大きく報道する内容なのだけれど

 NHKやテレビ局報道各社では、大きく報道されていないような・・・選挙中だから?

有権者の権利が奪われた。
この事実は重い。

http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/newspage?item=/shisei/soshiki-syokai/soumu-bu/soumu/news/syfj6x
不在者投票における政党名称等掲示の送付誤りについて

第47回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査における不在者投票の請求者に対し、同封した比例代表選出議員選挙の政党等名称等掲示について、誤ったものを送付し、請求者の皆様並びに有権者の皆様に対し、多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

二度とこのような事態を起こさぬよう、万全の注意を図ってまいりますので、何卒、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

南アルプス市選挙管理委員会

お問い合わせ先
選挙管理委員会事務局
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-1111
FAX番号 055-282-1112
メールでのお問い合わせ
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/shisei/soshiki-syokai/soumu-bu/soumu/news/syfj6x/contact?code=12007

選挙管理委員会による「次世代の党」隠しに抗議する

選挙管理委員会による「次世代の党」隠しに抗議する

―投票所で名簿に「次世代の党」があるかどうか確認を

次世代の党本部事務局


山梨県南アルプス市選挙管理委員会は、県外在住者向けの不在者投票用紙を封書で郵送した際、「次世代の党」の名前が記されていない2年前の比例政党名簿(「衆議院名簿届出政党等名称等掲示」)を同封していたことが本日(12月12日)午前、判明しました。(写真参照)

2年前の政党名簿には「次世代の党」は記されておらず、不在者投票をした方は、「次世代の党」に投票する権利を奪われたことになります。

不在者投票を行った有権者が、南アルプス市選挙管理委員会に問い合わせたことから、ミスが発覚しました。選挙管理委員会は直ちに電話で誤送についてお詫びをしたが、投票のやり直しは認めないといいます。

その有権者は、次世代の党本部にも連絡を寄越し、「本当ならば、次世代の党に投票するつもりだったのに、比例名簿に次世代の党がなかったため、やむをえず他の政党名を書いてしまった。今日の午前中、南アルプス市選管、山梨県選管に電話にて問い合わせ、再投票の可能性を問いましたが、却下されました。制度上不可だそうです」と、話していました。

次世代の党本部も直ちに、南アルプス市選挙管理委員会に抗議をしたところ、事実関係を認め、本日午後4時、記者会見を行うことになりました。しかし、投票のやり直しは認められないとのことです。


そこで、全国の有権者の皆さんに訴えたい。

次世代の党は、すべてのブロックに候補者を出しており、比例は「次世代の党」を投票することができます。

よって不在者投票をする方々は、是非とも選管から送付された名簿に「次世代の党」が記されているかどうか、確認していただきたい。

投票所に行かれる方々も、掲示されている比例名簿に「次世代の党」が掲載されているかどうか、必ず確認していただきたい。

arupusu2.png

皆さん、選挙管理委員会の「ミス」から、有権者の権利を守りましょう。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<維新の党・橋下徹共同代表 | ホーム | 報道が疑われる理由>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/2536-95b58e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)