度が大きくなったり、条件を付けてくるかもしれない。改憲に協力して欲しいから都構想に反対しないというのはおかしいんですよ」

――党本部はどうですか? 誰も応援に来ていませんね。

「こちらが頼んでいないのです。頼むと官邸を気にしたりするといけないから」

――お金も出ていないんですよね。

「だから、国会議員が100万円、地方議員が50万円を出しています」

――なんで、党本部はそんなに冷たいんですか?

「都構想は自治体が決めることであって、政府・与党が決めることではないということでしょう」

◇ ◇ ◇

 かくて、大阪府連は孤立無援で橋下市長に挑んでいるわけだが、竹本会長が言う都構想反対の理由はそれなりに説得力はある。

「大阪の1人当たりGDPは7年前全国4位でしたが、今はおそらく14位くらいでしょう。都構想をやると200本以上の法律や政令、条例を通す必要があって、5~10年かかり、大混乱になる。そんな余裕があるんですか。東京と大阪では経済規模が4対1です。東京は首都で、企業の本社があるから豊かなんです。大阪は大企業がどんどん出ていってしまっている。リニア新幹線ができるのも名古屋は10年後だけど、大阪はそれから18年後ですよ。大阪がやるべきは都構想ではなく、大企業の本社を持ってくること。都構想をやれば、大阪が豊かになるわけではないのです」
 そういえば、昨年の滋賀県知事選の際、橋下市長は原発再稼働派の経産官僚の応援に入った。関係者によると、嘉田由紀子前知事が「原発推進候補をなぜ応援するのか」と問うと、橋下市長は「菅官房長官から応援を頼まれた。大阪都構想でお世話になっているから、恩を返さないといけない」と答えたという。

 孤立無援の自民党大阪府連は必死である。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<カウントダウンがはじまった | ホーム | 5月13日 夜の散歩>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/2815-29f83b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)