大阪都構想

意味不明なんだけど・・・・

2月の府・市両議会で議決することについて、
公明は「採決では賛成するが、協定書の内容を納得したわけではない」
と伝えたという。
公明党府議団の清水義人幹事長は協議後、
報道陣に「最後は住民に決めていただくという判断しかない」

公明党本部の指示や、支持母体の創価学会の意向を受け、方針転換

そういえば、
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N5A9HK6JIJUS01.html
一部掲載

松井知事は
あいりん地域で覚せい剤の撲滅などに取り組み、環境改善を進める。各国からより多くの観光客を大阪・関西に呼び込むとともに、大阪のIR(統合型リゾート)構想や、鉄道ネットワークの整備などの都市開発を進める上でも、最重要課題のひとつ」

府は、米ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテインメントやゲンティン・シンガポール、MGMリゾート・インターナショナルなどのカジノ運営企業と、計画立案を目的に協議を始めた。松井知事によると、建設コストは5000億円を超える可能性
とか

カジノですね~(笑)

http://mainichi.jp/select/news/20141228k0000m040120000c.html?inb=tw
大阪都構想:住民投票「5月に」…維新、統一選同時は断念
毎日新聞 2014年12月28日 02時31分

 大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)らは27日、公明党と大阪市内で協議し、大阪都構想の是非を問う住民投票の実施時期について、当初検討していた来年4月12日投開票の大阪府議選・市議選との同日実施を見送り、先に延ばす方針を伝えた。関係者によると、5月に実施したい意向で、17日を軸に検討しているという。

 協議は大阪市議会の会派控室で非公開で行われ、維新側は松井一郎幹事長(大阪府知事)らが同席、公明側は大阪府議団と市議団の幹部2人が出席した。松井幹事長は協議終了後、報道陣に住民投票を5月に実施したいとの意向を示したうえで、「大阪市民への丁寧な説明が必要だ」と話した。

 関係者によると、住民投票の実施時期は、「都構想の是非が単一争点になってしまう」として統一地方選と重ねないよう求めた公明に配慮したという。また、2月開会の府議会は3月17日、市議会は3月13日がそれぞれ閉会予定で、都構想の根拠となる協定書(設計図)議案の議決が会期後半になれば、周知期間が短くなるため、統一選との同時実施を避けることを決めた。

 27日の協議では、協定書議案について、維新は「大幅修正は困難」との認識を示した。2月の府・市両議会で議決することについて、公明は「採決では賛成するが、協定書の内容を納得したわけではない」と伝えたという。公明党府議団の清水義人幹事長は協議後、報道陣に「最後は住民に決めていただくという判断しかない」と話した。

 大阪市内有権者を対象とした住民投票は、協定書議案が府・市両議会で可決後、法定協議会への通知を経て60日以内に実施される。維新と公明を合わせれば両議会で過半数に達するため、可決は確実視される。

 公明は協定書議案について、府・市両議会で反対してきたが、維新との関係悪化を避けたい公明党本部の指示や、支持母体の創価学会の意向を受け、方針転換した。【熊谷豪、林由紀子、山下貴史】

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<裁判官が創価学会の会員 | ホーム | 天気が・・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/2581-6dbb37e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)