民主党の不思議な選挙戦

選挙演説の詳しい日程がわからないと思っていたら、事情があったのでした。
実際に演説会場に行っている集団「ネットウヨ」表現は間違いだろう。
東スポの記事ですが、なんとなく納得(笑)

 永田町関係者は「2012年の衆院選でもそうでしたが、
民主党幹部の演説はひどい状態になっています。
演説内容ではありません。

演説会場に韓国の国旗を持った集団や、
『民主党が地上から無くなりますように』と書いたプラカードを持った人が集まっている。
ネガティブキャンペーンにさらされているのです」
と明かす。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/shugiin/340109/
【選挙】民主党ネトウヨの襲撃にビクビク
2014年12月02日 11時00分

e01d77229b05efcc6f33f65ae7bff443-300x233.jpg
笑顔でハイタッチする安倍首相に有権者の手が伸びる

 自民党の安倍晋三首相(60)が30日、神奈川県内5か所の遊説を行い、“ハイタッチ作戦”で余裕を見せた。

 テレビ番組の党首討論を終えた安倍首相は同日午前、東急電鉄たまプラーザ駅前で1回目の演説を行った。

「アベノミクスで企業の生産性を高め、収益を上げることで雇用が改善され、賃金が上がる。賃金が上がれば、たまプラーザでみなさんが買い物をする。そんな好循環が生まれている」

 20分ほど話した安倍首相は街宣車から降りると、有権者に近寄り握手…と思いきや、ハイタッチを始めた。次の会場である小田急線本厚木駅前でも同様にハイタッチ。演説会の司会者は「安倍首相と握手をしてぬくもりを感じてください」とマイクを通じてアピールしたが、安倍首相は流れるようにハイタッチをして車へ。その後の演説会場でも同じだった。

 普通は握手をするものだがどうしたのか。自民党関係者は「ハイタッチの方が同じ時間でより多くの人と触れ合えるということだと思います」と解説。通常、ハイタッチは良いことがあったときにするので、すでに選挙に勝利したかのようだ。

 そんな余裕シャクシャクの安倍自民党の一方で、民主党は不思議な選挙戦をしていた。解散直後はホームページで幹部の遊説日程を公開していたが、数日前から公開をやめていた。30日夜になってようやく12月2、3日の遊説日程を出したが、少しでも多くの有権者に訴えたいはずなのに、どうして隠していたのか。

 永田町関係者は「2012年の衆院選でもそうでしたが、民主党幹部の演説はひどい状態になっています。演説内容ではありません。演説会場に韓国の国旗を持った集団や、『民主党が地上から無くなりますように』と書いたプラカードを持った人が集まっている。ネガティブキャンペーンにさらされているのです」と明かす。

 韓国国旗を持った集団が民主党を応援していれば、一般の人は「どうして?」と民主党に疑念を持つ。それが目的の嫌がらせだ。早い話がネット右翼“ネトウヨ”が民主党の演説に押し寄せてしまっているわけだ。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 時事砲弾
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<沖縄をはじめ、北海道、岩手などを重点区 | ホーム | 政治家の演説>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tdollsss.blog7.fc2.com/tb.php/2515-1f096f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)