在日米軍基地

2009年3月現在
最新は・・・・・・・

沖縄の基地問題よりも、日本にある在日米軍基地をどうにかしないといけないと
思うのだが、大きく報道されない
「ゆすり・・・」発言を思い出す。
とりあえず、
日本国内にある基地は自衛隊の所有にして米軍に基地提供する方法が現実的だろう。
敵国条項が削除されないのも頷ける。

報道機関は、日本の軍国化とか簡単に報道するけれど
現状を見る限り無理があるだろう。
やはり、日本が集団的自衛権の運用でアメリカの尖兵となることに
脅威に感じる国々
があると言うことでしょうね。

アメリカにしてみても
日本のナショナリズムが台頭するのは避けたいのが本音。
現在も、アメリカの日本に対する戦後の占領政策が続いているので
日本が独自に軍事侵攻することは無理。
それと
在日富裕層を日本国内に作ったことが間違い(笑)

結局、アメリカの戦後処理の後始末が重要になる。
日本国内から、政治、経済に深く浸透した在日朝鮮人を排除することができるか
排除できないか

今後の日本の進路を決める墓標となるだろう。

英語の原文がないので
いまいち、信用できないのだけれども、アメリカのジレンマ
http://www.asahi.com/articles/ASGD76KC0GD7UHBI00Z.html
一部掲載

「三つ目は日本のナショナリズムです。日本がいわゆる『普通の国』になっていくにつれて、米軍の基地が減って日本の基地が増えていくはずです。日本列島のより多くの米軍基地が、日本の基地となり、米国と日本の部隊が一緒に配置されるかもしれません」

ここに資料があった(笑)
http://www.peace-forum.com/
一部掲載
在日米軍基地の数と面積(2009年3月現在)
            全体       本土       沖縄  
   数         134        100       34
面積(千㎡)  1,028,267   795,334  232,933
 年度       2009年    2005年    2002年
 金額        1,928億円  2,378億円  2,500億円
●日本政府の在日米軍への駐留経費負担
日本は上記以外にも駐留経費を負担している。米国政府の資料では、02年の駐留経費負担は直接支援32億2,843万ドル・間接支援4
4億1,134万ドルの合計44億1134万ドル(5514億1750万円)。これは米同盟国の中で最高、また全同盟国の負担合計の52.5%。
(2010年6月現在)
在外米軍兵士の人数は、ドイツの54,043人に次いで、日本が世界第2位。
日本が提供している基地の面積は、グリーンランド、ドイツに次いで世界第3位。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<2014年12月官邸前金曜行動 | ホーム | アメリカ国民の東ヨーロッパ政府潜入継続中>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/2603-e525819d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)