背景を考える時

何故、香港民主派が脱原発テントに?
日本に激励に来日した中国人とは・・・・・。
誰が日本に招待したのだろうか

背景が胡散臭く感じるのは私だけなのだろうか。
私が見た中国人は、自分の事でいっぱいで他国のことなど無関心(笑)

不思議に思うのだが、
香港民主派デモを香港で世界中の集まるメディアの前で
デモの応援演説をした日本人がいるのだろうか
どうなのでしょう。

http://tanakaryusaku.jp/2014/12/00010473
【経産省Occupy】 香港民主派が脱原発テントに「加油」
2014年12月19日 20:10

da4e5cb1cbd7ea631b47131b71b25bff.jpg
90歳の女性は毎週金曜日、経産省前に来る。「原発事故さえなければここを占拠することもなかった。原因は向こう(国)にある」。=19日、霞が関 写真:筆者= 

 BBCが随時ライブで伝え、世界のメディアを現地に引きつけた香港のオキュパイ。中国政府が押し付ける選挙制度に抗議して民主派が政府本部庁舎前などで79日間にわたって座り込みを続けた。

 香港に先立つこと1千日余り。日本の経済産業省前では、有志たちがテントを張って原発政策への抗議を続けている。

 国がテント側に立ち退きを求めた裁判で、東京地裁は3日、口頭弁論を打ち切った。結審である。判決は早ければ来年2月にも言い渡される。

 原告(国)が請求している仮執行も認められれば、テントは強制排除に遭うことも考えられる。

cb6b19af33cd6e9629efe79569cb9f2e.jpg
昨日、香港から到着した譚亮英さん(左)。「まだ数十人が政府本部庁舎前で占拠を続けてる」。=19日午後、経産省前 写真:筆者=

 “先輩たち”が危ない。香港の政府本部庁舎前で座り込みを続けた譚亮英さんが、きょう、経産省前に激励に駆けつけた。

 マイクを握った譚さんは原子力村の総本山に向かって声をあげた―

 「道路を不法占拠しているとして立ち退きを訴えたのは香港政府ではなかった。政府がミニバス業者に訴えさせたのだ。ところが実際、道路を不法占拠しているのはミニバスだ。警察は都合の悪い者だけを取り締まる。
 
 警察は棍棒で座り込みの民主派を追い払ったが、彼らは戻って来てまた占拠を続ける。「道路の占拠は迷惑だ」という声もあったが、警察官に追われて戻ってくるたびに、人々の支持は広がっていった。希望は人々にあり。加油(がんばれ)」。

 テント広場代表の渕上太郎さんはオキュパイの意義と難しさを次のように語る。「国に物申す抗議は香港でも日本でも公共の空間でやるしかない。民主主義でありながらそれが保証されていない」。

 経産省は原発推進の自民党が総選挙で大勝すると、間髪を入れずに太陽光エネルギーの買い取りを制限し価格を引き下げた。

 新規参入の発電業者や国民はだまし討ちにあったのだ。明らかに詐欺である。

 「テントは不法占拠である」として裁判に訴える資格が経産省にあるのだろうか?

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<菊田氏が公職選挙法違反容疑 | ホーム | 嵐・櫻井翔の選挙特番批判>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/2553-210966df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)