票のための野合

票のための野合
民進からの合流希望者を選別する姿勢を強める希望側に対し、
民進党内に反発が広がっている。
民進党の前原誠司代表は
党本部で連合の神津里季生会長と対応を協議


希望は当初30日に予定していた第1次公認の発表を2日以降に先送り

メモ
票のための野合に・・・・・・
どういう結果になるのか
興味津々

歴史は繰り返すのか

メモ

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6255811
<衆院選>「票のための野合」 自民、希望への批判強める

 衆院選(10月10日公示、22日投開票)へ向け、自民党は30日午前、党本部で全国幹事長会議を開いた。安倍晋三首相(党総裁)は「厳しい、厳しい選挙戦になるが、まなじりを決して、戦い抜いていく決意だ」と結束を呼びかけた。一方、希望の党と民進党は候補者調整を続けたが、民進からの合流希望者を選別する姿勢を強める希望側に対し、民進党内に反発が広がっている。民進党の前原誠司代表は党本部で連合の神津里季生会長と対応を協議した。(毎日新聞)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00050042-yom-pol
民進「全員を」、希望「政策で」…候補調整難航
9/30(土) 11:50配信

 「10月10日公示・22日投開票」の日程で行われる衆院選に向け、希望の党の小池代表(東京都知事)側近の若狭勝前衆院議員と、希望への合流を決めた民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行は30日午前、国会内で候補者調整の詰めの協議を行った。

 民進が立候補予定者全員の公認を求めているのに対し、希望は政策や政治理念を踏まえて公認の可否を判断する方針で、調整は難航している。

 若狭、玄葉両氏は、民進が提出した約230人全員の立候補予定者を記載した「入党希望者リスト」を基に協議した。希望は、憲法改正や消費増税凍結などへの賛同を求め、入党希望者にはこれらの条件を明記した「協定書」への署名を求める。

 ただ、これまでの調整で結論は出ず、希望は当初30日に予定していた第1次公認の発表を2日以降に先送りする。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(0)